パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

記憶

texture1221351_TP_V

327: 本当にあった怖い名無し 2017/10/28(土) 10:58:00.15 ID:Adar2czA0
自分でも意味が分からない出来事だったんだけど、
恋人が内定をもらって勤務地が遠く、
引越し準備をしたり合宿で免許を取りに行ったりで忙しくなるって事で、
景気付けにラーメンでも食いに行こうってデートの約束をした。
だけど数時間後に課題があるからってドタキャンされて自分はめちゃくちゃショック。
それくらい悲しく思ってるって意味で事故るからなって連絡をして
自分は一人でラーメンを食べに行った。

続きを読む

mandala-1530352_960_720

163 :本当にあった怖い名無し:2006/03/29(水) 11:02:20 ID:gFVWWrQ/0
たしか5歳になる少し前くらい。
突然、「昨日くらいまで覚えていたのに今日はもう忘れてしまっている」ことが
あることに気が付いて愕然とした。

それは大切な大切なこと。
おそらく私がこの世に生まれてきた目的とかそういったようなこと。
そして、それを覚えていたままでは、
この世で幸せな生活を送ることができないことも、”ここ”へ来る前に”知って”いた。

続きを読む

neru1172011647_TP_V

268 :本当にあった怖い名無し:2006/04/10(月) 00:57:47 ID:zktTAytrO
3歳か4歳くらいの時。

真っ暗な部屋でいつものように眠っていたんですが、夜中に目が覚めたんです。
タンスと壁の隙間が10cmほどあって、なぜかそこをじっと見ていると、
ネズミを20cmほどの大きさにしたような動物が2匹いて、こちらを見ているんです。

続きを読む

hallway-867226_960_720

229 :本当にあった怖い名無し:2006/04/05(水) 10:59:24 ID:0hqAI+jr0
おれが幼稚園のころ、家族(父、母、弟)で大きな病院に行った
誰かの見舞いに行くということは聞いていたんだけど
どんな人かはなぜか教えてくれなかった
しかも病室にはおれら兄弟はいれてくれなかったし

仕方がないので待ってる間院内を探検することにした
たしか病院の二階にある待合室みたいなスペースでのことだと思う
おれはそこにある大きな窓から外を眺めていた。
外にはきれいな緑の林が広がっていた

続きを読む

013kazukihiro_TP_V4

29 :本当にあった怖い名無し:2006/03/05(日) 14:28:29 ID:7XIuhozf0
家の近所に小さい神社があって、昔…多分私が5歳くらい?のとき、
よくその奥の林で外人の男の子と遊んでいた。
家から持ってきたおかしを交換して食べたり、2人だけでかくれんぼしたり。
金髪で目が青くて、喋っている言葉とか、
持ってくるおかしなんかから、てっきりそうだと思い込んでいた。

続きを読む

nerusan0614_4_TP_V

585 :本当にあった怖い名無し:2005/12/07(水) 16:48:39 ID:PKRMIdDv0
自分の身に起こった、今でも信じられない実話です。

まだ僕が中学3年だった頃。
僕の家は、父親と母親と弟(まだ小学校低学年)の4人家族でした。
紅白歌合戦を見終わって、いい初夢でも見るかな…ってな具合で寝たのはよかったんですが、
真夜中に悪夢(見た夢の内容は思い出せない)を見て、突然真夜中に起きました。
心臓は音が聞こえるほど激しく脈打っていて、脂汗を全身にじんわりかき、
まるで冷や水を背中から流されたかのように、布団からがばっと起きた体勢のまま硬直してました。

続きを読む

penfan_K1_1370_TP_V

762 :本当にあった怖い名無し:2006/03/17(金) 03:30:31 ID:jQYrxM6e0
集団自殺(及び自殺未遂)がありました。男女6名位。
一酸化炭素中毒で死のうというやつですが、死んだのは3人。
生存者の話では、ネットで知り合って共同で自殺しようというもの。
このお話は生存者の一人、A子さんにまつわるものです・・・。

病院で意識を取り戻したA子さんに、警察が事情聴取をしようとすると、
A子さんは私は何故ここにいるのかと、逆に警察の人に尋ねました。
警察は「君は自殺を図って死に掛けたのだ」と一連の事件について説明すると、A子さんがたがた震えだします。

続きを読む

wallpaper-4736820_960_720

32: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/12/27(火) 14:15:10.73 ID:uB2op6lN0
怖い話には程遠いかも知れないが、人によっては奇妙な話です。
自分にとっては何が起こったんだろうかと言う気味悪い話です。


五歳か七歳の七五三の日。

家から歩いて数分のところに美容院があった。七五三祝いに身奇麗に
整えて貰うため、その日は朝から美容院に行っていたのだが、朝から
土砂降り続きで、近場とは言え、美容院へは母親が運転する車で移動。

続きを読む

fujikokyoto02_TP_V

224 :223:2006/07/27(木) 11:09:28 ID:ja8/AXvJ0
当時、私は16~17歳でした。
私は京都に住んでおり、私たちの友人の間では、夏休みを利用してあるバイトが恒例になっていました。
それは仲間内で『天国のバイト』と呼ばれており、とあるさびれた駅の駅員のバイトです。
今もあるので、固有名詞は出さないでおきます。
持ち場は全部で3箇所あり、そのどれもが1時間に3本程、観光客を運んでくるのみで、
その前後5分以外は、クーラーの効いた駅員室で漫画を読んだり、ゲームをしたり、宿題をやったりと、
好き放題でした。
それが『天国』と言われる所以です。
他の駅員は、定年退職し、職場を求めた嘱託のおじいさんばかりで、
「今日はなんやしんどいですわぁ」などと言うと、孫ほど離れた私たちが可愛いのか、
嘱託さん達は「それじゃあ宿直室で寝てきたらどうや?」なんか言ってくれるほどヌルイバイトだったのです。

続きを読む

RS503DF019_TP_V

883: 本当にあった怖い名無し 2006/10/14(土) 14:19:00 ID:d0I8JoXJ0
昼間にしか怖くてサイト開けないチキンな私が投下してみる。
特に幽霊だのが出てくる話ではないので
興味のない人はスルーで&スレ違だったらスマソ。
ちなみに実体験であり、自分の名前は「ゆか[仮名]」で進めていきます。


まだ私が消防だった頃。当時4年生だった私は、
猩紅熱という今ではあまり聞かないような病気をやらかした。
本来この病気自体深刻ではないらしいのだけども、
私の場合数日たっても熱がさがらず急性腎炎まで起こし、
一ヶ月以上入院した挙句、2週間の自宅絶対安静という
消防で遊びたい盛りの自分には酷な宣告をされてしまった。
しかし やたらと血尿出したりなんたりと、
間違っても遊びに行きたいなんて思える状態ではなかったが・・・

続きを読む
×