鳥居
13/08/07
もうだいぶ前の話だけど、鎌倉を色々回ってみたくて一泊二日で散策に行ったんだ。

最日、歩き回って疲れたのか、夜になって神経痛のように足が痛くなって、ほとんど眠れなかった。

次の日少し早めに出て、目的地に向かったんだけど、昨夜の足の痛みがぶり返して、目的地に付いた頃には歩けなくなってしまった。

鎮痛剤を飲めば治るのだけど、まだ薬局も開いていない時間だし、どこにあるかもわからない。仕方なく着いた神社のベンチで座っているしかなかった。けど一向に痛みが引かない。

で、ダメもとと無理を承知で神社の神様にお願いしてみた。

「足が痛くてたまりません。どうか足の痛みを取って下さい。お礼に杉の苗を寄進(きしん)いたします。」

杉の苗の寄進とは、その神社が杉に囲まれた中にあって、杉の苗の寄進をお願いしている張り紙を見たから。

お願いして30分くらい座ってて、そろそろ行かないと、と思って立ち上がったら痛みが消えてたよ。普段絶対薬じゃなきゃ取れない痛みなのに。

その後もぶり返すことなく、快適に鎌倉を回れたよ。で神様のお約束の寄進は、その時カネがなくて果たせなかったんだ。

そのまま帰ってきて、その後数年たってしまった。気がかりだったけど。

そしたらある時、菅原道真(すがわらのみちざね)のような姿をした人が夢に出てきて、笑いながら「約束は守らなきゃいかんぞ」と怒られた。

あ、あの約束だ!とピンと来て、速攻鎌倉に行って、杉の苗の寄進は中止していたからお金をご寄進してきたよ。

神様怒らせると怖いから、何事もなくてよかった。


924:本当にあった怖い名無し:2013/08/08(木)01:53:16.58ID:QpdWjsjy0
天神さんだったんでしょうか。優しい神様みたいで良かったですね。