異世界

09/05/22
中学生の頃の話。 
自分の部屋は二階にあったんだけど、階段を上がる時にいつもその段数を数えながら上がってた。 
特に意味も無くて、まぁ癖みたいなもの。 
中2の秋口くらいだったと思う。 

学校から帰って、いつもの様に段数を数えながら階段上がると、 
14段のはずが、何故か15段ある。 
その時は数え間違えたんだと思って、気に留めることもなく、 
階段から廊下を右側に進んで自分の部屋の扉を開けた。 
すると不思議なことに、そこは自分の部屋とは反対に、廊下を左に進んだ先にあるはずの弟の部屋。 
続きを読む