パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

認知症

精神的
08/05/27
自分老人ホームに勤めてるんだけど、おばあさん達が怖い。自分的には洒落にならないほどに。

おばあさん達に見せるととても喜んでくれるのが、子どもの人形。本物の子どもと同じ大きさで、2~3歳くらいの女の子のね。

それを抱っこしたりあやしたりして本気で可愛がってる。

見てるとよくホラーとかで、女の人が赤ちゃんを抱いてると思ったら実は人形だった!うわ怖!とかいうのと近い感じに似てるように思う。
続きを読む

精神的
07/11/11
老人ホームの話怖かった。ボケ老人ってそれでなくても怖い。

前に、おとん側のじいちゃんがそろそろヤバいらしいって聞いて、おかんと病院に見舞いに行った。ついたら看護婦さんがあわてるでもなく

「どうぞ。お顔見てあげてくださいね。」

ってカーテン開けてじいちゃんのベッドの横へ案内された。

「ずいぶんのんびりしてるな。容態安定したのかな?」

と思ってカーテンの中に入っていった。
続きを読む

夫婦愛
07/08/11

「お父さん、おかゆができましたよ」

ああ、母さん、すまんな。食えんのじゃ。

「風邪でもひいた?もう歳なんだから体に気をつけないと…」

すまんな母さん。母さんには長いこと苦労をかけたなあ。

「いやですよお父さん。お互い様でしょ。元気になってくれないとあたしが寝込んだ時に困りますよ」

うん。そうなんじゃが…。おうそうそう、さっき娘を呼んでおいた。
続きを読む

死神
16/08/25
ほん怖見てた。何となく今の職場のこと思い出して書きに来た。

自分は有料老人ホーム勤め。うちは割と介護度高い人が来るし、※ターミナルの人も多いから、誰かが亡くなるとか日常茶飯事。
※(ターミナルケア。苦痛緩和以外の延命措置無し。何かあっても病院に連れていかないで施設で看取る)

お亡くなりになる方より、認知症の入居者さんの介護拒否や徘徊に悩まされてる。けどまあ死人が多い場所って、何か引き寄せてしまうものらしい。

同業者ならみんな思い当たることがあると思うけど、うちの施設にもそういう何かがいる。お亡くなりになったご入居者なら全然怖くないけど、そうではないらしい。
続きを読む

不気味
15/03/06
福井の古い使われなくなった火葬場でおきた心中事件を思い出した。10年くらい前だったと思う。知ってる人も多いかと思うけど…

ある日、古く使われなくなった火葬場の近所の住民から

「音楽を大音量でかけたまま放置されている車がある」

と通報があり、警察が調べたところ、

「今から自殺をする」

という旨のメモが発見された。メモは克明に記されており

「〇時、妻とともに家を出る」

というところから始まり最後は

「〇時点火する。今までありがとう」
続きを読む

風呂

この前一人で夜2時ごろに風呂に入っていた時の事。

俺は風呂場に防水カバーに入れたiphoneを持ち込んで湯船に浸かりながら怖い話を見るのが日課になっていた。

だが、その日は風邪っぽくてなんかダルかったから、さっさと上がろうと湯船から立ち上がって伸びをしながらふと浴槽の上の換気扇に目を向けると換気扇の中に、両手を換気扇のフィルターに張り付けながらこっちをガン見している2つに目玉が見えた。

あまりの事にパニックになって「うおっあぁぁぁぁ!」とか叫びながら換気扇のフィルターに思いっきり昇竜拳を叩き込んだ。

次の瞬間立ち上がったはずなのになぜか俺は湯船に浸かっていた。換気扇を見上げても何もいない。

しばらく換気扇を見上げながら「なんだ?DIOか?いやどっちかっていうとバイツァダストか?」とかやけに冷静に思いながら湯船を見たら湯船に人の顔が映っていた。
続きを読む

3315e59d-s

410 :1/4:2007/07/05(木) 03:47:37 ID:ZLRMTVul0
俺の爺さんは十年ぐらい前に、痴呆症(今で言う認知症)ってヤツになったんだが、
最初は物忘れ程度だったものの、そのうち明らかに言動がおかしくなってきた。
で、時々“自分は別の人間だと思い込んでしまう”症状が出始めた。
その“別の人間”ってのが、なんとあの江戸川乱歩の『怪人二十面相』だった。

爺さんは昔どっかの劇団に入ってて、二十面相の役を演じた事があったらしいが、
医者が言うには、どうもその頃のイメージが強く出てしまった結果という話だった。
しかも爺さんは、親父=明智小五郎、俺=小林少年だと完全に思い込んで、
何かにつけ俺と親父を相手に、困ったイタズラを仕掛けるようになってしまった。

続きを読む

YUKIR20505_9_TP_V

57 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/12/25(日) 03:07:09.13 ID:8WRKsCaL0.net
『葬儀屋が教えるココだけの怖い話』(宝島文庫)の中の「腐蝕した遺体と暮らした老女」ってってエピソードが後味悪い。

老父夫婦ふたりだけの長屋生活。
認知症の妻の介護に疲れ、おじいさんはある日突然、心臓麻痺を起こしコタツで寝たまま死んでしまう。
そのまま数か月が過ぎるも、付近の住民が異臭に気付き警察に通報。
警察官とともに、遺体を引き取るために葬儀屋である投稿者もその部屋に足を踏み入れると、
凄まじい異臭とともに、壁一面に大量のゴキブリとウジ虫が覆っていた…。

続きを読む

1

410 :1/4:2007/07/05(木) 03:47:37 ID:ZLRMTVul0
俺の爺さんは十年ぐらい前に、痴呆症(今で言う認知症)ってヤツになったんだが、
最初は物忘れ程度だったものの、そのうち明らかに言動がおかしくなってきた。
で、時々“自分は別の人間だと思い込んでしまう”症状が出始めた。
その“別の人間”ってのが、なんとあの江戸川乱歩の『怪人二十面相』だった。

爺さんは昔どっかの劇団に入ってて、二十面相の役を演じた事があったらしいが、
医者が言うには、どうもその頃のイメージが強く出てしまった結果という話だった。
しかも爺さんは、親父=明智小五郎、俺=小林少年だと完全に思い込んで、
何かにつけ俺と親父を相手に、困ったイタズラを仕掛けるようになってしまった。

初めの頃は、俺を便所に閉じ込めて「ははは、どうだね小林君」とか言ってみたり、
親父の腕時計をコッソリくすねて、冷凍庫の中に隠しておいたり程度の話だったんで、
まぁ困るっちゃ困るけど、俺も親父も爺さんを責めたりしないで適当にあしらってた。
いつも二十面相状態ってわけでもなかったし、また始まった~みたいな感じで。
でも、そうやって調子に乗らせてたのが、今思えば良くなかったのかもしれない。

しばらくして、事件が起きた。

続きを読む

forest-3877365_1920

743: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 01:44:46.62 ID:ExWBnf+G0
突然投下アンド乱文すみません

俺は小さい頃からすごくリアルな夢を見る。物の色や匂い、細部まで鮮明で、bgmが付いてくることもある。昼間、その情報量の多い夢の内容をふと思い出して悶々とする事はよくある。そんな俺が最近見た夢の話。
俺の父方の祖母とはここ二三年会ってなかった。如何してかというと、俺の父と叔父さんとの兄弟仲がすごく悪くて、よく揉め事があり、祖父を亡くした祖母は弟夫婦の家で世話になってたからだった。
二人息子が絶縁状態であることに祖母は酷く悲しんでいたのを、幼いながら覚えている。俺はおばあちゃんっ子で 幼稚園の頃はよく祖父母の家に一人で泊まりに行ってた。だから祖母と長く会えないことに、何となく寂しさは覚えていた。
続きます
続きを読む
×