パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

葬式

古い家

788 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:02/07/21 17:55
近所で実際にあった事で後味の悪い話1
崩れかけた家に身寄りの無いお婆さんが1人で暮らしてたんだけど、
ものすごい貧乏暮らしで電気もガスも無い家だったわけ。
マキで火をおこして炊事をして、お風呂は近くの川で行水。
当然冬なんかは寒くて入れないから、近くに行くととんでもない異臭がする。
でも特に危害を加えられるわけでもないので、近所の人は見て見ぬふりしてた。
続きを読む

介護

511: 可愛い奥様 2011/10/28(金) 16:43:20.84 ID:Keag5WkS0
脳梗塞の発作プラス痴呆の姑の介護に疲れていた私は、2度目の発作を放置。 
1~2ヶ月、入院してくれたらいいなと思ったが、まさか死ぬとは…。 
1時間ほどして、救急車を呼んだが間に合わなかった。
5年に及ぶ介護に嫌気がさしていた私は、葬式の間、嬉しくて笑い出しそうになるのを我慢するのに必死だった。 
続きを読む

日本家屋

924:本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 08:47:29 ID:+m0METGe0
私の実家は東北地方の小さい村にあります。 
家は田舎ならではというか結構大きく 
敷地内には倉まであって今思えばかなり裕福な家庭だったのかもしれません 
その倉なんですが、小学生の頃よく親に隠れて中で友達と遊んでたりしました 
ある日、2人で中の骨董品をいじっていた時に変な物を見つけてしまったのです。 
続きを読む

ロウソク

942 :1/5:04/01/26 20:49
数年前、夜の12時頃に、そのころ付き合ってたSから電話が掛かってきた。
せっぱ詰まったような声と口調で、話の内容がイマイチ理解出来ない。
外にいるみたいなんで、取りあえずウチまで来いと言った。
Sはタクシーでやって来た。普段は滅多に使わないのに。
部屋に入ってもなかなか座らないで落ち着かない様子。
「ゆっくり話してみ」と促すと、Sは自分で煎れた茶を飲みながらこんなことを語った。
続きを読む

お風呂場

58: 名無しさん@おーぷん 2016/02/02(火)19:43:28 ID:wVg
112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 19:48:54.67 ID:hlKiSy/y0
娘が6歳で死んだ。 
ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。 

直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので 
病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。 

葬式には別れた女房が「彼氏」同伴でやって来たが、 
もはや俺にはその無神経に腹を立てる気力もなく、機械的にすませた。 
続きを読む

日本家屋

50: 本当にあった怖い名無し:2011/09/27(火) 12:39:59.82 ID:7dFjN+Z90
祖母の葬式の晩の事

田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室(昭和初期に店舗だった部分)に1人だった。
長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。 
裏山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園には
「城主ですがここで虐殺してごめんなさい、かわりにお社を立てます、許してください」みたいな
木札が立っていた。窓にカーテンもないので、
山の上からのサーチライトの光が鏡張りの部屋に反射して、かなり怖かった。 
続きを読む

切ない、悲しい

789: 本当にあった怖い名無し 2010/06/16(水) 01:17:20 ID:8C1hl9J90
まとめサイトの過去ログを最近見ていて、今回はじめて自分で書き込み。 
宝くじの当選番号が最近発表されていたので思い出した些細な偶然話なんだけど… 


数年前の冬、突然伯母が亡くなった。年末の寒い日だった。 

恥ずかしながら当時の私はお金が全くなく、また地元から遠く離れた土地に住んでいた。 
当時働いていた会社は給料日が25日ではなく月はじめ。 
年末は正月を挟むため銀行が休みで一週間以上お金が手に入らない。 
そして財布の中に格安チケットショップの往復新幹線代ギリギリのお金が残っていた。 
このお金を使ったら正月は無一文。 
でも仲のよかった伯母にどうしても会いたくて地元に戻った。 
続きを読む

怖い

156:11/06/24
小さいときに叔母が死んだ。

葬式だかお通夜だかの後、集まった人たちが寿司とか食べてて、俺もビンのオレンジジュースを飲んでたのを覚えてる。

祖母(つまり死んだ叔母の母親)に呼ばれて、家の外の蔵に連れて行かれた。

普段祖母は優しいのに、そのときばかりは何の説明もなく無言で、少し怖かった気がする。

蔵に着くと祖母に蔵の中に閉じこめられ、迎えに来るまで絶対に外に出てはいけないと言われた。

葬式で何か悪いことをして怒られたんだと思った俺は、小さな電球だけの蔵の中は怖かったけど大人しくしていた。
続きを読む

写真

430:1/2:2011/04/29(金)15:49:11.48ID:46bL5sOY0
使用者が特定されない公共物や共有物に、奇妙な痕跡を見つける事がある。

祖父の葬式での話。

何を撮るというわけでもないのだが、習慣からカメラを持っていった。

斎場に着くと、こういう機会でもないとほとんど会わないような親戚も何人か来ていて、あいさつがてらに一枚撮らせて貰ったりした。

久しぶりに親戚に会えてはしゃぎ回る子供たちをパシャリ、料理の準備やら、土産物の手配やらで忙しく動き回る奥さん方を態々呼び止めてパシャリ。

と、気の向くままに撮っていた。
続きを読む