廃墟

94:
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/07/12(日)05:47:06.00ID:ysdzEfzCO.net[1/3]
死んだジイさんが法事で酔っ払った時に聞いた話。

ジイさんは若い頃、鹿児島で漁師をしていた。ベテラン漁師の船に乗せてもらって働いていて、毎日のように漁に出ていた。

その辺りの海は無人島が点在していて、その中に、昔々海賊が財宝を隠したという伝説が残る島があったらしい。

今では考えにくいが、半世紀前くらいはそういうのを真に受ける人が結構いて、雑誌が取り上げるやブームになり、一時は宝探しの連中でその島がにぎわったりもしたんだとか。

それも数年経つと沈静化し、殆どの人は去っていった。ところが一人だけ帰らずに島に住み着いてしまった男がいた。
続きを読む