パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

鳥肌が立つ

tree-3382808_960_720

579: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 01/12/09 03:37
不可解です。一昨日の話しです。

最近、新しい靴を買ったので、今まで履いていた靴は
あまり履かなくなっていました。
その靴はかかと部分を潰して履けるタイプなのでサンダル代わりには
していたんですが。(一応革靴です)

続きを読む

penfan_K1_4694_TP_V4

389 :本当にあった怖い名無し:2005/09/04(日) 05:16:42 ID:wP4n2gLcO
これは自分の体験じゃないが、親父の若い頃の実体験。

親父は大学の頃山岳班に入っており、頻繁に山登りをしていた。
その日もある後輩と二人で、今度登る予定の山のルートの下見に山登りをしていた。
その山は休火山で、火口の部分は森になっている。
二人がその森へ差し掛かろうとした時、急に天候が悪くなり、すぐ近くで雷まで鳴り出した。
二人はこのままでは危ないと思い、雷が止むまで森で休むか、一気に山を下るか迷ったが、
このままでは天候は悪くなる一方だと考え、山を下ることにした。

続きを読む

KAI427035_TP_V

362 :本当にあった怖い名無し:2005/09/03(土) 21:02:47 ID:SPvIsa7a0
電話関係の仕事をしています。
数ヶ月前のある日、都内某所のワンルームマンション。
そこはオートロック式のマンションで、三階建ての建物でした。築大体3年目位との事でした(ビル管理会社のお話)。
で、そのマンションのある所に、作業に行った時の話です。

続きを読む

SATOIMGL0423_TP_V

210 :おかきさん:2005/08/31(水) 13:12:19 ID:/v4LkmRqO
何だか頭のなかがこんがらがってますが、書き込ませて下さい。

8月に入ってから、恋人と連絡がとれなくなったんです。
最初は、ただ単に振られたのかなと思ってました。
でもあの人がいなくなってから、変なことばかり起こります。

私は霊感とか全く無いし、鈍感です。

続きを読む

bobbyoinPA3101050332_TP_V

555: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 17:25:01.78 ID:vtUciuQk0
バイトしてた大学生時分の頃なので約10年程前、今頃の季節の話です。
バイト終わりの夜分に携帯を見ると、見知らぬ番号からの着信が有りました。
080でも090でもない番号なので今にして思えば怪しさ全開ですが、人間関係が
加速度的に増えていた時期だったので、最近知り合った誰かだろうと
軽い気持ちで折り返しの発信をしました。数コール後に通話が繋がると、
しわがれた抑揚のない老婆の声で
「いつお帰りになりますか?準備はできております。」
と。

続きを読む

1

535: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 02:20:56.21 ID:XOgYZ5/C0
流れ読まなくて申し訳ないが相談?質問?があるんだけど、昔VIPでスレ立てたけど解決出来なかったからここで聞いてみる。
三年前の夏の話なんだけど当時付き合ってた彼女がいました。
8月31日に淡路島でレゲエのフェスがあったのね。
彼女と母親の3人で行く予定でした。
家が香川だったので朝早くに出るために前日は早く寝ようとしたわけです。
結局寝れず2時か3時頃に寝たわけです。
そして次の日普通に起きれてフェスは楽しめました。

続きを読む

ZU329_1230DSC05202_TP_V

791 :本当にあった怖い名無し:2005/12/11(日) 00:47:58 ID:Eq4jtQ/e0
んじゃ、一つ俺の体験談をば。

秋口の頃だったか、俺の勤めてる会社の社長の菩提寺が、建物の一部を修復するとかで、
俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行かされたことがあった。
……本来は休日である土曜日に、だw
ご本尊の裏にある位牌やらなんやらを、丁寧に梱包して箱詰めしていたまでは良かったんだが、
なんか妙に気になる物があるのね。

続きを読む

KINU16032452IMG_7004_TP_V

444: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/11/07(月) 11:38:35.38 ID:OM859MoS0
昔出張中のホテルで起きた話です。
書き込みは初めてなので不手際があったらすいません。


その日私は東京から東海地方のとある県へ出張に行っていました。急きょ次の日予定していた方向と全くの別方向へ行かなくてはいけなくなり
次の日の予定に行きやすいY市でホテルを探す事にしました。
スマホをポチポチしながら宿泊サイトを見ていると急だったためか一件だけ出張予算に合う部屋が見つかりました。
当時勤めていた会社は安ホテルに泊まっても宿泊費が一定額必ず出るので薄給の私は安いホテルに泊まって差額を嫁に内緒のお小遣いにしていたのです。

続きを読む

skull-2525192_960_720

254: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/25(木) 02:22:48.96 ID:c1agdhlH0
 よくある事故物件みたいな話だし、死ぬほどかって言われると、疑問はある。
 でも、地域制なんかも考えると、もしかしたらみんなは怖いかもしれない。

 その場所は、元は田舎の漁村だった。
 山間の漁が盛んな町で、若い人でも北枕はだめだとか、夜に口笛を吹かないとか、神棚や仏壇や床の間には背を向けなくて、
満潮で赤ちゃんが生まれ干潮で人生を終えるって本気で信じてて、正座も当たり前に身についてて、子供もお寺の幼稚園に通うのが当たり前みたいな場所だということを、あらかじめわかってほしい。
ようするに地元愛の強い若者も多い、古き良き田舎ってやつ。

続きを読む

RED2020906B022_TP_V

573: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/07/10(日) 00:11:21.88 ID:GpYdA32Y0
今から5.6年前の話
夏休みなどを使って毎年遊びに訪れていた祖父家は宮崎県の山中にありました
主に目的は川遊びで、モリ突きや釣りなどをして楽しんでいました

夏といえど1時間程川に入っていると体が冷えてくるので、川べりの岩の上で小休憩を挟みつつモリ突きで遊んでいた時のことです
あまり人も来ないような場所だったのですが、気付けば200m程上流に二人の子供(遠目でしたが多分小学生くらい)がいました
村の小学校は廃校になっているような所だったので、この村にもあんな小さい子がいるんだなぁと思いつつ眺めていました
程なくして彼らは川を上って行きましたが、私がモリ突きをしていた場所はその川でもかなり上流の方で、来る時も車で山を登ってきたほどでした

続きを読む
×