パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

自殺

幽霊

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/22(月) 09:21:49.15 ID:XD9FtNcW0
[だーれーだ?]

今から二年ほど前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。
その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、
「だ~れだ?」という声とともに目隠しされました。

当然彼女だと思っていた俺は、「○美だろ~。お帰り・・・」と、彼女の手をどけながら後ろを振り向きました。
しかしそこには誰もいなかったんです。一瞬呆然となった後、
俺の心臓は鼓動が聞こえるほど早まっていました。
続きを読む

霊感

48: 名無しさん@おーぷん 2019/02/10(日)19:49:43 ID:M25
登場人物
ワイ
トッモ=ワイの幼馴染み。男
同級生=ワイやトッモの小学校の時の同級生。故人



54: 名無しさん@おーぷん 2019/02/10(日)19:53:53 ID:M25
>>48の続き

ワイとトッモと同級生は仲良しやった
共通の趣味もあったし、第一 他に友達がいなかった
続きを読む

トイレ

589: 本当にあった怖い名無し 2012/06/27(水) 17:19:19.77 ID:4fTzMiRH0
私がまだまだ新米看護師だった頃。

夜中の巡回中にトイレから変な音がするから覗きに行った。
サクサク
サクサク
何かにかぶりついてるような音がする。
続きを読む

夜の海

27: 本当にあった怖い名無し 04/08/10 21:46 ID:/FQrYvgc
295 名前:('A`) :04/07/07 18:20
んじゃ、少しずつ貼ります。

俺が大学1年の時の話。

何もない田舎の大学に通う俺と大学の友人は、夜釣りに行くことを趣味に
いていた。 大学は、大きな漁港を持つ日本海側の地方都市に立地し、
釣りの場所には困らなかった。
続きを読む

雪

83 :血雪 1/7:2006/01/22(日) 21:49:36 ID:oprygqQ10
全国的にずいぶん雪がふったね。
おれの住んでいる田舎町(はっきり言ってド田舎)も、
ふだんはあまり雪は降らないんだけど、今回はずいぶん降った。
で、2年前の、同じように雪がひどく降ったときの話だ。



84 :血雪 2/7:2006/01/22(日) 21:52:36 ID:oprygqQ10
その日、おれは2階の部屋で一人寝ていた。
おれの家はショボい専業農家で、50代の親父と母ちゃんと、おれの3人暮らしだ。
まだ明け方前だけど、下の階で親父がガダガタなにか音をたてて、
玄関から出ていくのを、おれは布団のなかでうつらうつらしながら聞いていた。
続きを読む

不気味

995: 名無しさん@おーぷん 2016/06/26(日)12:08:30 ID:u7a
帰宅したら裏のA家ばあさんの遺書がポストに入っていた時。

しかも同じ遺書(ご丁寧にコピーじゃなく手書き)は通りの全戸に投函されており、

俺が帰宅した時点でばあさんはすでに決行済みだった。

めっちゃぼやかして書くが
不幸のはじまりはA家嫁さんが事故死したこと。
続きを読む

心霊

313 :優奈 ◆300xolyFtE :2006/05/26(金) 00:50:42.07 ID:1E/zXWlk0
おれが小学校低学年の時。夜、自分の部屋の机で宿題をしてたんだ。
机のすぐ横に窓があるんだけど、誰かがこつこつ叩くんだよ。
でカーテン開けて、窓開けたら具合悪そうな見知らぬ女の人がいて、
「ここは佐々木さんのお宅ですよね?お子さんですか?」
ってかぼそい声で聞いてきたんだ。
続きを読む

マンション

713 :本当にあった怖い名無し:2009/06/28(日) 02:23:39 ID:xOJTMy5RO
僕が小学の低学年の時に、親におつかいを頼まれました。
おつかいを済ませて、自宅マンション(オートロック式)の暗証番号を押して扉を開けて、
エレベーターホールに向かい、エレベーターが降りてくるのを待っていると、すぐに後ろから足音がしました。

振り向くと、目が細く切れ長で、印象の強い顔立ちの男が立っていました。
僕が開けた時に、すぐ後ろから入ってきたようです。
エレベーターが到着して乗り込み、僕は『開』のボタンを押して男を気遣いました。
続きを読む

田舎

433: 本当にあった怖い名無し:2012/05/23(水) 23:22:09.87 ID:DvtXKGix0
流れを切ってすまん。
俺の親友の話をしたいと思う。

小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。
建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は
当時団地住まいだった俺にとっては羨ましかった。

だがHは『雰囲気が暗い』と言ってあまり嬉しそうではなかった。
Hが言うように、窓も大きく取られて日の光がたくさん入りそうな家なのに
室内はどの部屋も暗く、湿っぽい感じがした。
続きを読む

川

926 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/28(金) 00:39:08 ID:4zKoKHSf0
仕事上で知り合いだったAさんが ある日早朝からうちにやってきた。
プライベートな付き合いなど無かったし仕事の話だろうと
対応は社長(俺の親父)がしてたが、後から聞いたら
唐突にお金を貸してくれと頭を下げられたらしい。
続きを読む