パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

過去

エニグマ

967 :本当にあった怖い名無し:2012/04/24(火) 03:28:07.63 ID:5NtgWRQOO
私は一度だけ、運命を変えた事があります。

それは中学生の時でした。当時私は古いアパートに住んでいて、両親は共働きで、
二人とも朝がとても早く、まず父が明け方に出かけ、それから少しして母も続き、
学校に行く私が一番遅い外出をする、という感じでした。
なので母からは常に、火の元だけはきちんとしておくようにと言い聞かされていました。
続きを読む

竹やぶ

88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/08/14(金) 18:28:28.05 ID:8cfZ0JQVO [1/3回(携帯)]
携帯から失礼、読みにくかったらすまんね
俺も似たような話しだけど実話を

俺の地元は、妙に竹やぶが多いところだったんだ。
だから、子供が竹やぶで怪我をしないように、
近寄るなって脅かす話しを爺姥ズからよく聞かされてたのよ。
続きを読む

ドラえもん

107:ぶるぶる: 02/08/20 02:01
私が小学校三年生位の時の話です。
そのころ、とても仲よしだった、きよみちゃんという女の子が、クラスにいました。

彼女と私は、毎日のように学校が終わると、
お互いの家を行き来しては、ふたりで遊んでいました。

その日は、彼女の家の台所のキッチンテーブルで、
ふたりでドラえもんを読んでいました。
その内容は、ドラえもんが、のび太に切抜き絵本のようなものを出してあげます。
続きを読む

時空の歪み

568: 本当にあった怖い名無し 2018/07/16(月) 16:46:47.64 ID:hU9BJlbP0
ちょっと変な話するね。
小学校の頃、身体が小さかった僕はランドセルが大きすぎて身体に合わないから、1年からずっとリュックで登校してたんだ。

新幹線のキャラが書いてある青いリュック。そこにディズニーで買ってもらった、革に自分の名前を入れられるキーホルダーを付けてたのね。
続きを読む

パラレルワールド

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/14(月) 02:59:58.75 ID:2Ub31QcFO
2年前、家帰ってきて玄関入った瞬間に意識失って目覚めたら3日前に戻ってた時
テレビから晩飯、携帯の日付まで3日前だったから間違いない
3日過ぎてからもう一回意識失うとかはなく今に至る



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/14(月) 03:01:06.14 ID:lineZyqq0
>>18
なんかすごいな
続きを読む

ヒットマン

736: おさかなくわえた名無しさん 2011/05/24(火) 16:31:25.18 ID:+kZMemj9
いつ会ってもニコニコしてて話題豊富で穏やかで優しいお父さん的雰囲気の 
職人のYさんが、元懲役囚だった事 
殺人の罪で合計15年刑務所暮らししてたって知ったときは驚きだった。
続きを読む

田舎、カカシ

626: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/23(水) 18:28:53.16 ID:+0pgg7dc0.net
実家の近所に大金持ちのお宅があって 
男性が一人で住んでいた 
私が実家にいた18歳の時、まだ40代だったけど 
見た目が70代くらいに見えてた 
働いておらず、一日中女性の人形を作っていた 
等身大で目がガラスか何かで綺麗で、体中の関節が動くやつ 
続きを読む

時空の歪み

128 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/07/03(火) 14:18:50.95 ID:n59eWvwz0
中学生の頃、登校時にすれ違う人々がやけに古臭い格好ばかりしていた。
ヒッピー?60年代みたいな?フォークソングが流行った頃のような感じ。
長髪にラッパズボン、ロンドンブーツ・・・
続きを読む

ワープ

291: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/03/07(日) 07:31:57 ID:1ZgBBnd+0
誘導されて来ました。 


高2の1学期の期末試験期間。 

試験期間中は早く下校できるので、昼過ぎには帰宅して睡眠をとり、 
18時頃に起きて夕飯を食べたら、そこから朝まで一夜漬け 
というのが当時の俺のいつものパターン。 
続きを読む

夕日

277:1/4:2011/04/24(日)15:24:38.06ID:FgM3Rog+0
ちょっと長いけど同じような経験した人がもしかしたらいるかもしれないから書き込んでみる。

不思議な体験を2回経験した。1回目は小5の時で、2回目はその12年後ぐらい…つい昨日。

俺は小5の時まで、年末年始と夏休みの時期になると遠くはなれた母方の祖父母の家に4~5日間、家族で泊まりに行っていたんだ。

祖父母の家は俺の家族が住んでいた場所よりも都会だった。

かんせいな住宅街、といった言葉がよく似合う場所で両親と田舎に住んでる俺にとっては憧れの場所だった。
続きを読む