地獄
12/02/02
ありふれた怪談話のようですが実話です。

父は憑依体質というか、毎晩のようにうなされる人だった。

対して母はまじない師の家系だったからか、そういうのを跳ね除ける人。父がうなされても、母が胸あたりをペシッとすれば収まっていた。

大雨が続いた秋だったと思う。

ある夜から父が尋常じゃないうなされ方をするようになった。金縛りにあい、家中に響くような大きな声でうなる。
続きを読む