パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

読み物

山道
11/06/12
2年前、北陸のある山中。

深夜彼女とドライブ中、山道で道に迷った。ナビはうまく位置を拾ってくれないし、どうにもならず困っていると、パッと明かりが見えた。

ラーメン屋だった。

こんな山奥に?しかももう真夜中だぞ?

なにか違和感を感じたが、彼女が道を聞いてみれば、というので駐車場に車をとめた。やたらでかい駐車場だが、車は一台も停まってない。
続きを読む

田舎の家
07/11/30
祖父母が健在だったころ、私の田舎には大きな持ち家がありました。

母屋と離れの二棟から成るその家、特に物置として放置されていた離れは当時、小学生の私にとってかっこうの遊び場所となっていました。

田舎に帰省した時には、隣の子と一緒に離れで「かくれんぼ」をするそのたびに祖母にたしなめられたものですが、その意味を深く考えることはありませんでした。
続きを読む

ゾンビ
13/05/21
夢の中で道を歩いてたら後から馬車がやってきた。

歩くのも疲れたから乗せてもらおうと思ったら、荷台はすでに人でいっぱいだった。荷台の人がみんなで俺を見た。

みんな灰色の顔をしててゾンビみたいで無表情だったんだけど、一人だけその灰色のゾンビ顔で満面の笑みで俺に言ってくれた。

「もう一人くらい乗れますよ」

俺は断った。
そこで目が覚めた。
続きを読む

小屋
08/05/10
俺が友達の家に行った時に聞いた話。

飲みに出ようと誘う俺を、なかば無理矢理ひき止めて聞かされた。

その友達はマンションの5階に住んでいたのだが、ベランダから隣接する警察署の敷地を見下ろすことができた。

裏側の職員駐車場みたいなとこで、すみに小さなコンクリの小屋があった。イナバ物置を一回り大きくしたくらいの小さな小屋で、友達の部屋からほぼ正面の位置に観音開きのドアがある。
続きを読む

オフィス
07/09/28
うちの会社には、開かずの間がある。嘘みたいなほんとの話で、確かにある。

会社は3階建て。その3階の端に資材倉庫があり、その倉庫の奥に、扉が設置されている。

新人の頃、資材を取りに倉庫に行った際にドアの存在に気付き、当時の先輩に聞いてみたが、「気にすんな。」の一言で片付けられた。

会社の外から見てわかったが、そのドアの先には部屋があるようで、窓も付いている。
続きを読む

得体の知れないやつ
11/09/12
あえてレス番は書かないけど、このスレの中に俺の経験と似たようなものを見つけたよ。

俺の職場には仲の良い先輩がいた。二人で飯を食いに行ったり飲みに言ったりするような仲だ。

ある時、俺は先輩と連絡先を交換する。仕事帰りにではなく、たまには休日に飲もうという話になったからだ。

先輩が携帯の番号を聞いてくるので、俺がそれを教えると、先輩は俺に電話をかけてすぐに切る。赤外線で送ればいいのにと俺が言うと、先輩は機械音痴であることを話して笑っていた。
続きを読む

不気味な人
10/07/24
ファストフード店での話。

三十席くらいある二階席の、はじっこの方で俺は食事をしていた。他の客は女性が一人と、DQNの二人連れ。

半分くらいまで食べた時、一人の男がトレイを持って二階に上がってきた。リーマン風の普通の客。俺の席から一つ離れた席に座った。

その男は携帯片手にハンバーガーを食べていたのだが、なぜかしょっちゅう体を揺すっていた。背中を背もたれから離したりくっつけたりと、そんな動きを繰り返していた。
続きを読む

井戸
07/09/11
昭和初期の話。

ある地方の山村に一人の少年が住んでいた。歳は十一才。お父さんは戦争に狩り出され、お母さんと二人暮らし。

もともと内気で人見知りしがちだった少年は友達がいない。山の中、一人で遊ぶのが日課だった。勝手知ったる山の中。たとえ暗くても怖くなんかない。

けど、一ヶ所だけ近寄れない場所がある。山の林道から少しはなれた位置にある社。鳥居も社殿もボロボロに朽ち果てて、お参りに来る人もいない。
続きを読む

飲み屋
12/04/11
母の友人のおばさんの若い時の話です。

青山墓地の近くに3つのビルがあり、真ん中のビルの飲み屋によく行っていた。その飲み屋は3階に飲み屋、4階に飲み屋の支店がある構造。

ある日友人の誕生日会が飲み屋であり、少し遅れてしまったおばさん。青山墓地の電話ボックスで飲み屋に電話をかけると

「もう始めてるよ!早くおいでー、墓地突っ切ると早いからさ、待ってるよ!」

ガヤガヤとうるさく、かなり良いあんばいになってる友人たち。
続きを読む

滝
12/04/05
10年くらい前の話だけど…友人に誘われて山奥の渓流に釣りに行った。

自分は釣りは不慣れだったが、友人は釣りに関してはベテランで、彼の案内にしたがって渓流をさかのぼって行った。

川の美しさに興奮しながら上流へと進んで行くと、やがて高さ10mはある滝にたどり着いた。

この滝もまた非常に美しく、私も友人も釣りを忘れてしばらくその滝を見上げ見つめていた。

うっとりと滝を眺めていると…なんと…滝の上から水と一緒に裸の人間が落下してきた。
続きを読む