パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

近所

窓
15/06/13
これは同期のTがマイホームを購入した時の話。

ノンスタイルの石田そっくりの同期Tが次男の誕生を期にマイホームを購入した。

はっきり言って当時はちょっと嫉妬というのか、同期として取り残された感があって複雑な気分だったんだけど、同じ課の連中とお祝いを持ってTのマイホームにお邪魔した。

ディープパープル好きのTにVHS時代に録画したレインボーのライブビデオをお祝いと一緒に渡したら凄く喜んでくれて、俺も当初の嫉妬めいた感情も忘れ素直に祝福の気持ちで談話していた。
続きを読む

ぬいぐるみ
10/10/03
子供もできて、アパートも手狭になったので、中古の一軒家を買った。

それが、築3年で庭付き駅近、信じられないような格安物件だったんだ。

友人には「事故物件じゃね?」なんて言われたけど、ご近所さんも気さくで優しいし、今時めずらしいおすそ分けなんかも頂けるので俺は気に入っている。

妻は、「時々、おこげ入りの失敗作もあるのよ」なんて笑っているが。
続きを読む

廃墟
16/12/29
こんにちは。先月俺が体験した実話です。

ウチの近所には昔から誰も住んでいない家がある。

何かいわくがあるとか、特に怖い見た目の家じゃなかったから、お化け屋敷などと近所の子供たちから噂されることもなかった。

普通によくあるタイプの昭和の日本の家って感じ。ただ、なんとなく暗い雰囲気はある。

その日の朝、友達の家に遊びにいく途中その家の前を通っていると、目の端に何か映った気がしたんでその家の方をなんとなく見たんだ。
続きを読む

裏路地
16/07/11
30年くらい前の話。

うちの向かいに、腰の曲がった婆ちゃんとボケた爺ちゃんとその息子の3人が暮らしていた。

爺ちゃんは滅多に見かけなかったんだけど、婆ちゃんはよく庭のそうじしていたり、すぐ近くの公園に勝手に花植えて世話してたりして、毎日の様にあいさつしてた。当時俺は5才くらい。

ある日、母親から「お婆ちゃんが入院した」と聞いた。実際その後数日、お婆ちゃんを見かけなくなって、寂しいよなあと友達と話をしているところで夏休み突入。
続きを読む

老人
16/07/16
俺も一つ話す。俺的にはかなり怖かった話。

一年くらい前だが、いつも風呂入ると窓から向かいの家の庭が見えるんだけど、いつもその家のおじいちゃんが庭で水やりとか盆栽の手入れをしている。

そのおじいちゃんとはたまに話す程度の近所付き合いだった。

その日も窓からおじいちゃんが見えたが様子がおかしい。棒立ちだし目に生気がない。具合でも悪いのかな?と思い、あまり気にしてはいなかったが、次の日からおじいちゃんを見なくなった。
続きを読む

傘をさす二人

11/06/02
十年くらい前の話。

当時はいつも夜遅くまで遊んでいて、その日も自宅に帰りついたのは夜中の2時前くらいだった。

ちょっとジュースでも飲もうと、自宅前の自販機に小銭を入れて何を買おうかと迷っていたら、ふと人の気配を感じたんだ。

すると10㍍くらい先の街灯の下に、親子のような2人組がいることに気がついた。

髪の長い母親と思わしき女性が傘を差し、カッパを着た幼稚園児くらいの子供の手を握って、ずっと街灯前の家の方を向きながらたたずんでいた。
続きを読む

巨人

09/07/20
うちの近所に、とてもでかい2m近くある知的障害者の男がいたんです。そいつは、いつも近所を走り回ってました。

走るときは決まって、「ヴぉわああああ~」と言いながら拍手をしながら走ります。

3~5mくらい走ると立ち止まり、しばらく周りをキョロキョロ見て、別方向に向かってまた同じように走るシステム。目的は不明。

そいつは本当に邪魔!とにかく、人間の存在そのものが見えてないのか、周りには目もくれず走り回るのです。

小道からも突然飛び出して来るので、それを知っている近所の車を運転する人たちは(うちの親もそうでしたが)、車2台がゆうに通れる大きい道路なのに、そいつが出没する道だけは徐行しながら走っていました。

車の速度で、近所の人かよそ者かわかるくらいでした。
続きを読む

家

414: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/15(日) 12:38
 自分的にはむちゃくちゃ怖かった体験なんですけど、他人にはどうだか分からないので、こちらに書かせてもらいたいと思います。

 長文ですが、ご容赦ください。



415: 414→1/7 2001/07/15(日) 12:39
中学生の頃、家が火事にあいました。全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりません。
新居を見つけるまでの間、私達は斜め前のお家に間借りすることになりました。
続きを読む

すりガラス

243: 2006/09/21(木) 15:24:53
携帯から長文スマソ。
私達夫婦は賃貸に住んでいるが、隣人のオバサン(60代?)が距離梨。
昨日の夕方のことですが、やたらと我が家のインターホンが鳴る。
普段は新聞や宗教の勧誘がほとんどでアポの無い訪問にはいつも居留守を使っている。
が、昨日はあまりのしつこさ故出でみようと思い、キッチンを経由して玄関へ向かおうとした所…
キッチンのすりガラスの小窓に隣人のオバサンの顔が浮かんでいた。
続きを読む

事故

633 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:03/08/08 14:11
小学校の時、友達と自転車で出掛ける途中前を走っていた自転車の
おじいちゃんが突然道路脇から飛び出してきた車に轢かれた。
私達はびっくりして止まったものの、怖くなって横を素通りした。

帰り際、また同じ場所を通ったがテールランプの破片が散乱していた
だけで、血痕とかがなかったのでなんだか安心して、友達と
「マジですごかったね~」とか言いながら帰っていた。
続きを読む
×