パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

胸糞悪い

宗教
04/08/15
幽霊とかの怖い話じゃないんだけど。

昔母親が浄霊(じょうれい)と言う手かざしで病気を治す宗教にはまっていたんですよ。かなり大きな教団支部にも電車で月一ぐらい俺と姉を連れて行ってました。

俺が小学生1年になった冬、風邪をひいたんですよ。で母親は薬をくれずに浄霊です。当然学校も休ませてくれませんからどんどん風邪は悪化します。

4日ほどそういう状態が続いた頃、母親が俺を連れて家を出ました。

「やっと病院に行ける」と思っていたら、母が連れてきたのは近所の教団支部です。そこの偉い人が俺に浄霊するんですが、そんなので治るはずがありません。
続きを読む

ストーカー
14/11/20
被害者の親友から聞いた、ストーカー殺人事件が起こるまでの被害者の子の話。

地元の会社に勤める被害者の女子は後に加害者になる新人の教育係になった。

相手は彼女の父親くらい年の離れた独身男性で、そいつが彼女に教わって一週間もしないうちにプロポーズしてきた。

もちろん彼女は断ったんだけど男はしつこく迫ったらしく、親友に相談していたらしい。

職場に隠れて付き合ってた彼氏にも相談していたんだけど、そいつは「モテるなお前w」とかいって全然助けようとせず使えない。
続きを読む

宗教
15/04/16
私は神社の家系に生まれ霊能力者を生業としている者です。

三年前に訪れたお客様の話ですが、今でもどうしても考えてしまって胸が苦しくなる想いなので、もう時効かと思いますので吐き出させて下さい。

私の開く鑑定事務所に、ある日顔色の悪い男性のかたが訪ねてこられました。

聞くとそのかたは会社の経営をしており、地元の名士として名高かったそうですが、急激に業績が悪くなり経営がかたむき、借金が膨れ上がり危険な状態になったとのお話です。

さらに娘さんの事についても気がかりだ、と。
続きを読む

毒キノコ
08/04/10
去年の秋の話なんだけど、田舎に住んでるから、近所の山にキノコとりに行ったんだ。

山の入り口に車を止めて、だいたい徒歩で3時間くらいのコースなんだけど、ナラタケとかブナハリタケとかがけっこう採れる場所でさ。

で、歩き出して1時間くらいしたとき、40歳くらいのオバチャン三人組とすれ違ったんだ。話し方からして、どこか関西方面の人達らしかった。

で、すれ違うとき、オバチャン達がぶら下げてた袋の中がチラッと見えたんだけど…入ってたのが、多分ネズミシメジとツキヨタケ。しかも大量に。

知らない人のために一応説明すると、両方とも毒キノコね。ツキヨタケのほうは死人が出るくらい強力。
続きを読む

電車
15/10/15
学生の時、大学からの帰りに電車の先頭車両の一番前に乗っていた。

するとガッタンと何かに乗り上げたような感覚があったかと思うと急停車した。最初は木の枝にでも乗り上げたのかと思ったら人でした。(後で分かった)

でも怖かったのは一緒に乗ってた小学生数人と引率の大人。そのうちの女性の一人がおもむろに携帯を取り出すと、どこかにかけ始めた。

すると沿線の家のベランダから女性が顔を出す。そこに手をふりながら

「ねぇ、どうなってるか分かる?え、人の手が見える?うそ~!!テレビ来るじゃん!すごくない?」
続きを読む

人身事故
これ怖いなあ…

■『子どもの名に何託す?』思いを込めて

一方、「子」を付けた人にも聞いてみよう。

りつ子ちゃん(2つ)、まき子ちゃん(六ヶ月)の女の子二人の母親で、神戸市灘区の中畑啓子さん(27)は

「覚えやすさ、呼びやすさで『子』を。さらにイメージが限定されるのを避けて平仮名交じりにした。名前は額縁。中身は自分で作っていってほしい」

出典:神戸新聞WEBNEWSはてな探偵団(2006/11/01)
ttp://www.kobe-np.co.jp/kurashi/200504hatena/56.htm
続きを読む

夜の公園
13/01/23
もう10年以上前のことになる。

俺は酔っ払って駅からアパートまで歩く途中、公園で休んでたんだよ。そもそも酒飲んだのが嫌なことがあったからで、それが悪酔いして、すごくむしゃくしゃした気分だった。

そしたら俺の座ってるベンチから柵をはさんでちょっと低くなった道路に、いつの間にか自転車に乗った男の子供がいる。8~9歳くらいに見えた。

最初はギョッとしたよ、時間はもう0時近かったからな。
続きを読む

悲惨な事故
09/07/27
交通事故関係のスレに載ってた話。

横浜での話だったと思う。

中学生くらいの男の子と母親が信号待ちをしていた。見るからに大切に育てている息子。でもマザコンチックであったり、教育ママ的でもなく、微笑ましい関係が見ただけでわかる、そういう親子。

信号待ちをしていた親子に車が突っ込んだ。車は息子だけを轢き、母親はぼうぜんと立ちすくんでいた。

周囲の人々が、車の下敷きになった息子を助け出し、救急車を呼び、辺りは人々が取り囲み騒然とした。
続きを読む

見猿聞か猿言わ猿
16/05/02
自分が幼稚園児の頃は今と違って、神社や寺の境内駐車場で、周囲の子供たちが何十人も年齢問わず遊んでいた時代だった。

その中には知的障害児童が少なからずいたんだけど、誰も差別や区別せず仲良く遊んだ。

区画整理事業がまだない時代で、砂利道の細い道と間口の狭い家屋が軒を連ねて、町内の人のプライベートは筒抜けで、身内の様な付き合いしてた時代だった。

遊びの集団の中に〇〇おでん屋を細々とやっている、知的障害児(A君)持ちの母子家庭がいた。A君の母親は

「自分の息子と遊んでくれてありがと」

と、売れ残りのおでんを神社に持ってくる優しい人間であった。
続きを読む

モアイ像
14/10/06
チリで最悪な犯罪者に絡まれた話。実話です。

これは、南米旅行が趣味だった頃、チリの古代遺跡で有名なとある島に行った時の話。

ある夜、有名な観光地の商店でもの凄いDQNっぽい格好したアジア人の男が、現地の商店で買い物してた少女にしつこく詰め寄ってたんだよ。

んで、明らかに少女は涙目になってて嫌がってるのに、男は大声でなんかまくし立ててんのよ。しかも片方の手をズボンの中に突っ込んで何やら〇〇〇をモゾモゾといじってなさる。
続きを読む