パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

警察

六本木

18/01/13
20年以上前、大学2年生の冬。

六本木の喫茶店で変なセールスを受けた帰り、疲労こんぱいでバスを待ってたら、若い女が走ってきて時刻表を見るなり

「間に合わないじゃない!」

と叫び、タクシーに手を挙げながら車道に飛び出ていった。

そしたら走ってきた単車が接触し、転倒して女性を下敷きにしたまま数十m先へ流れていった。
続きを読む

竹やぶ

979:18/04/13
父親が高校生だった頃、親のウイスキーの小瓶を盗んで友達と合流しようと歩いてたら警官に呼び止められ、パニクって走り出してしまった。

かなり俊足だったのでみるみる警官を引き離し、よしよし巻いた巻いたといい気になってたら交番に行き着いてしまい、即そこへ警官がやって来て捕まってしまった。

なぜ逃げた?の質問に出た言葉が

「死体見つけたので交番に」

だった。
続きを読む

カラス

12/05/29
うちは結構な田舎で、敷地面積は軽く1000坪はある(資産価値はないので安心して)

そして家のすぐ後ろは山。雑木林っていうか雑木森になってる。

私の部屋は2階の裏手に面している。ここまで前提。

去年、部屋の近くの木にカラスが巣を作ってすごくうるさいので父親に撤去してもらった。

父親はなかなかやってくれなかったが、1ヶ月くらいしたらようやく重い腰をあげた。しかしその頃にはすでにカラスが巣立ったらしく巣はもぬけの殻だった。

だけど、巣をそのままにしとくと来年またうるさくなるかもしれないということで巣をとることにした。
続きを読む

絶望
09/07/20
昔付き合ってた恋人がホテルに詳しい人だった。

ある日

「〇〇行ってみようよ。あそこのホテル壁が薄いから隣の声が丸聞こえで凄いらしいよ」

って誘われて、ちょっと気になってしまったのでそのホテルへ行く事になった。

部屋につくなり壁に耳を当てる二人。噂通り、繊細な物音まで聞こえちゃうくらい音が筒抜けだった。

もう時間的に0時過ぎだったし寝る事にした。彼氏はベッドに入って早々爆睡し始めたが、私は寝付けずに黙って目をつむってた。

だけど全然眠たくならずにボーっとしてたら、静かだった隣の部屋からジャンプした時のドシン!って足音が聞こえ始めた。
続きを読む

樹海
07/07/03
数年前、通学に使っていたスクーターを盗まれて、お巡りを召喚した。

被害届の提出のためにパトカーで警察署まで行ったんだけど、その車内での話。

お巡りA「今日って〇〇は非番なの?」

お巡りB「いや今日は死体担ぎに行きました」

A「あいつ1年目だろ?きっついな~。」
続きを読む

火事
07/03/30
それは私が小学一年生の時ですから、昭和44年の出来事になります。

私の家はその年の12月、武蔵野の三鷹市から神奈川の某地に引っ越しました。

その数日前です、私は一人の人間を殺しているのかもしれない。

かも、というのは、それが夢だか現実なのかがよくわからない、何しろ三十年以上も昔のことですから。
続きを読む

アパート
12/01/07
俺の家は地方の大きな大学の近くにあって、近所にアパートが多い。家の右横と斜め前がアパートだ。

2年ほど前の話なんだけど、俺が夕方5時頃、高校の帰り道にその家の斜め前のアパートの前を通りかかったときに、2階の一番俺の家に近い部屋の窓とカーテンが開き、電気がついていているのに気づいた。

そこは空き部屋だと思っていたんだが。よく見るとベランダごしに中の様子がわかる。といっても部屋の上部なんだけど、なんだか首をつってる人がいるように見える。
続きを読む

包丁
10/05/05
誤字、脱字、駄文なので、申し訳ない。以下は自分が小っさい頃の話。

夏休み中に親が何か用事で遠出していて家にいない真夜中。弟と妹と自分の三人で留守番をしていた。

~数十分前~

母親「まだ、峠なんだー。家は大丈夫?」

自分「大丈夫だよー」

母親「ごめんねー。帰りに、冷たい物か何か買って帰るからさー」

自分「気をつけてねー」
続きを読む

事故
10/07/01
半年ほど前に体験した話なんだけど。

細い道を車で走ってたんだわ。十字路を過ぎようとした時、「バン!」て音と衝撃が。

あわててバック&サイドミラーを見てみたんだが、特に何もない。

一応停車して、何かが当たったと思われる場所を見たら、ドアに思いっきり傷が。しかも無数に。
続きを読む

タクシー
11/09/03
怖い話とはちょっと違うけど、霊感(?)を持つきっかけになった話。

18の頃に金がないなか、築50年のボロいアパートに住んでた。駅まで自転車で20分近くかかって、いつも川沿いの道で駅まで向かってた。

飲食店でバイトしてたから、帰りはいつも遅くて23時くらい。その日も暗いなか川沿いの道を帰ってた。

家まであと数十メートルって所で道のそばにタクシーが止まってた。よくある光景なんだけど、車内灯は点いてるけど誰も乗ってない。
続きを読む