海底
15/02/18
冬の海に飛び込み男女2名が行方不明、そんなニュースを見て思い出した話。

私は子どもの頃、夏になると母方の実家のある島に行き、海で毎日素潜りして過ごしていた。

ある日、いつものように潜っていると海底を歩く人たちがいた。スキューバ客ではないので驚いてあわてて陸に戻り、

「ダイビングのひとじゃないのに海の中歩いてるひとがいた!」

と母親に報告した。

「ああ、それ、体育大学の合宿のおにいさんおねえさんだよ。」

母親はそう言いながら少し離れたところの団体を示し、

「そろそろ日が暮れるから帰ろうね。」

と、パラソルをたたみ始めた。

翌日、浜に行くとなんだかざわついていた。昨日、合宿中の海の事故で体育大の学生たちが亡くなったと聞いた。

「えー、海で歩いてたおにいさんたち…あのあと?!」

と驚き、海は怖いなあ、気をつけよう!と子供心に思った。という話。で、思い出してその違和感に、今初めて気がついて震えてるんだけど。

海中を歩いてた人たちがねー、白い着物着てたんだけど、ええとさ、おかしいよね…?白い着物着て、さらに沖に向かって海底を歩いてたんだよ。

「水着じゃないやー。」て思ったけど、母親に「合宿の練習だって。」て言われて、「へー。」って納得してたけど、おかしいよ!今怖いよー!

あの頃の私は雑で、母親はもっと雑だった。

あの頃海で一番恐れていたのはウツボで、ほかはサメでも怖くなかった。うかつだった、どうかしてた。

30年遅れて届いた恐怖に震えがとまりません。