パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

3.11

友達

13/07/11
俺、2年前の震災で友だち亡くしてんのよ。

で、震災の少し前に、その友だちと町で遊んでいたときに、不意にソイツが俺のことをケータイのカメラで撮ったのな。「おもしれー顔w」とか言って。

そして、あの日。お昼過ぎにソイツからメールの着信があった。忙しかったんで、中身見るのは後でと思ってたら、でかい揺れ。

その後の混乱はみんなも知ってのとおり。

俺の住んでいた町は壊滅的な被害を受け、ソイツは行方不明。たぶん、波に飲まれた。遺体は見つかってない。
続きを読む

電話

11/06/21
俺のは別に怖くないかもしれないから申し訳ないんだけど、こないだの震災の時の話。

あのとき東京もかなり揺れてさ、本当はいけないとは分かりつつも、どうしてもカーチャンの安否が気にかかったので何回も電話かけてたんだ。

んで、10回目くらいに運良く繋がったんだが、電話の向こうでは

「繋がらない…繋がらない…苦しい…」

って明らかにカーチャンじゃない女の人の声が聞こえた。電話の相手がカーチャンじゃなくてもさすがに心配だったから

「大丈夫ですかー?」

って聞いたらプツって切れてそれっきり。
続きを読む

悲しい
11/07/28
たった今体験した話。

私は宮城県多賀城(たがじょう)市在住。

早めの夏休みで、今仙台駅から新幹線で岩手の実家に帰省するところです。

駅のホームをグリーン車が停車する場所から自由席が停車する場所に歩いてました。

遠目で見て、自由席が止まる場所にたくさん人が並んでて、今日は席に座れないわって思いながらてくてく歩いてました。
続きを読む

混乱
11/05/04
3月10日の夜10時過ぎ、携帯が鳴った。未登録の相手からの電話だったが、とりあえず出た。

「もしもし」と話しかけると、相手は嗚咽をもらして言葉が出ないようだった。息をつく声が明らかに女性だったので、もう一度話しかけると

「みんな死んじゃうが」

みたいな地方訛りの声がいきなり聞こえた。すぐに
続きを読む

自然
12/06/10
息子の事なんだが、ちょっと不思議だったので投下します。

2010年12月。仕事の関係で都内から埼玉県へ引っ越した頃のお話です。

ちょっと時期をさかのぼって、息子の紹介をしておきます。

引っ越し当時三歳だった息子にはちょっと変わった所がありまして、二歳頃のある程度言葉が話せるようになったころから、神様が見えるとか、お空でみんなで遊んでいたら引っ張られてママの中に入ったとか、不思議な事を言っていた。

そんなだったからか、誰もいないところや、買い物途中に突然手を合わせたりしていた。
続きを読む

瓦礫
13/01/19
内容的に不謹慎かと思ったので悩みましたが…

昔、働いていた工場には検査室という6畳ほどの小さな部屋があり、そこに入室する時は白衣に着替えなければいけなかった。白衣は廊下にあるロッカーに2、3着掛けてあった。

新入社員の時、検査室で一人作業をしているAさんに用事があり、白衣に着替えて中に入った。Aさんへの用事が終わり

「では、失礼します。」

と頭を下げて帰ろうとした時Aさんが
続きを読む

猫
14/06/11
実家の猫。

猫なのに走っても人間に追い付かれて捕まるくらいトロかった。15年くらい生きたけど子供の頃からそうだった。

でもあまり人に近寄らなかったな。
いつも母親と寝てた。

実家には常時3匹くらい猫がいたけど、最後にはその猫だけになってた。みんな病気で亡くなったり、弱ってどこかに行ったりした。
続きを読む

自我
14/02/06
大震災の後に、会えなかったけど半年くらい俺が俺と暮らしてた時があるよ。

どう考えてもいまだに納得できないし、理解できないけど、もう一人俺がいるって気持ち悪かったわ。


417:本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木)11:08:11.00ID:PlqywI4Ei
dykt?


418:本当にあった怖い名無し:2014/02/06(木)11:18:56.51ID:56wzbksJ0
>>417
震災の後、仕事関係の対応で一週間ぶりに家に帰ったら風呂が沸いてて、俺っぽい声で"お帰り"って言われた。

そのあと、もう一人俺がいるとしか思えないことが色々起こった。
続きを読む

カマドウマ
11/09/24
5月頃、福島から関東に避難してきた。

それまでの地元は避難制定地域よりも、わずか数キロ離れているってだけ。数キロ先は「もと人里」で誰もいない、でも自分達の場所は衣食住していいよ、の地域。

目に見えない恐ろしいものと戦い続けるくらいなら、と転居を決意。

転居にともない、子どもは4月末まで保育所に預けていたんだけど、その保育所の登所最終日に起こったことを今から書こうと思う。

その最後の日も、変わらず朝からあずけにいった。
続きを読む

夢

東日本大震災の被災地で"時空の揺らぎ"現象が起きていた

昨年9月に、アメリカの超常現象誌『アトランティス・ライジング』2011年9・10月号に掲載された英文の取材レポートがある。

そこには日本の女流物理学者―今井理佐教授(仮名)が、震災直後の被災地で、自ら実地調査した自らの物理理論を裏付ける、という異常な超常現象が報告されている。

東京在住の物理学者・今井理佐教授は、東日本大震災の際に、多数の日本人が時空連続体の基本構造に発生した"時間の遅れの波紋"を体験したと主張する。

今井教授が被災地で現場調査を行ったところによると、「3.11」震災直後、宮城県仙台近郊の海岸地帯の被災地で、「時間を超えた」、あるいは時空の揺らぎを体験した、―という被災者が実は多く存在しているというのだ。その一つの事例はこうである。
続きを読む