パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

鳥居

naganohara_DSC4333_TP_V

695 :本当にあった怖い名無し:2018/03/16(金) 23:43:33.93 ID:Gw3alJq50.net
短いが、俺の体験した不思議な話。

新しく入った職場から、駐車場まで歩いて10分くらいかかる。
近道を探しながら歩いていると、大きくてきれいな狐の像があった。
そのすぐ側には赤い鳥居が。そこは稲荷神社だった。
きれいな狐の狛犬が気になったが、その日は時間が無くてお参りせずに帰った。
続きを読む

Yamasha181026074_TP_V

95: 本当にあった怖い名無し 2006/10/07(土) 17:14:28 ID:KPn4pdEP0
子どもの頃に、商店街のお店の横に細い道があって赤い鳥居の小さい神社が
あった。
でも、誰もそんな神社は無いと言う。
でも凄い鮮明な記憶で何度も行ってるんだよなぁ・・と腑に落ちなかった。
続きを読む

450px-Oshima_from_above

65 :本当にあった怖い名無し:2005/10/25(火) 10:49:14 ID:EBdSl/WP0
F県のある島での話だ。

その島は観光地にもなっている有名な島で、徒歩30分くらいで一週
できる小さな無人島だ島の入口に鳥居があるから島全体が神社なの
かな?その島については詳しく知らないが、その島は左周りが決ま
りなのだが逆に回ると良くない事が起こると言われていた、まあ島
から出れなくなるやら、幽霊に取り憑かれるなどそうゆう系だ。

俺も大学のとき一回肝試しに行ってみた 島と本島は200メートル
ぐらいの一本の橋でつながっていて管理人とかはいないので夜中で
も入れた。
続きを読む

Yamasha181026081_TP_V

68: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/19(火) 14:09:32.05 ID:UJNum0ep0
もう時効だと思うんで書く。
十年以上前の3月、俺は高校を卒業したばかりだった。
取ったばかりの免許に浮かれて、兄貴の車であちこちを走り回っていた。

ある時、俺は2人の後輩を連れて深夜にドライブしていた。
グンマーに住んでたから峠道には事欠かない。
長野との境を走る峠を、当時はまっていた頭文字Dの真似をして攻めていた。
続きを読む

naganoharaDJI_0088_TP_V

918: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/07/15(水) 00:57:27 ID:F+r2fvAT0
幽霊よく見る友達の高校時代の話。

近所に小さな神社があったんだけどある日そこで首吊り死体が発見されたの。
めちゃくちゃ暗くて街灯もない道路沿いにその神社に登る石段があって、下から見上げると丁度鳥居が見えるのね。
その鳥居の隣の木で首吊ってたらしいんだけど、それ以来そこは心霊スポットに。
続きを読む

NIS19725014_TP_V4

237: 1/3@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 16:11:34.94 ID:IjeIMin60
話全然それて申し訳ないけど、適切なスレが思いつかなかったから、よくお世話になってるここに投下させてもらいます。

自分は定期的に2ちゃんの洒落怖話とか読んで楽しんでるんだけど、
それでよく心霊スポットに肝試しで行ったり、大人が絶対に近づくなって言ってるところにみんなで言って、呪われたり精神崩壊したりって話あるじゃん?

そういう話を読むたびに、「馬鹿め…そんなところに行くからそんなことになる。危ないものに自分から近づくなんて何考えてんだ」って思ってた。
続きを読む

street-4942809_1920

399 :本当にあった怖い名無し:04/10/29 23:41:43 ID:E3Lz5mO2
7年位前のこと。オレは仕事で京都に出張していた。

泊まっていたのは、七条の三十三間堂の裏にあるホテル。

ある金曜日、三条あたりで後輩と仕事して、祇園神社のすぐ脇の料理屋で晩飯を食った。
今日中に新幹線で帰るという後輩と別れ、オレは酔い覚ましに七条まで歩いて帰ることにした。

八坂の塔を過ぎ、ひたすら南に向かって歩く。
あまり人の通らない、細い道だった。
続きを読む

SnapCrab_NoName_2020-4-8_2-3-25_No-00

149: << コピペ2話目 1/3 >> 04/01/23 15:23
友人と2人で車でスキー旅行に行った帰り、
真夜中3時過ぎ、東北の某村を近道して
通り抜けようと車を走らせていました。
土地勘が無い上に街灯の無い真っ暗な道で2人共かなり不安でした。
両脇の畑は残雪で真っ白でした。

不意に脇から松明を持った老人が何か叫びながら
私たちの車に向かってくるのが見えました。
老人の表情が尋常で無いのが怖かったのですが、
何を言ってるのか聴く事にして車を止めて窓を開けました。
方言で聞き取りにくかったのですが、
怒った口調で先に行くなと言ってるようでした。
続きを読む

extermsteine-507958_960_720

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/27 16:47
爺婆スレからコピペです。既出だったらすんません。
このスレ向きの話だなぁと思いまして。

356 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/09/05 20:52
最後は私自身の。
自分の家は山のてっぺんなんだけど、そこから隣の山の頂上に大岩がたくさん
置いてある(実際は誰が置いたわけでもないのだろうが、この表現が一番しっくりくる)
のが見えるんだわ。で、近所の爺さんに「あの岩は何?」って聞いたら、
岩の中に老人が二人住んでる、みたいな物語を聞いたんだけど、詳しくは覚えてない
で、どーしても会いに行ってみたくなって、行ったんだわ。
てっぺん目指して山道をひたすら登る。でもどうしてもたどり着けない。
続きを読む

4M3A7416_TP_V

101: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/01/29(日) 02:18:17.96 ID:ZqUgJHpfO
幻覚だろ?って言われたらそれまでだけど、妙なものを見たことがある。
高校生のとき、通学中のバスの中からぼんやり外を見てたら、商店街の中にある稲荷神社の前の歩道に、歪んだ形のだるま?のようなものがいた。
形はそら豆に一番近いかも。ハート型というか。
でもだるまみたいに、顔の部分が丸く白くなっていて、それ以外の部分が、錦って言うのかな…綺麗な着物みたいな柄だった。
沢山の色が使ってあって、きらきら光ってた。
顔は、普通のだるまとは違って、平安時代の絵にあるみたいな、薄くて太い眉に、瞑っているみたいな細い目、おちょぼ口。
続きを読む
×