パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

霊感

neru1172011641_TP_V

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/20 14:00
ばんばんカキコしちまいますが・・・
友達宅はいつも押し入れのふすまが10センチくらい開いてるので
「なんでいっつもココあいてるの?」って聞くと
「なんか閉まりにくいし、閉めたつもりが開いちゃうんだー」とのこと。

続きを読む

3d1f5306-s

22 :本当にあった怖い名無し[sage] :2005/06/15(水) 21:03:38 ID:q5abzTC50
初カキコ。皆さん宜しく
小学5年生の話。2月初旬に母が亡くり、1週間くらいしたある夜。風呂に入ってたら変なモノが湯船の中に。
見てみるとそれは、眼球だった。こっちをキロッと睨んだんで、悲鳴を挙げて風呂から逃げた。
26年前の話だが、今でもあの立体物は忘れられん。
ホンマ怖くてしばらく親父と風呂に入ってたもんな。


続きを読む

fbaku629P9223838-9633_TP_V

751 :本当にあった怖い名無し[sage] :2005/05/31(火) 20:17:46 ID:Wy95d2ww0
学生のころ、凄く不思議な人と恋人だった。
目が大きくて、いつも目薬差してる。で、視力がやたらいい。恐ろしくいい。最後尾から先生の黒板の走り書きを簡単に読破できるぐらい。
さらに凄まじく絵が上手。美術教師になったぐらい。で、不思議な話に事欠かない。
ある日、一緒に歩いてると、「あ。」と呟いて立ち止まったと思うと、月を見上げて、じーっと止まった。
あんまり動かないので、「どうしたの?」と聞くと、「うん。月で蝶々が孵った。綺麗だったから見てた。」
…正直、意味が判らなかったけど、そのときは無理矢理理解しておいた。最初はただの電波か言い訳と思った。

続きを読む

knife-1088529_640

763 :本当にあった怖い名無し[sage] :2005/10/15(土) 23:13:46 ID:diRPqT2A0
不可解、と言っていいかどうか分からないんだけど…。
面白いかどうかわかんないけど俺の体験。
物心ついたころから十八歳くらいまで、大体月、2、3回くらいで
全身にものすごい痛みが襲ってくることがあった。
その痛み、なんつうんだろうな。全身が内側からぐさぐさに
ナイフで刺されまくるような感じ。家族でピクニックん時とか
勉強のときとか、時を選ばずに痛み出す。

続きを読む

07AMEMAN8752_TP_V

607 :1/3[sage] :2005/10/09(日) 01:59:46 ID:rl3yKNJw0
丁度良いスレがあった・・・子供のころ、幼稚園の時に体験した事。
誰かに打ち明けたかった。なるべく手短に済ませまつ(`・ω・´)。
俺(今32才♂)が幼稚園のころ、埼玉県の吉川って所に住んでた。
今はどうだか知らないけれど、当時は田んぼの真ん中に団地がちょっと
固まってるぐらいで、夜なんて街灯もほとんど無く、真っ暗だった。

続きを読む

animal-2027932_640

50 :本当にあった怖い名無し :2005/10/24(月) 22:44:00 ID:jTNsPLK/0
 知り合いは俗に言う『見る』人で、幽霊話はたくさんありますがそれ以外にも
 説明つかない体験をしてます。付き合い長いんでウソついてる風じゃないのは
 よく分かりますし、話聞いた後、高確率でヘンな現象起こるんですよ。
 (彼の話では、私は自分と波長が合うからだとか言ってましたが)
 彼が小学生の時、よく神社で友達と遊んでいたらしいです。

 ある日境内の方から「シャー!!」と猫が威嚇する時の声がしたので
 友達と見にいってみると、そこには猫ではなく、真っ黒な蛇と真っ白な蛇が
 絡まりあいながら喧嘩している姿があったそうです。

続きを読む

kusaiyoIMGL7430_TP_V

445 :本当にあった怖い名無し[sage] :2006/02/25(土) 22:50:46 ID:pbUp/B080
普段と立場が逆の、毛色の変わった話を一つ。高校1年の夏休みが終わった頃だったか、ある友人が俺にこう言った。
「お前さ、目はどこについているんだ?」
「はぁ、何言ってるんだ?眼鏡の奥にあるだろうが?」
この友人とは中学3年からの付き合いだった。
出席番号の関係で、年初は俺の前の席になってしまう不幸な奴だった。
俺は当たり前の事として、いつも後から攻撃を加えていたので…。(苦笑)

続きを読む

PAK424232_TP_V

813 :本当にあった怖い名無し[sage] :2006/07/04(火) 01:48:29 ID:4f1M5XyA0
私はまったく覚えていないんだが、時々おつげじみた事をするらしい。
最初は学生の頃、提出するレポートが完成まぢかって時にワープロがクラッシュ
残り三日ほどでもう一度書き上げなくてはならないハメに陥った時だ。
三日間ろくに睡眠もとらず、どうにか書き上げて提出にこぎつける事ができたが
すでに限界を突破していた私は家に帰るなりリビングでスイッチが切れたごとく
眠りについてしまった。しばらくして目が覚めたとき、なぜか家族がまるで
異様なものを見るような目で私を見ていることに気がついた。


続きを読む

1be452f3-s

263 :本当にあった怖い名無し[sage] :2007/09/03(月) 01:22:17 ID:/tbe1hSR0
>>245
自体験だけど、私も3歳になるくらい迄は「見えるモノ」に
妖怪じみた連中が混じってましたよ。
夜道に駐車してある軽自動車と思しき物体が、近づいてみると
実は巨大な生首だったり
夜空に浮かぶ満月に見られているような気がして、フト見上げると
日本髪を結った、お歯黒のっぺらぼうだったりw
ある時には、廃線後に舗装された道路上を骸骨満載の電車が
走って行く場面にも遭遇しました。
(その道路が昔、鉄道だったという事実を知ったのは小学生になってから)

今じゃ幽霊に属するモノばかりしか見えなくて、なんだか詰まらないなぁと
思う38歳、夏の夜(*´∀`)

続きを読む

33908580

245 :本当にあった怖い名無し[sage] :2007/09/02(日) 21:35:00 ID:P+u5kaFn0
 最近エニグマスレのことを知り、皆さんの体験談を楽しく、時々おびえつつ拝読しております。
 私も参加させてください。
 7歳の長男の話です。
 いわゆる「視える子」らしいのですが、彼から聞き出す話のことごとくが一般的な霊感体験談からズレてて興味深いんです。
 長い髪の女や不思議な子どもなんかは一切見えないくせに、
「空中浮遊する目玉の親父まがいのもの」やら「鬼火を引き連れて行進する骸骨」やら「後ろ手に縛られてうなだれる鬼」やらは思い出したように見てくれます。
 お前は鬼太郎か。

続きを読む
×