パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

親子

RED2020906B083_TP_V

198: 本当にあった怖い名無し 2010/08/29(日) 01:57:08 ID:mv0IJ6eJ0
俺の後輩が実際に体験した話です。
後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。
車を走らせるうち、地元の海にたどり着きました。
時刻は夕方の五時頃。
夏ならいざ知らず、その時季節は秋。

海の駐車場には後輩たちの車以外には二、三台がまばらに駐車してあっただけだったそうです。
後輩たちは、せっかく海に来たんだから泳ぐとまではいかないものの砂浜の方へ行ってみよう、
ということで車を停め砂浜の方へ向かったそうです。

続きを読む

ababcf3e-s

59: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/13(金) 05:04:01.55 ID:pa0UHQ4ea
ひさしぶりに実家に帰ったときの話。
一昨年の11月ぐらいに用があり実家に戻り
用を済ました後に友人に連絡を取り夕方ぐらいに集まった。
一人が近くの母校のグランドでキャッチボールをしようと言ったので久しぶりに母校をおとずれることにした。
その道中友人と歩いていると前から白い軽自動車がハザードを点灯させ車を寄せてきた。
知り合いかな?っと思い車内を覗き込むと運転席に20後半ぐらいの女性と助手席に5歳(?)ぐらいの男の子が乗っていた。
続きを読む

pizza-5179939_960_720

902 :可愛い奥様:2008/07/16(水) 16:04:41 ID:wYu52uGR0
メンヘラ系の話なので、苦手な人は今のうちに逃げて

消防の頃の友達に、すごく太ってる子がいたんだ。小5で150kg越えみたいな。
遊びに行ったときのおやつは、ケーキに揚げドーナツにラーメンに、漫画に出て来るみたいなおやつどっさりな世界で、
どれでも好きなの…っていうよりは、一人分ずつきっちり用意してあり、その子も私もきっちり食べましたとも。
おいしかった。げふ。
続きを読む

HIRO1018033_TP_V

348 :可愛い奥様:2007/11/05(月) 22:41:02 ID:pRuKNY4d0
私の母と祖母(故人)の話。

母と祖父母は本当は血が繋がっていず、母の実母は未婚で母を産み、女手一つで母を育てていたそうです。
その実母も母が3歳の時に病気になり、訳あって血の濃い親族に頼れない状況で、
血が繋がらないほど遠縁だけど子供のいなかった夫婦が、一時的に母を預かる事になりました。
結局、母の実母は病状が重くなって、間もなく亡くなられたそうです。

続きを読む

001SHIKUN20212_TP_V

946 :本当にあった怖い名無し:2008/05/08(木) 19:42:33 ID:mczy1heWO
先に飛び降りの話を書いていて思い出しました。
一昔前のことですが、目の前で見た、ちょっと洒落にならない話です。

年末、某県のフェリー乗り場で、船の時間待ちをしていた。
寒空の下、ベンチに座って海を眺めてたら、駐車場で妙な動きをしている軽四に気が付いた。
区画に入れたと思えばすぐに出たり、駐車場内をグルグル回ったり。
何してんだ?とボンヤリ見てると、俺の側まで来て停まり、中年の痩せた女が出てきた。
続けて、娘と思われる小学校低学年位の女の子と、もう少し年長の女の子が出てきて、
中年女にジュースを買って貰っていた。
自販機を探してたのか、と思い、俺はそれきり興味を無くしていた。

続きを読む

food-1882013_960_720

725 :本当にあった怖い名無し:2009/06/29(月) 00:09:48 ID:vX5bbSQb0
会社の人達と休日ランチをしたら、既婚巨女(20代後半)が小学生の娘を連れてきた。
長女:母親そっくりの球体、母親そっくりの不細工顔。
次女:ほっそりと色白で、黒目がちな瞳に赤い唇で白雪姫をおもわせる可愛い子。

で、母親と長女の次女バッシングが凄い。
巨長女が次女のおかずを奪う。
巨母「お姉ちゃんの方が大きいんだから、お姉ちゃんにあげなさい」
巨長女が次女のデザートを奪う。

続きを読む

021ameman54_TP_V

839 :本当にあった怖い名無し:2009/06/07(日) 17:17:51 ID:Bfhq7WPd0
溺れてる女の子を助けたら「お母さんも沈んでる」と言われたが、行方は分からず。
よくよく調べたら、母一人子一人の母子家庭の無理心中、いや納得心中だったのか。
女の子だけ生き残ってしまったが、こちらとしてもどうにも出来ないし、一生母親の自殺を背負って孤独に生きる。

これ知人の話。
「何で助けちゃったんだろう」と言ってたな。


続きを読む

hallway-867226_1920 (1)

767 :じつ8①:2009/12/07(月) 23:06:59 ID:G6mpNvt1O
この話は実話です。私自身も体験したのですが、当時はなにも気付きませんでした。霊などはでません。

それはまだ私が幼いころです。
記憶は曖昧なのですが、確か妹がまだ赤子だったので、私は小学生の低学年だったと思います。

当時妹はひどい小児喘息で、診察と常備薬を処方してもらうため、
車で1時間ほどかかる遠方の病院に通っていました。
私は病気でもないのに、よくそれについていきました。
なぜなら、幼いころはたとえ病院だろうと遠くに行くだけで楽しかったですし、
それに道で外食をすることがあったのです。
一方、手間がかかる私をつれていくのを母は嫌がり、「家にいなさい」と言っていました。
私はそれでも無理を言って病院についていきました。
病院では、私はいつも妹が診察をうける間、病院内をうろうろと歩いておりました。

いつものように広い病院を探検する気持ちで歩いていると、
いきなり、院内服を着た知らないお婆さんから話しかけられました。
「ぼく、飴いる?」
そのお婆さんは、真っ白な白髪にまばらに残る黒髪が印象的で、体格は小柄、それに酷く痩せていました。
顔色も悪くて、不健康そうに見えました。
思い詰めたように暗くて、疲れきったような表情に見えます。
なにより、私を見る目が怖かったのを覚えています。

お婆さんは、「自分はここに入院している」のだといいました。
前からよく病院内を歩く私をみて、話しかけたかったのだそうです。
「寂しいから友達になって欲しい」といいました。
私はお婆さんを怖いと思ったので嫌だと思い、黙って首を横にふり、母の元に逃げました。

続きを読む

susipaku211-app94131_TP_V

212 :210 1/4:2011/09/19(月) 17:21:08.97 ID:vKFUW28H0
すごく微妙な話で、道徳的に気分が悪くなる人がいるかもしれない。
あらかじめ謝っとく、障害者が出てくるけどそういった人たちを差別するつもりはありません。

俺の住んでる地域は、田舎ほど関係が密接でもなく、都会ほど我関せずでもなく、
アパートなんだけど、なんとなく他の部屋の人のこと知ってるし、
大家も同じとこ住んでてよく挨拶したり雑談したりするし、
でも噂話とか悪いのに限って耳に届きやすい、そんな場所。
俺はそこに何年も住んでて、他の人もあまり出たり入ったりしないから、
なんとなく下で顔合わせて、あー○階の××さんだーとわかって挨拶、顔見知りとはたまに立ち話もした。

続きを読む

nature-2609726_960_720

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:39:44.20 ID:L035bvZO0
京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。

片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。
その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

続きを読む
×