パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

精神

winter-650316_960_720

878: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/01/15 03:39
詳細は忘れた、10年以上前にラジオで聞いた話。

2人で雪山登山していたが遭難し、途中で1人が死んでしまった。
なんとか途中の山小屋まで遺体を運び、助けを待つことにした。

仲間とはいえ遺体の側では寝れないので
遺体から離れた場所で眠りについた。
続きを読む

galaxy-2880359_1280

872: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/07/14(火) 03:42:28 ID:rVyosekYO
今ブラックホール見てきました。夢じゃないです、ちょっとびっくりして焦ってます
ブラックホールって言われてるけど青色で螺旋状にグルグル回ってました
最後?はブラックホール本体が螺旋状に消滅してましたけど

自分は側で見てました
続きを読む

ヒトコワ

388:本当にあった怖い名無し:2009/02/17(火) 23:10:51 ID:1KOddtF20
投下していい? 
大学で心理学を専攻してたんだ。 
その時のゼミの先生の話なんだけど、この話に幽霊とかその類は一切出てこない。 
先生からその話を聞いた日はゼミの後に飲み会を開くことになってて、
ゼミが途中から人の心理に関する他愛もない雑談みたいになってた。 
続きを読む

精神的

664: 本当にあった怖い名無し 2009/05/20(水) 02:03:09 ID:feYkT/1X0
おばあちゃんは従兄弟の家に住んでいたんだ 
嫁にいじめられていて、同い年のいとこ(おばあちゃんをいじめていた嫁)もおばあちゃんをいじめていた。 
お年玉もらってもお礼も言わず、言葉もかわさない。その子の兄もおばあちゃんを無視していた。
おばあちゃんは、家の炊飯器やポット、冷蔵庫などの電化製品を使わせてもらえず、6畳の部屋に自分用の電化製品をおいていた。 
続きを読む

精神病

433: 本当にあった怖い名無し:2011/04/29(金) 16:31:20.05 ID:fceHb6hN0
自分今大学一年なんだけど、中二くらいから夢を見ているみたいな感覚なんだ。 
それまで生きている!って感覚がしっかりつかめてたのに。 
だんだん意識がボヤボヤしてるような、自分視点の映画見てる感覚になってきんだ。 

自分が見るものとか、触るものとかがすごく遠くにあるかんじ 
続きを読む

落下する人間

23: 本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 16:23:56 ID:nrzOXBoi0
髪の毛が無い…で思い出した小学校の頃の話。 

クラスの人気者のAは家庭環境が複雑だった。 
だけどAは性格がよく、明るく礼儀正しく、挨拶もきちんとする子で 
クラスメイトだけじゃなく、先生や親からも評価が高かった。 

そんなAは中学に上がっても、やっぱり皆の人気者だった。 
生徒会長を務めたりと、Aのまわりには男女問わず、いつも人がいた。 
2年だったかの冬休み明け、Aは顔が真ん丸になっていた。 
続きを読む

子供

11/05/19
小学校低学年の時のこと 
うちは母と姉と俺の3人家族で母は看護婦で夜勤が多く 
その日も夜勤で帰りが11時過ぎになると言われていた。 

母が夜勤の日は近所のスーパーで好きなものを買って 
食べる事になってるのでスーパーで買物をしていると小人がいた。 
小人と言ってもいわゆる小人症のおじさんで小学校低学年の自分より 
身長の低い大人がいることにびっくりしてまじまじと見てしまった。 

その視線に気がついたのか小人のおじさんが俺に近づいてくる。 
うわっと思って逃げ出したが振り向くと小人のおじさんがいる。 
スーパーの中で鬼ごっこしてる感じで逃げてたけど疲れて 
ついに小人のおじさんに捕まってしまった。 
怒られるかなとビクビクしていると小人のおじさんが 
続きを読む

蔵
05/09/07
地元の話。

私の実家の近所にある旧家、T家は地元でも有名な伝統ある味噌屋です。田舎ですが、それこそ何代も続いているような由緒正しい家柄のようです。

そこに、30歳くらいの長男がいるんです。私は全然面識はないけど。

もう7~8年前に、そこの長男が狂ったんですよ。というか、正確に言うと7~8年前にそこの長男がおかしくなっているのを見たんです。

確かそんなに遅くない夜でした。私はスーファミをやってたんです。そしたらどこからか
続きを読む

孤独
15/05/15
この間、同じ職場のEさんという人が退職していったんです。

彼女は30代後半。色白で華奢でとても綺麗な人でした。彼女は私と仕事をしている間に一回離婚して、そしてその数ヶ月後に違う男性と再婚をしました。(なので一回名字が変わった)

私はすごく親しくしていたわけじゃないんですが、彼女が退職する時、昼休みにちょっと呼び止めて。

「そういえば、どうして突然退職することにしたの?再婚した旦那さんが転勤とか?」

「ううん、旦那は転勤はないの。自営業だから…」

「あ、もしかして赤ちゃん?おめでた!?」

続きを読む

洗脳
16/07/21
恋は盲目みたいなこというけど、自分もそうだった。

ある女の人を好きになってから毎日その人のことを考えて送ったメールを見返して変なこと送っていないか考えたり、みたいな感じ。よっぽど下手な宗教より妄信してた。

何ヶ月かたって一層そういう感覚が強くなって、お願いされれば何でもする勢いだった。大金だろうが惜しまず渡して、言われれば有給もがんがん使って会いに行った。

今考えると自分でも不思議な感覚で、いくら付き合った人でもそこまでのことはしたことがなかった。
続きを読む
×