パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

瞬間移動

ハエ

103: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 19:51:19.62 ID:vChEoY0o0
昨日、家の中で直径1.5㎝はある巨大なハエに付きまとわれ
なかなか叩き潰せずにイラついてたら
そいつが自分から網戸に張り付いてくれた
続きを読む

ブエノスアイレス

77 名前:実際にあった話1[] 投稿日:2009/03/28(土) 20:58:14 ID:xNHmtPNFO
1968年6月1日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの郊外を2台の高級車が走っていた。
その夜は深い霧が立ち込めており、後ろの車には弁護士のビダル夫妻が、前の車にはその友人夫妻が乗っていた。
続きを読む

家

944 :本当にあった怖い名無し:2009/11/01(日) 08:55:50 ID:IcTiKQvlO
小さい頃私が使ってた子供用布団はときどきワープした。
母親に朝起こされるときに布団をかけておらず、布団は変な場所にあっていたりして。
「ちゃんと布団をかけて寝なさい。今度はどこに布団を隠したの」
と理不尽に叱られたことが何度もある。
…布団が勝手に隠れるんだからそんなこと言われても困る。
続きを読む

動物の骨

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/09/24 22:40
聞いた話。
ある人が切り倒した木を寸断していると
木の中に空洞があり、その中に獣の骨が一揃い入っているのを見つけた。
続きを読む

夜の山道

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/05/06 05:35
私が学生だった頃の話です。友人達と4人で徹夜ドライブを 
した時、明け方位、いやあたりは明るかったので、早朝だったと 
おもいます。私達は道に迷ってしまい、地元の近くの筈なのに、見た事も無い 
田園風景がひろがっていました。
続きを読む

水

74:本当にあった怖い名無し:2011/01/19(水) 00:33:27 ID:LppH3KJc0
これは俺が体験したことじゃないんだが一つ。正直錯覚だろうと思っている。 
弟がある日悲鳴上げて、「水が!!」と馬鹿声あげるもんだから母親と見にいった。 
弟が「水が落ちてきた!」って手を見せてくるんだけど、何もない天井から水が落ちて来る訳もない。水もついてない。本人いわく「乾燥しちゃった」。 
続きを読む

森林、道

53: 本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 15:10:41.04 ID:WucSLRV10
通学路で思い出した。 
小学校の頃、学校に15分ぐらいかけて通っていたんだが 
正規の通学路ではない近道を通ると5分で行けた。 

いわゆる家と畑に挟まれた荒地なんだが、そこを通るとびっくりするほど早い。 
ただ、入る時出る時挨拶する、ホントに時間がない時だけ使うという条件があった。 
続きを読む

廊下

61:本当にあった怖い名無し:2012/02/21(火) 23:16:10.21 ID:MGHmy6bdO
卒アル見てて、思い出したので書かせてください。 

小5か、6年の時に音楽室で音楽の授業中に杉山くんのズボンがいきなり水没した事がありました。 

「お漏らしじゃない?」と、思われるかもしれませんが「ジョワー」と、いう感じより
股間で水風船が破裂したようにいきなりバシャッ!と、水没したんです…
科学的に調べたわけではありませんが嗅いだ限りではおしっこではない液体だったし、
小学校高学年だったし… 
続きを読む

夕日

842: 本当にあった怖い名無し 2009/12/11(金) 13:47:13 ID:Misr115ZO
PC規制中。携帯からなので、少し読みづらくても勘弁。 
夏冬に思い出す昔のこと。 
当時は小中学生だったかな。 

幼なじみの飼い犬が行方不明になったんだ。 
その犬が生きたまま見つかることはなかった。 
しばらく後に、線路に動物の前足が落ちてるのをたまたま俺が見つけただけ。 
幼なじみの犬の足にあった特徴がそのまま残っていた。 
子犬のころの骨折が原因で骨が曲がってるのと、毛色ね。 
その足は友人宅の庭に埋められた。 
足の上には墓碑代わりに木が植えられた。 
続きを読む

エニグマ

598: 本当にあった怖い名無し 2009/12/01(火) 05:56:44 ID:mspR2NR/0
初めて書き込みます。よろしくお願いします。 

私が小学校低学年も低学年だったころ、近所に一軒だけ空き家がありました。 
平凡な平屋の空き家です。 

ある日の昼下がり、近所の建設会社で働くよく見知ったおじさん達が空き家から出てきて 
鍵をかけずにそのまま車で走り去っていくのを見た私は、探検仲間である幼馴染の家へ走り 
「あの空き家に入れる!探検しよう!」と誘い出して、すぐに二人で空き家へ向かいました。 
続きを読む