パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

鳥肌が立つ

渓流釣り

966: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/03/25 16:01
北東北のある町に住んでいます。
今までロムオンリーでしたがはじめてカキコしまつ。
(微妙にスレ違いかもしれませんが一応山での怪異ということで。)

渓流釣りが好きでシーズンになると毎週のように釣りに出かけます
元々周りが山深いので車で30分も走ると町を流れる川の源流部に到着します。
家等は無く荒れた山道があるだけでその周囲を釣り場にしていました
続きを読む

マンション

996: 本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 00:43:06.77 ID:O7RUasXcO
埋め代わりにも1つ
以前住んでたマンションは山に立っていて一階より下に駐車場が2フロアあった。
で、山の斜面の下の方(地下3階扱い)からエレベーターで一階に移動出来るようになっていた。
そのエレベーターは駐車場には止まらず一階まで直通なのだが何故か駐車場にも扉はあった。
続きを読む

ろうそく

786 :本当にあった怖い名無し:2009/10/23(金) 11:54:32 ID:8TS9SIzjO
携帯から失礼。
ずっと昔の話。

小学1年の時に祖母が亡くなり、仏壇のある部屋でお坊さんがお経を唱えてた。
すると、お経に合わせて祖母の遺影の口が動いてる…。
その場では遺影がお経を唱えてるなぁ~なんてぼんやりと考えていて、その後の昼食の時にイトコのお兄さんにその事を話した。
続きを読む

島、釣り

70: 本当にあった怖い名無し 2007/09/12(水) 13:22:56 ID:pN4GeN3fO
うちの父の話。

父は釣り好きでよく会社の同僚と釣りに行くんだが,その日も同僚と二人で夜釣りに出かけた。
港までは車で行き,そこから船で釣り場に向かった。
その釣り場というのはそこそこの広さの岩でできた小島のようなもので
そこそこと言ってもまあ島全体を見渡せるようなところ。
その釣り場に船が着き,まず父と同僚が降りその後に中年男性の三人組が降りて船は出た。
続きを読む

コールセンター

152: 本当にあった怖い名無し 2018/05/18(金) 22:57:18.88 ID:ahD6mpII0
文章下手ですけど許してください

通販のコールセンターでバイトしてるんですが、先週いたずらかどうかよく分からない入電がありました

電話口のお客さんが荒っぽい無声音?で多分商品名を言ってるんですけど、全然聞き取れないんです
続きを読む

暗い部屋

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/03 14:25
え~、不可解な出来事ということでお話を1つ。 

7年前、結構世話になっていた祖父の兄(当時89歳)が亡くなった。死因は老衰。特に病気もしていなかったらしく、「安らかな眠りについた」という感じだったらしい。 
亡くなった次の日、早速葬儀がとりおこなわれた。葬儀には私を含め、ほとんどの親戚一同が参列した(って言うか親戚だけだった)。 
続きを読む

狂気

42:本当にあった怖い名無し:2009/08/11(火) 18:10:41 ID:AV41P8YN0
一年くらい前に誰かがテレビでしゃべってた話 

ある女の子が夢を見ていた 
夢の中で女の子は家の階段を登ってる 
すると誰かに足を掴まれた 
続きを読む

気味が悪い

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/20 23:31
私も電話の話。つい昨日のことです。 
職場の人(介護関係)が、担当している一人暮らしのおばあちゃんが入院したときいて、 
確認のためおばあちゃん宅に電話をかけました。受話器があがったので、ご本人だと思って 
「あ、○○さんですかー?△△の××ですー。」 
しかし帰ってきたのは「トン、トン」と受話器を叩くような音。 
続きを読む

ろうそく

469:本当にあった怖い名無し:2009/05/29(金) 04:27:10 ID:KfyfgiiTO
私の母は霊感が強く、また私自身も幼い頃猫に取り付かれたことがあるみたいで、、
霊の存在はなんとなくですが信じています 

昔の話しなんですが書かせてください、、 
おばあちゃんが老衰でそろそろ亡くなると言うときに
おばあちゃんちに親戚一同集まっていました 
おばあちゃんはアパート数件を持っていたのでその土地をどうするかという話しになりました 
続きを読む

家の中

951: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/06/08 19:52
3~4歳ぐらいの頃の話。 
当時、私の家族は一階平屋の借家にすんでいた。 
私はそこで毎晩嫌な夢を見ていた。 
真っ暗で、家の中をふわふわ漂う夢だ。 
その家の家具一つひとつがくリアルで、今でも鮮明に思い出せる。 
続きを読む