パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

猫

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/04/03 15:36
我が家で飼っていた飼い猫の「クマ」(←名前ね)が死んで2週間程のことだったしょうか? 
自分が幼い頃から猫をかかしたことの無い家でしたから、その頃には 
もう余所の家から猫をもらってきていて、ようやくなつき始めた・・・ 
そんな時のことです。 
続きを読む

木

285: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 02/05/13 14:53
自分がまだ、8才の頃ちょうどこの時期でした。朝方、ふと、目を覚ますと身体が宙にういていて自分の下にはもう一人の自分が寝ていた。
その頃は幽体離脱という事など、知りもせず、夢を見ているのだと思った。 

宙に浮いている自分の身体は寝ている自分と同じ格好をしていた。 
子供心に不思議さよりも楽しく感じた自分は外に出ようと思った。 
家の中から外に出る時、鍵をいつも通りあけ、普段とかわらなかった。 
続きを読む

夜光虫

827: 本当にあった怖い名無し 2010/05/20(木) 22:14:37 ID:7TcE6wX90
今から10年近く前、ある船の三等航海士として勤務してました。 

で、たしか沖縄向け航海をしてるとき。 
夜中の2時ごろ、いつものように船の位置を海図に記入して前に戻って外を見てました。 
ふと海面に目をやると、波間に夜光虫の群れがが。 
続きを読む

戦争

621: 本当にあった怖い名無し 2010/12/15(水) 01:06:47 ID:iDxG5mHH0
ちょっと長いうえに稚拙な文章ですけど、投下させてもらいます。 
先日、曾祖父の七回忌があった時に、祖父から聞いた話です。 
もしかしたら、よくある戦時中の話かもしれません。 

第二次世界大戦が終戦する1年ほど前の話です。 
代々うちの家は神主の家系で、免許みたいなのが出来るずっと前から神主を営んでたそうです。
続きを読む

暗い

790: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2016/03/21(月) 14:34:31.50 ID:SB/kAiML
最近聞いた、私にとって衝撃的な話。ちょっとオカルト注意。 
スレチだったらすみません。 

去年、かなり可愛がってくれた父の妹(叔母)が闘病生活の末亡くなった。 
私は叔母の子ども達(いとこたち)より叔母に似ていたが、父や父方の親戚たちには 
「叔母の双子の姉によく似てる」と言われてた。
続きを読む

うさぎのぬいぐるみ

838: 本当にあった怖い名無し 2010/09/13(月) 15:07:48 ID:gia0PFYM0
しゃれこわサイトとか読んでたら記憶が蘇った! 
俺んもオカ板に書けそうな体験が一つだけあったよ。 

俺が小学生か中学生くらいの頃にカーチャンが 
「知り合いがくれたwww」っていううさぎのぬいぐるみがあるんだけど、 
(別にアンティークでもなんでもなくて、普通に新品。どうみても安物) 
俺はそれが滅茶苦茶気に入って、ことあるごとに愛でていた。 
一目惚れと言っても過言じゃない。つぶらな瞳が可愛杉。 
続きを読む

電話

713: 本当にあった怖い名無し 2010/07/28(水) 04:41:36 ID:6/iZFPsj0
9年間愛用した携帯をついに変えることした。 
ナンバーポータブルで別会社の携帯にしたんだが 
契約が終わり、使えるようになった新しい携帯を手渡されたときに 
ふと愛用してきた携帯を見たら電源が落ちてた。 
接触不良かと思い電源を長押しするも反応せず。 
家に帰り充電しながら電源を入れるとON状態になった。 
続きを読む

鳥

82: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 01:07:54 ID:SzWF55WG0
ずいぶん前だけど、半身を作ってもらった事がある。 
作ってくれって言ったんじゃなくて、作ってくれた。 
俺の魂半分と他の奴の魂半分ずつ。生まれた、って言うのかな。 

俺昔っからそういうの全然見えないんで、わからなかったんだけど 
半身が生まれた直後に、そいつとまったく関係の無い友人に会ったら 
「それ何」って怒り顔で肩の上を指さすのよ 
何?って聞いても「その鳥」って言うから何だろうと考えて 
「ああ」と思い出して「いるんだなぁ」と実感した。 
続きを読む

部屋

09/02/02
かれこれ20年ぐらい前になるかな。俺と親父が夜、二階でテレビを見ていたんだ。丁度9時ぐらいかな。 
で、ドーンっていう直下型地震みたいな揺れが来た。グラグラじゃなくてドーンって。震度で言うと4ぐらい。 
んで、結構デカかったんで、絶対ニュースでやるなって親父とNHK観てたの。 
でもやらない。10分経っても、20分経ってもやらない。(緊急字幕が出ない) 

そうこうしてる間にオカンが裏のじいちゃんが死んだって知らせに2階に上がってきた来た。 
続きを読む

自分自身

自分のじゃなくて叔父の体験談だけど…

当時独身で一人暮らしだった叔父さんがある晩、寝室で寝ていると胸を締め付けられるような苦しさで目を覚ました。

叔父さんは何となく違和感を覚えて室内を見渡したそうだ。すると、叔父さんの寝室の扉には擦りガラスの小さな窓みたいのが付いてるんだが、そこにうっすらと人影のようなものが写っていた。

泥棒だ、とっさに叔父さんはそう思った。

叔父さんは仕事中はずっとタバコ吸ってるかコーヒー飲んでるかの生活で、体重は100キロ近くという不健康ボディだったが、柔道だったか空手だったかの有段者。

包丁やナイフを持ったぐらいの素人の泥棒ならボコボコにする自信はあったらしい。「誰じゃいゴラァァア!!」と叫びながら寝室の扉を開けた叔父さんだがそこには泥棒なんかいなかった。
続きを読む