パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

老婆

電話

17/01/18
バイトしてた大学生時分の頃なので約10年程前、今頃の季節の話です。

バイト終わりの夜分に携帯を見ると、見知らぬ番号からの着信が有りました。

080でも090でもない番号なので今にして思えば怪しさ全開ですが、人間関係が加速度的に増えていた時期だったので、最近知り合った誰かだろうと軽い気持ちで折り返しの発信をしました。数コール後に通話が繋がると、しわがれた抑揚のない老婆の声で

「いつお帰りになりますか?準備はできております。」

と。予想外の衝撃に数秒間フリーズし、硬直が解けても

「あ…え?…いや…」

位しか話せず、その間こちらのリアクションを律儀に黙って待つ老婆。
続きを読む

老人

15/12/24
オカルトじゃないけど俺的に不可解な体験だったんで雑談代わりに。

先週忘年会があったんだ。

社長婦人とか、わりと綺麗どころの集まる会なんだが、そこに身なりのいい36歳青年実業家が「俺の婚約者です」と連れて来たのが、どう見ても老婆。

体ガリガリで髪ほぼ真っ白、顔はシワだらけだし、しかも言っちゃ悪いがすっげーブスなんだよ。

あと声がおかしい。何言ってんのか聞き取れない。全然喋んないがたまにボソリと

「ダバボ…(タバコ吸っていいですかと聞きたかったらしい)」

「ボビンブ…(ドリンクお願いという意味らしい)」
続きを読む

誘拐
07/01/21
以前、娘が1歳半ごろ一緒に散歩にでかけた。娘もヨチヨチ歩きで楽しそうだった。

のどが渇いたので、ジュースでも買おうとおもって自販機で立ち止まり、ジュースを取って振り返ると、娘がいない。

半泣きでキョロキョロ見回すと、50メートルくらい先を娘の手を引いて、急ぐ老婆がいた。俺は走って追いかけた。

するとその老婆が振り返り、ニヤっと笑った。
続きを読む

コンビニ
13/03/08
いつものように、仕事場に行く途中、車でコンビニ寄ったんだ。

その仕事場は、初めてで、早めに出て朝食のおにぎりと飲み物を買った。

コンビニの店のまん前の左端に停めた車の中でもしゃもしゃ食べながら携帯いじってたんだ。すると、コンビニの左側面駐車スペースに一台の車が入ってきた。

何気なく、その車をみると、運転席に30代くらいの女と助手席に老婆の二人連れだった。老婆はしわくちゃだったので、親子なのかなあと思った。
続きを読む

扉
553:ネタじゃないよ:03/03/08
むかーし私が小学校2~3年の頃、何度も何度も同じ夢を見ていました。

それは、母の実家に母と二人で帰っていて、母、祖母、私の3人で、家(築100年)の2階の廊下の突き当たりの扉を開けて、棒の様な細く真っ暗な廊下を通って、突き当たりの扉を開けるというものでした。

その扉を開けると、凄く穏やかで、明るい日差しが差し込んだ古い部屋があって、異様に大きく古く、足でこぐミシンらしきものが置いてありました。
続きを読む

カカシ、不気味
15/06/03
出張で大阪から名古屋に向かう途中のこと。

特急電車に乗って車窓を眺めていたら、奇妙な人を見かけた。

線路沿いに戸建て住宅がいくつか並ぶ中、一軒分だけ更地になっているところがあった。

単なる空いている宅地なんだろうけど、そこに、線路に向かってぼうぜんと立っている人がいた。

たぶん老齢の女性。白髪のロングヘアで、白いTシャツに柄物のズボン。顔と表情はよくわからない。
続きを読む

駐車場
12/09/25
車で某ショッピングモールの立体駐車場を利用した時、ふと前をみると不思議な光景がそこにあったんだ。

前方に駐車している黒いワゴン車のフロントに老婆が磁石のように貼り付いて、まるで静止画の様にピクリとも動かないんだ。

なにこれ?と思って車から降りて、そのワゴン車に近づくと…

いきなり婆さんの口からドボドボと血が吹き出て「バンッ!」と大きな音と共に俺に向かって婆さんがブッ飛んで来た。

でも…ぶつからずに俺の身体をすり抜けそして背後の方でドスッと地面に叩きつけられた音がしたんだよ。
続きを読む

不気味
09/02/04
少し前のこと、夜中自分の携帯に何度も知らない番号から着信があった。

知らない番号だしほっといたんだけど、1時間に18件というあまりにもしつこい着信にイライラしてきて怒鳴るつもりで電話に出た。

「もしもしっ!!」

「………ップー、プー(切れた)」

そしたら、出れば切れるの繰り返し…。30分くらいの攻防戦の末、だんだん疲れてきたんで少し冷静になろうと風呂に入った。
続きを読む

病院
13/08/28
実家の近所に精神病院がある。幼稚園児のとき、親に危ないから近づくなといわれてた病院。

事実、塀は高いし30年近く前は木々が鬱蒼と生い茂って、建物はボロい上に日中でも閉門された廃屋を思わせる趣で、爺様に鉄格子のある怖いところだと聞かされていた。

それでも2000年前後から少しずつ改修されたらしく、以前よりは不気味な感じは減って、聞くところによると認知症の年寄りなども受け入れているらしかった。

2011年の秋頃、仕事の関係で丑三つ時に帰宅し、小腹が空いたので病院のななめ向かいに出来たコンビニに行くことにした。
続きを読む