パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

雰囲気

廃墟

385: おさかなくわえた名無しさん 2011/12/20(火) 06:20:59.95 ID:/FJPfBh7
近所の住宅街に隠れ家的なレストランを見つけた。 
北欧風の一軒家のような雰囲気でいつか行こうと目をつけていた。 
とある日のランチの時間帯に、そのレストランへ行ってみることに。 
入り口の扉から店内を見ることができず、営業中なのか準備中なのかわからない。 
とりあえず店の人に聞こうと、扉を引いた。 
カギはかかっておらず、扉は開いた。営業しているのか? 
続きを読む

LSD

670:要塞 1:2007/08/23(木) 23:44:22 ID:9imPtsHKO
俺の通ってた中学校まで行く途中に、やたら高い壁(?)に囲まれた家があった。 
友人とその家の前を通るたび、へんな家だよな、と話していた。 
なにしろ門以外、すべてが高い石の壁に囲まれており、
しかも、それより高い木々がはみ出していて、 
まるで森みたいになっていたんだから。 

でも表札はあるし、(すごい難しい漢字で、読めなかった) 
確実に誰かの家という事は分かってた。 
でも、住んでるのがどんな人か、というのは、 
中学三年まで知る術がなかった。 
続きを読む

学校

765:歪みの向こう側1/2:2007/02/15(木) 19:07:41 ID:dBCP33uV0
中学生のときだったかな。 
休みの日に、友達に公衆電話から呼び出されて、 
部活なんかもやってない俺が、しぶしぶ学校に行った。 
そいつは野球部のやつで、何で公衆電話からなんだろう、 
と少し変に思いながら。 

部活が終わったのがその時間なのか、呼び出されたのは夕方で、 
陽もすでに落ちかけてて、学校内も人がまばらになっていた。 
さすがに職員室には教師が数人いたと思うけど、 
友達が来てくれと指定した場所は3階の教室の前だった。 
続きを読む

夜道

54: 本当にあった怖い名無し 2014/01/02(木) 09:31:01.43 ID:ZUOeKjw40.net
10年くらい前の話。 
深夜1時過ぎ頃だったか、寝ていたら「カーーーン」っていう金属音で目が覚めた。 
何だろう?と思っていると、また「カーーーン」。 
30秒おきくらいに外から音がする。金属の棒を叩いているような感じの音。 
不思議に思って起き上って窓から外を見た。 
寝室は道路に面した2階にあるのだが、しばらく外を見ていても音の出所は分からず。 
うちは静かな住宅地の中にあって、夜遅いし車も人もまったくいない。 
…と思ったら、道路を挟んで3軒向こうの家の前の道路に立っている人影を発見。 
男性が、街灯の黄色っぽい灯りの下でうつむき加減で立っている。 
続きを読む

暗い

02/01/23
これは今から13年前に起きた出来事です。

今でもあれが何だったのか分かりません。早く忘れられれば良いと願っています。

当時私は上京してきたばかりで、右も左も分からない状態でした。

祖父からもらったぼろぼろでいつの時代かわからない東京マップを手に、見知らぬ都会をさまよいました。

上京の理由は職探しでした。地方で職にあぶれていた私は、遠い親戚を頼って来たのでした。

「職は知らんが、住む場所なら安く提供してやろう」
続きを読む

清水寺

08/09/02
中学の修学旅行で京都に行ったんだが、班行動で清水寺に行ったら変なのを見た。

舞台の下のあたりに妙な人混みがあって、見に行ったら大勢の中年が屋台に並んでた。

屋台には赤いのれんが出てて、【あめたばこ】って書いてあった。

屋台ではババアひとりが品物を売ってる。商品は手のひらサイズのビニル袋に入ってるように見えた。中身はよく見えなかったが。

一袋の値段は、千円か五千円か一万円。客はみんな札を出してたし、釣りは出てない。

全員が無言&無表情でビニル袋をやりとりしてるのが気持ち悪くて、すぐに引き返した。

俺らの後に清水に行った班は、屋台も人だかりも見ていないと言ってた。
続きを読む

田舎

11/05/07
小学生の頃、田舎に住んでいたいた時の話。

その村には鎌爺という、有名な爺さんがいた。

その爺さんは身内の人が面倒を見ているらしいが痴呆症らしく、いつも同じ道端に座っていてボーとしている人だった。

そしていつも手にはなぜか草刈り用の鎌を持っていた。そのせいでみんなから鎌爺と呼ばれていた。

僕は近くにある百貨店や友人の家に行くときにこの鎌爺の前を通るのがものすごく怖かった。なにせボケてるし、その手にはいつも草刈り鎌、いつ襲ってきてもおかしくない。

ある日僕が、友達の家の近くで遊んでいた時のこと、激しく車のクラクションを鳴らす音が聞こえてきた。
続きを読む

アパート

17/06/13
子供の頃、友達の家に遊びに行くとき、いつもその子の家の近くにあったボロアパートがなんとなく怖かったんだよね。

今にも崩れそうな出立ちで、昼間なのに窓から見えるどの部屋も真っ暗でさ。

本当に小さい頃だからあんまり考えてなかったけど、今思うとどの部屋もカーテンとかなかったし、誰も住んでないとこだったんだと思う。

でさ、そのアパートの一番不気味に感じた所はアパートのどっかの部屋の窓に

「〇〇ちゃんお誕生日おめでとう」

って書いてある張り紙(画用紙にカラフルなペンででかでかと書いてあった)があったことなんだよね。
続きを読む

鐘
04/04/23
古い寺の跡がある山に登った時の話。

山道歩いてて、道端に仔猫のきれいな死骸を見つけたんだけど、夕暮れに下山するときにはもう内臓とかグチャグチャになってた。

鳥や獣に食い荒らされたんだなぁと思い、手を合わせたとたんに山上の寺の鐘がいきなりガンガンガンガンガンと、ありえない速さで連打されて鳴り響いた。

僕は無性に恐ろしくなって逃げるように下山した。
続きを読む

電話
10/08/11
お邪魔します。

小学2年になって引っ越すまで住んでいた家について、いろいろと不思議な体験がある。

片田舎というほどでもなく、そこそこひらけた新興住宅地の片隅にある賃貸の平家だった。

一年中じめじめとした、いつも陰影をまとったような情景が思い浮かぶ。
続きを読む