パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

鳥居

神社

2: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/17(土) 17:25:50.75 ID:+u4a7V3v0
これは今から3-4年ぐらい前。
場所は都内某所の神社。
俺は健康と腹の贅肉を少なくするため、週末自転車で1,2時間ほど走る。
自宅から30-40分ほど自転車で走ったところにその神社がある。
社殿が北向きの神社である。鳥居から社殿までの参道の長さは大体40-50m。小さい神社ではない。
続きを読む

公園

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/09(金) 06:49:47.97 ID:Z/50PxvoO
小学生のころ、よく遊んだ男の友達がいた
いつもだいたい10時くらいに公園で遊んでた
で、砂場とかブランコとかやった
はっきり覚えてるんだ
でも本名は聞いた覚えないゆうくんてやつだった
今思えば遊んでたら学校のやつが不思議そうな顔でこっち見てた
続きを読む

神社

520:↓名無しさん@おーぷん:16/01/04(月)11:54:02 ID:deE
元旦に初詣行ったんだけど長蛇の列だったからお守りだけ買って帰ろうかーって鳥居の横を過ぎて販売店に直行。
そしたら鳥居の横過ぎた所で何かが頭に当たった。
前に虫にひっつかれた事があったから虫かなんかだと思って慌てたんだけど虫いない。
葉っぱかと思ったけど葉っぱついてないし落ちて無い。
続きを読む

神社

27: 本当にあった怖い名無し 2019/05/01(水) 00:57:33.88 ID:H3Yz/q0N0
令和にもなったことだし、俺の体験した話を書こうかな。
地味に長くなるから、覚悟し読んでくれ



31: 本当にあった怖い名無し 2019/05/01(水) 02:22:03.43 ID:H3Yz/q0N0
 高校生の頃、俺は某チェーン店な牛丼屋でアルバイトしていたんだよ。
 前やっていたスーパーに比べたら全然よかったし、9時には退勤させてくれたから正直満足していた。

 家からの距離はそこそこあったものの、通っていた高校からは近かったので平日とかは学校から真っすぐに向かっていたんだ。
続きを読む

鳥居

155 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 06:23:54 ID:tabw4ZGN0
俺が一番怖かったのは、自身も含めての体験談。

高校生の時って結構肝試しってやったよね?皆一度はやった事があると思うんだ。
でも、一度目には何も無くて、二度目、三度目って続けるんだよね。
その後何度目かに何か嫌な体験があってやめる人、
何も無いじゃん?って飽きる人って居ると思うんだけど、
俺の体験では1回目が最初で最後になった。
続きを読む

神社

552: 本当にあった怖い名無し:2009/09/03(木) 08:07:53 ID:7LdScaHY0
恐ろしい体験だったので書き込ませてもらう。 


夏休みに友人らと肝試しに行ってきた。 
社会人3年目の男3人という、ある意味で痛々しいメンバーだったが、 
後にも先にも「これ以上はない」と断言できるくらいに恐ろしい場所だった。 

そこは、どこにでもありそうな小さな神社。いや、祠といったほうが正しいかもしれない。 
続きを読む

神社

844: 本当にあった怖い名無し:2009/08/24(月) 05:41:24 ID:rAcLSPFTO
小学生低学年の頃、学校終わると神社で遊んでた。 
その神社は林に囲まれてて鳥居くぐった先の、
かなり長い階段登った場所にあるからいつ行っても人はいなかった。 

静かな場所で、苔のついた石碑や、くたびれた木の社があって、
時間が切り取られたみたいなおおらかな雰囲気が大好きだった。 
社に座ってボーっとしてると、さわさわ葉の擦れる音が響いて凄く落ち着いたんだよね。
続きを読む

神社

19/07/23
職場の上司から聞い話。

地元には、「出る」ことで有名な稲荷神社がある。
一応、日本五大稲荷の1つらしく、由緒ある神社だ。結構デカい。
すぐ近くには川が流れ、森の中に作られた特徴的な佇まいなので、分かる人には分かるかも。
続きを読む

山、雪道

82本当にあった怖い名無し2018/11/04(日) 10:37:01.59ID:9fkrErKG0
遅くなってすまん。 
>>68-72の話に対してリクエストがあったからもう一つ投下する。 

これから書く話で地名等は細かく書けないが、東北ではそこそこ有名な山だから伏せ字の◯に何が入るか知っている人なら調べたら普通に分かる道だ。 
但し今回の話は地元民しか通らない“その道に続く山道”の話で、俺らはその時“その道”にすら辿り着けていない。
続きを読む