パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

自殺

アパート
12/01/07
俺の家は地方の大きな大学の近くにあって、近所にアパートが多い。家の右横と斜め前がアパートだ。

2年ほど前の話なんだけど、俺が夕方5時頃、高校の帰り道にその家の斜め前のアパートの前を通りかかったときに、2階の一番俺の家に近い部屋の窓とカーテンが開き、電気がついていているのに気づいた。

そこは空き部屋だと思っていたんだが。よく見るとベランダごしに中の様子がわかる。といっても部屋の上部なんだけど、なんだか首をつってる人がいるように見える。
続きを読む

ダム
15/07/01
社会人になったばかりの頃、里帰りした同級5人で飲んだ。

夏だったから恐い話で盛り上がり、夜中2時近くだっただろうか、地元で有名な心霊スポットの〇〇ダムへ肝試しに行くことになった。

そこは過去に何件か身投げがあったところで、ある時期に行くと靴がそろえて置いてあると言う。

「ホントにあるのかな?」

「あったらどうする?」

なんて盛り上がっていた。
続きを読む

夜道
08/03/24
10年前のクリスマスの夜の話。

真夜中に高速道路を彼女を乗せてドライブしてると、遠くに人影らしいものが見えた。

「高速道路を人が渡っているのか?」

とりあえず速度は落として近づくと、やはり人だった。なんと、この寒い中を若い女性が素っ裸で立っていた。

車が近づくのにさけようともしない。
続きを読む

不気味
11/02/05
これは怖いというか、自分には教訓みたいになってる話。だからそういう話だと思って見ていただけたらありがたい。

もう十数年以上前の話だけど今でもハッキリ覚えてる、というか忘れたくても忘れられない記憶。

こうしてネットとかで語る分にはまだ大丈夫だけど、口にするのはいまだにちょっと抵抗がある。まあ、自分自身が直接経験した恐怖ってわけじゃないんだが…

当時自分は、田舎にあるけどやたらでかい大学の学生だった。

2年生の夏休みにいつも遊んでる仲間と会う事になった。
続きを読む

恨み
10/09/07
これは去年の話。横浜にあるキャバクラのヘアメイクをしていて、その時聞いた話なんだ。

キャバクラで働く女の子(仮にAさん)におきた本当の話。

Aさんは20歳になったばかりで、大学に通いながらキャバクラで働いてるという、よくいる女子大生キャバ嬢だった。

「最近、ウザイ客につきまとわれてるから、やめよっかな~」

よくある事だと思った。
続きを読む

自殺
15/08/10
よくある話。

知り合いの前住んでた家が事故物件だった。その家に引っ越してまず目にしたのは、庭に並ぶ十数体の手作りの地蔵。

家に入ると、部屋の四隅(1箇所だったかも)に盛り塩。母子共にそういう物に対する知識がなかったらしく、気持ち悪いのでその日のうちに捨てたそうだ。

その家で起こった怪奇現象を箇条書きする。
続きを読む

線路
09/10/19
うちの親父が子供だったころの、とある東北の田舎での昭和30年代の話。

うちの実家はすぐ近くに駅があって、線路に囲まれたとこにあるんだが、飛び込みがよくあったそうだ。

夜中に汽車の急ブレーキ音が聞こえると、またか!とばかりに周りの住民が野次馬しにいったそうだ。

いつものように急ブレーキ音で駆けつけると、下半身がちぎれた男性が苦しい痛いとうなってる。そのかたわらでどこぞのバアさんが、なんでまたバカなことした!って説教してたって。
続きを読む

ピエロ
10/07/24
私の体験談での洒落怖話。

私の家の近くの公園にいつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来てた。

顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛を太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコしてた。

ある日は紙芝居をしたり、また別の日にはジャグリングをしたり、風船で動物を作ったりと多才な人だった。
続きを読む

学校
10/06/24
高校生の頃、学校にやたらとなれなれしい用務員のおやじがいた。

当時、まだたばこにうるさくなかったので、校舎の日陰でセブンスターのボックスを吸いながら休憩するのがよく目についた。

「メンソールを吸うと◯たなくなる」がおやじの持論だった。

「おやじがたばこ咥えながらニタニタ笑ってみてる」

ルーズソックスがはやり、スカートの丈が短くなりだしたころ、女子どもはそんなことを言っておやじを気味悪がっていた。
続きを読む

金魚
11/05/23
金魚鉢を被った女幽霊の話。

大学の友人が親元から離れてワンルームに引っ越すことになった。大学の近くに格安の物件を見つけたらしい。

しかし格安には理由があって、前の住人がその部屋で自殺した事故物件だということだ。オカルト好きの友人は逆に興味を惹かれ、一も二もなく入居をきめた。

私は友人にお願いされて引越しの手伝いでその部屋を訪れることになったが、どこにでもあるようなワンルームだった。
続きを読む