パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

祟り

大工

09/08/09
まだ実家にいた頃不思議な夢を見た。 
神社の鳥居みたいなのに向かって真っ暗な坂道を家族4人(父母妹俺)で歩いていってる。その道の途中で父が急にその場に座り込んで進まなくなってしまった。俺と妹が腕を掴んで引っ張るが効果なし。声をかけても聞こえていないようだった。
母と妹とどうしようって相談していたら父はその場から消えてしまっていくら探しても見当たらない。
仕方なく3人でその鳥居まで歩いていくその途中で目が覚めた。
変な夢だなぁと思っていたがいつの間にか忘れていた。しばらくして父が神経の病気を患い、仕事が全くできなくなった。 
続きを読む

注連縄

18/03/16
小学生の頃、聞いた話なんだが、記憶がうろ覚えですまん。

昔、両親の友人が大きい白蛇を見つけ、飼育してた鶏を飲み込もうとしていたところ、鶏を助けるため白蛇を殺した。

その夜、殺した白蛇が夢に出て来て、

「お前をいたぶって(?)殺す」

と言われたそう。

その友人は、病気不明の下半身が動かない症状が出て、その後苦しみながら亡くなった。と、両親から聞いた。
続きを読む

池
08/06/27
これは俺が中学2年の頃だったんだが、同級生に5人の仲の良い友達がいた。

夏休み、部活もサボりたい時サボれたので、水泳部ではなかったがプール等に毎日のように通っては遊んでいた。

だが、毎日同じことをするというのも飽きてくる。んで、Nという奴が山登りにいくことを提案。

このNという奴は霊感のある奴だと前から噂が流れてて、俺達はそのことについてからかったりしていたがNは霊の話になると、まず冗談を言わなかったので、その話は暗黙の了解でタブーになってた。(場がシケるため)
続きを読む

田んぼ
06/04/24
オレは学生なのにいつも深夜3時ぐらいまで2chをして、それから風呂へ入り4時ぐらいに寝るという生活を送ってきた。

その日も風呂から上がり寝床についた。ふと自分の部屋の時計をみると深夜の3時49分だった。

それから寝ようとしてまぶたを閉じたが全然ねむれない。眠れないので水を飲みに行こうと思い、まぶたを開けてベッドから起きあがろうとしたが、まぶたが開かない。体が全然動かない。

オレは金縛り初体験だったので「金縛りきたーっ!」と思い少しうれしかった。体が動かないしまぶたも開かないので寝ようとしたが全然眠れない。
続きを読む

ミイラ
08/02/13
もう20年くらい前になるかな。

ある日実家の父から電話があった。先日祖父の法要で田舎(父の実家ね)に帰ったとき、仏間で面白いものを見つけたから見に来いという。

実家まで車で30分ばかりだし、俺はさっそく行ってみた。

父は他の家族の目をはばかるように俺を手招きすると奥へ向かった。そして卓の前に座ると古そうな木の箱をとりだした。
続きを読む

田和山遺跡
13/09/21
田和山遺跡(たわやまいせき)は島根県松江市にある約50mほどの丘陵(きゅうりょう)にあります。

1997年、市立病院移転のための候補地となり調査が行われたところ、せまい頂上部分を囲むように三重の環濠(かんごう)が掘られていることが明らかになってきました。

このため神話の里、島根の住民の間で遺跡保存の運動が起こり、開発を強行しようとする市側と争いになり、裁判にまで発展しました。

ところがわずか2ヶ月の間に、開発を主張していた市長、開発派の市議3人、そして開発が始まれば確実に工事を担当すると考えられていた建設会社の会長が急死したのです。
続きを読む

桜
14/05/31
もうそろそろ年数たって時効だから話させてください。

俺の祖父母(父方)の家は田舎にあって、日本家屋って感じで古くからあるけっこう大きい家なんだ。俺はその家をじいちゃん家って呼んでた。

じいちゃん家には蔵みたいなのもあったりして、親戚の歳が近い子とよくお宝っぽいものを集めて宝探しとかしたり、そもそもの家が広いから家の中でかくれんぼしたり、子どもにとっては退屈しない楽しい家だった。

それだけでもすごいんだけど、それに加えてじいちゃん家には広い庭があって、その庭には立派な桜の木があるんだよ。

しかもその桜が本当にきれいに咲くから、親戚はこぞって春に桜が咲く頃じいちゃん家に花見しに来てた。
続きを読む

神社
12/07/27
地元の神社はさびれてはいたが、まだ地元商工会支援のもと、村祭りがとり行われたりしていた。

ただ過疎化を食い止める事は難しく、年を追うごとに祭りも貧相な物になっていったんだ。

神主もいない村の鎮守(ちんじゅ)の神様だし、いっそつぶして公民館にでもするかという意見も出たが、そうした商工会の若手からの意見は、村の古老が反対して結局通らなかった。

町議会議員の息子、地元一の秀才で、東京の私大の歯学部を出て地元に戻って来て、歯医者を開業していた奴が、同じ中学の2コ下の後輩だったんだが、こいつが神社のそばに住んでいた。

公民館になればテニスコートを使いたい放題だって考えた(公民館に併設されるテニスコート)
続きを読む

鳥居

14/11/05
嫌な話で申し訳ない。

二十年ほど前、当時俺は大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していたときだった。その時はいつも帰省時に通ってる道とは別の道を通っていった。

見渡す限りの山や田んぼに囲まれた、いかにも田舎って感じの道をしばらく運転していたとき、少し先の山の入り口みたいなところに赤い鳥居が建っているのを見かけた。

とても寂れた雰囲気がよかったので、車を停めて、ぶらりと立ち寄ってみることにした。赤い鳥居をくぐると、勾配のきつい石段があり、山の上の方まで続いていた。
続きを読む

人形

自分が小学生のとき体験した話です。

小学校の裏に小さな山があって、そこには地元では有名な神社があり、学校の帰りにいつも友達とかくれんぼなどをして遊んた。

日が暮れてかくれんぼも終わり、友達と集まっていると、ふと神社のお賽銭の箱の隣あたりに古い女の子の和人形が置いてあることに気づいた。今考えたら供養か何か意味のある人形だと思う。

友達と「こえーなぁ~」とか言いあっていたのだが、俺が友達に勇気を見せてやろうと、その人形に石をなげたのだが、なんと一球目が見事命中。

あろうことか、人形の顔面のど真ん中にあたり、カパッと人形の顔面が外れ、人形の中にスポッと入ってしまった。
続きを読む