パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

虐待

fist-1131143_1920 (1)

914 :本当にあった怖い名無し:2006/01/20(金) 16:52:37 ID:/jdBD+8x0
小学校低学年の時に習っていたピアノ教室で、体罰があった。
お世辞にも才能があるとは思えない『下手な子』に、
先生が手や顔を叩いたり、しっぺをしたりといった、余り身体に跡の残らない体罰をしていた。
しかしエスカレートしたのか、共犯者にして責任を逃れようとしたのか、
私達生徒にも、その子に体罰を与えるように言い出し始めた。
今から思えば、こちらから月謝を払っている立場なのだから、
隣接していた事務所に言ったり、親に言って止めさせてもらえば良かったのに、
『先生』という言葉に縛られて、私達も泣きながらその子を叩いたりした。
その子も、学校と習い事との見分けがまだ付かない年齢だったせいか、逆らうことが出来ない感じだった。
続きを読む

paku1220FTHG3157_TP_V

501 :本当にあった怖い名無し:2012/08/01(水) 05:00:40.76 ID:yWHWLPH40
俺は東京で働いていて家庭を持ってたんだが、
2年前からちょっとキツイ病気になって、入退院をくり返して会社をクビにされた。
これが主な原因なんだが、その他にもあれこれあって女房と離婚した。
子供は女の子が二人いるんだが、俺が生活能力がないんで女房が育ててる。
申し訳ないと思ってるが、今のとこ養育費なんかも払えないでいる。
それでなんとか病気のほうは小康を得て、今は郷里に帰ってきて療養している。
療養というと聞こえがいいが、実際は年老いた両親の元に一文無しで帰ってきたやっかい者だから、
当然、近所も親戚の評判もよくない。
続きを読む

004TSURUTAMA17529_TP_V

206 :コピペ:2005/09/18(日) 08:50:42 ID:9UxZMiro0

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/09/14(水) 21:05:57 ID:LwxPUntV
小学生の頃、妹とプールでお母さんごっこをすることになり、私が母役をすることになった。
そして妹が「お母さん助けて~」とバシャバシャと見事な溺れるふりを披露した。
私は出番だ!と思い、近寄ろうとしたその瞬間!!
突然、屋内プールに響き渡る大声で、自分の子供の泳ぎを見学していたであろうスーツ姿の中年の男性が、
「待ってろおおおおおおおお!!!」と叫んで、スーツのままプールに飛び込みこちらに猛スピードで泳いできた。
続きを読む

girl-3141445_1920

725 :本当にあった怖い名無し:2005/04/30(土) 02:18:27 ID:9Ig9VZd60
バツ2子蟻の先輩(♀35歳)から聞いた話。

3年前に夫の子供への虐待が原因で離婚。
その年の夏、娘と海水浴に行った時に娘(当時9歳)が溺れた。
レスキューに救われ、危ないところで一命取り留める。
それが縁でそのレスキュー隊員の人と再婚。
2歳年下だが頼り甲斐のある人だったそうな。
続きを読む

YAT1912221362_TP_V

753 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/05/25(日) 17:54:50.43 ID:XnD3GGsB0.net
小学校三年生の時、東京の外れにある僕の小学校に男の子が転校してきた。
彼は関西地方の出身で、初めこそクラスのみんな誰もが物珍しがって彼に話しかけていた。
彼が関西地方独特のイントネーションで喋る度、誰もが感心したように「凄い、凄い。大阪弁だ」と言って囃したてた。
時に他のクラスの子や、別の学年の子が彼の関西弁を聞ききに僕のクラスに顔を出す事もあった。
しかし、彼は恥ずかしがり屋で自分から話す事は少なく、やがて独りぼっちで本を読んでいる事が多くなった。
背がとても小さく、クラスの誰よりも痩せていた彼は運動が得意とは言えず、更にあまり勉強も得意ではなかった。
やがて彼は転校生という奇異の視線ではなく、出来損ないへの嘲笑に似た奇異の視線を向けられるようになった。
また彼が何日も同じシャツを着ていたり、肩にいつもフケが乗っていた事もあってか、
暫くすると他の子達は彼をあからさまに避けるようになっていった。

そんなある日、僕が家路を歩いていると、彼が商店街にある八百屋と床屋の隙間を見つめて立ちすくんでいるのを見かけた。
初めは声をかけるのと躊躇したが、僕は思い切って肩越しに彼に声をかけた。
僕が声をかけると彼は驚いてこちらを振り返り、
声をかけたのがクラスメートの僕だと分かると、顔を真っ赤にして下を向いて黙ってしまった。
「お前ん家、こっちの方なの?」
僕の小学校は市営団地に住んでいる子が多く、団地と反対側の商店街に住んでいるのは少なかった。
だから僕は、初めて同じ方向に帰る子が出来たことが、とても嬉しかった。
黙ってしまった彼に僕が構わず話を続けると、彼はやはり黙ったままコクンと頷いた。
「じゃあ、これからは一緒に帰ろうよ」
僕がそう言うと、「ええの?」とぽつりと彼は答えた。

それから、僕と彼は放課後も毎日一緒にいるほど仲良くなった。
続きを読む

teddy-bear-440498_960_720

125 :名無しさん@Linuxザウルス:04/03/14 09:26 ID:Y18BPM9I
俺は忌み子だった。
俺は母と部落の人との間にできた私生児で、母が若くして亡くなり、母の妹夫婦にひきとられた。

ということを昨日知った。もっと早くに教えてくれよ・・・
ガキのころ、自分では家族に嫌われる理由がわからなかったので、散々莫迦なことをしてしまったよ。
続きを読む

N853_usuguraiapa-tonorouka_TP_V

590 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/11/23(水) 09:58:00.45 ID:bjX/6tTk0.net
フリーターの頃の話です。

当時、住んでいた安いボロアパートのお隣に、20代前半くらいの女性と3歳くらいの男の子が引っ越してきた。
特に引越しの挨拶などは無かったが、外に出るタイミングが同じ時があって、あっちの方から声を掛けてきた。
「隣に引っ越してきたAです。この子はスグルと言います。ちょっと騒がしくしてご迷惑をお掛けするかもしれません」
ちょっとポッチャリですごいミニスカにヒール履いた、いかにも水商売やってますって感じの母親だったけど、
話した感じがまともそうで、安心して俺も「いえいえ、そういうの気にしないので大丈夫ですよ。スグル君宜しくね」と声を掛けた。
スグル君は物凄い人懐っこくて、俺が外に出ると足にしがみついて来たり抱っこを強請ったり、
俺の家に来る彼女や友達にも懐いていた。
スグル君の母親によると、俺がバイトに行ってる時も、部屋の前で「お兄ちゃんまだかな」とソワソワしていたらしい。
まあ、可愛いなと思ってたはいたが、実は一つ悩みがあった。
続きを読む


disneyland-919926_1920
885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/16 21:41

十年くらい前にデゼニランドで見た光景。

スペースマウンテンの列に並んでいた時、4~5組ほど前の方が何やら騒がしい。
注意して様子を見てみると、どうやら親子連れの子供の方が泣き叫んでいる。(両親と10歳くらいの男の子)
怖くて乗りたくないと泣き叫んでいる男の子に、あろうことかその母親はゲンコツで子供の頭を殴り、
「ばかやろう!お前が乗らなきゃ、お母さんかお父さんがお前についてなきゃいけないんだよ!乗れなくなっちまうだろう!」
という主旨のことを怒鳴っている。
続きを読む

psychology-2709651_1920

239 :本当にあった怖い名無し:2019/10/24(木) 12:21:16.95 ID:eaEPxIRf0.net
先に謝りますが、この話には霊は出て来ません。
唯のメンヘラの自分語りです。長いし、文章も拙い。興味が無ければスルーして下さい。

私は女で、現在31歳。病名は解離性同一性障害、障害2級。解離性同一性障害とは、判りやすく言えば多重人格。そんな私の人生を、語っていこうと思います。

一番古い記憶は、小学校高学年の頃。母親に強く殴られ、蹴られ、階段から突き落とされ大声で泣いている所から始まる。
毎日の様に暴力と暴言を奮われ、金を返せと泣かれる。最初は意味が分からなかったが、どうやら私は母親の金を夜な夜な盗んでいたらしい。
100円や500円などと言う可愛い金額ではない、万単位の金額を盗んでは散財していた。
然し私が記憶しているのは鬼のような形相で暴力を振るって来る母のみで、お金を盗んだ記憶やそのお金を使った記憶は無い。
続きを読む

handcuffed-1251664_960_720

88 :僕のヒーロー:02/02/17 14:14
うちは俺が6歳・弟が3歳の時から家が荒れだして、母親が失踪、父親もたまにしか家に帰ってこなくなった。

帰ってきた時はなぜか毎日、てんやもんの鍋焼きうどんを食わされた。父親はその頃クスリをやりだしたらしく、どつき回されたあげく、家を出ようとしたらドアに釘が打ち付けてあって出られなかった。
続きを読む
×