パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

精神的

脳

10/01/19
そういえば、このスレで始めて投下する話なんだが 

若いうちに癌になると、細胞の分裂が早いから腫瘍がすぐに大きくなるの 
2週間前に1mmだった影が、3㎝まで大きくなるとかもある 
患者さんは、30台の女性だった 
脳腫瘍。脳の癌ね。いわゆる 
見つかったときには、患者さんは意識不明の状態だった。 
その人は夫も息子もいて、最悪なことに妊娠3ヶ月の状態だった 
入院して一月経たないでなくなったんだけど、意識不明で2週間ぐらい経ったときだったかな 
意識不明でも尿もでるし、毎日清拭をするんだけど、「臭い」がしてくるんだよな 
肉が、というか、「細胞」が腐っていく臭い。 
死臭って言うんだと思う。 
気にしなければさほど匂わないけど、日に日に強くなっていくんだ 
肉体は目に見えて変化はないけど、アラームの鳴る傍でどんどん四肢が腐っていく感じ 
続きを読む

首吊り

09/09/19
先輩から聞いた話 

先輩や私は船に乗る仕事をしていて、年に一回修理地に入る。 
そこでの話。 

私は入った事の無いドックなんだが、O県にあるところらしい。 
そこは今までにも人死にが多く、渠底への転落とかもあったそうだ。 
そこで先輩は深夜の当直にたっていてヒマを持て余しといた。 
調度舷門小屋にあった二本の索が目に留まり、なんの気無しに輪を二つ作ってみた。 
本当に手遊び感覚で意味もなく作ったんだと。 
続きを読む

犬

08/06/19
人生で一番怖かった一日の話 
当時小学生三年生、家族は自分含め五人。 

まず朝。 
珍しく4歳の妹と一緒に寝て、目覚めて横を向いたら妹が舌を剥き出しにして白目をむいていた。 
妹が南米系統の天然パーマだったことも相俟って世にも恐ろしい形相だった。 
確実に死んだと思ったが、妹いわくただの茶目っ気で反応を楽しみたかったらしい 
安心したのも束の間、本当の恐怖はここからだった。 

日が沈んで夜が濃くなった頃に何時もの如く泥酔した父が帰宅。 
喚き散らした後風呂へ行った。 
すると突然部屋でさっきまでTVを見て笑っていた
小学一年生の妹が白目を剥き泡をふき、首を高速で左右に振っている。 
続きを読む

狂気

11/07/11
俺の友達のTの話。

Tは中学の頃の友達で上京してから偶然会ってまた親しく付き合うようになった。そのTから彼女ができたと聞いた。

彼女がATMにバッグを置き忘れたのをTが追いかけて渡したのがきっかけだという。

1回だけ会ったことがあるが、あからさまな整形女だった。マネキンのような顔でモデルのように細い体に不釣合なほど大きい胸。Tの好みと全く違う女だった。

1ヶ月ほどたってTが彼女と別れたいと言ってきた。

「近くで見ると目とかめちゃくちゃ怖いし、胸も超不自然で触るのも怖いんだよ。」

そんな事はじめから分かってたことなのにな。まぁ、一見すると超上玉だから、ちょっと盲目になってたんだと思う。
続きを読む

怖い

17/03/15
じいちゃんがおかしい。最初に異変に気づいたのは10年以上前、中学生くらいのとき。

ある日、ふと、

「なんかじいちゃん頭でかくね?」

と感じたのが最初。

ほんでちょっと寄り目になってるような…心配になって母さんに相談したけど、母さんにはわからないみたいだった。

なんともないと言われてみれば、たしかになんともないんだけど。

でも、ふとじいちゃんを何気なく見るとやっぱり頭がでかくて寄り目に見えるんだ。
続きを読む

精神的
17/11/22
初投稿します。よろしくお願いします。

私が住んでる家がなんか変なんだ。

いつも誰かに見られてる気配がある。
5分間隔でラップ音が鳴る。
すりガラスの向こうに人の顔が動いてる。

先日、部屋で漫画を読んでたらいきなりカリカリ音が聞こえて、来るなって思ったら窓からぬ~って老婆が出てきて、ヒーヒッヒッヒッヒッて笑い声が聞こえて怖くて気が遠くなった。
続きを読む

精神的
15/07/29
現状確認もしたいから書かせてくれ。

当時実家暮らしだったんよね。俺の部屋はエアコン付いてなくて、暑いからその日はエアコンのあるリビングで寝ることにした。

で、しばらくすると扉の向こうから誰かが歩いてくるのよ。

リビングからはキッチンに行けるから、誰かが水でも飲みにきたのかなって思ったんだけど、扉が開いたとき家族ではないと確信した。
続きを読む

恨み
10/09/07
これは去年の話。横浜にあるキャバクラのヘアメイクをしていて、その時聞いた話なんだ。

キャバクラで働く女の子(仮にAさん)におきた本当の話。

Aさんは20歳になったばかりで、大学に通いながらキャバクラで働いてるという、よくいる女子大生キャバ嬢だった。

「最近、ウザイ客につきまとわれてるから、やめよっかな~」

よくある事だと思った。
続きを読む