パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

登山

崖
13/01/20
白神山地は熊の湯温泉の主人の話。

ある日の夕方、この熊の湯温泉の主人のもとに「山菜採りが滑落遭難した」との一報が入った。

主人が現場に駆けつけると、すでに地元警察や救助隊が駆けつけており、サーチライト点灯の準備をしていた。

そしてその横で、まだ五十手前の男が泣きながら

「早く女房を助けて下さい」

と懇願していたという。
続きを読む

屋久島
15/06/17
俺の体験を語ってみる。

俺が正直怖いと思ったのは、以前、屋久島の原生林の中で、おかしな物を見た時の事だ。

屋久島にいくつかある登山道は、いずれも「~歩道」と名がついているけど、実は歩道とは名ばかりで、とても登山道とは思えん獣道のような踏み跡を、かろうじて見える赤テープを目印に辿っていくような道だ。(有名な縄文杉や宮之浦岳への縦走路は除く)

本当は荒廃しているというよりも、植物の生育が異様に早い屋久島特有の生態系のせいで、人通りの少ない保守されていない登山道は、すぐに朽ち果て埋もれてしまうという事らしい。
続きを読む

山、女性
15/07/04
今三年ぶりくらいに高熱が出て、療養にも飽きて暇なんだ。

趣味といえば単独で山に登ることくらい。あまり大きな声では言えないけど、廃墟巡りとかね。

数年前のことなんだけど、その日もいつものように自宅からクロスバイクを使って、山の入り口ギリギリまで行きザックを背負って入山。

二時間くらい歩くと、山道がやや険しくなる。人も全くいない。道標となる樹に結びつけられた赤いテープも、倒木と共に行き先を不明瞭にしてる。
続きを読む

山、霧
06/11/22
俺は登山好きなんだけど、百間平(ひゃっけんだいら)周辺を通るたびに、毎回すげぇ濃い霧と雨にやられる。

90年の秋かなぁ、3人で縦走してたんだけど、そん時もすげぇ濃い霧だった。だだっ広いし、積み重なった石の原っぱみたいなとこだから、マーカー探すのも苦労した。

何も見えなくてすげぇきつかったし、寒くて、サイの河原の中を延々歩く感じ。

途中で、メンバーの一人が急にバテ出して吐き気を訴えたから、小さなケルンのあるとこで小休憩をとることにした。
続きを読む

山
06/11/04
私は登山が趣味で、一人でもあちこち行くんですが…

縦走中、登山靴の底がぬけてしまい、下りがかなり遅れて日が暮れてきてしまいました。

本当は下山箇所の環境センターから夕方発のロープウェイに乗って帰宅する予定だったのです。

自分のクマよけの鈴だけがカラン、カラン、と辺りに響いてすれ違う人もなく、寂しい岩場を一人で降りていきました。

辺りが真っ暗になったころ、ようやく下山まであと1キロの温泉場に到着。
続きを読む

ロープウェイ
06/11/01
昨日の遭難のニュース。

六甲山にグループで遊びに行った帰り、ロープーウェーの切符をなくしたからと、男性1人が歩いておりようとして行方不明。友人らが300人体制で探すも見つからず。

24日後の昨日、ロープーウェー乗り場から600m離れた場所で発見。意識不明の重態で入院中。何があったのかはわからない。

何がどうしてこういう事になったんだろう。
続きを読む

雷
06/11/15
去年コロラドに旅行に行ったときに、ロッキー山脈の、ある山を登頂しようとして朝早く出かけた。

お昼過ぎに頂上付近に着いたら雷雲がこっちにきてしまい、すぐ降りるか立ち止まってるか選択を迫られた。

だけど、ちょうど雷雲と同じくらいの高度だったんで、あきらめて金属類を道の脇に置いて、少し離れたところの岩場の下でタバコ吹かしてじっと通り過ぎるの待ってた。

かなり怖かったよ、たまに近くで帯電する音が聞こえたりして。
続きを読む

山
12/08/11
先週本当にあったこと。ようやく気分が落ち着いてきたので書いてみる。

山歩きに興味をもって地元の山をいくつか経験後、隣県の山に初チャレンジ、登山というよりハイキング、ウルトラライトトレッキングというやつだ。

一応最低限の装備は用意している。大雨の後で、すべりやすい岩石の多い山だった。

初めての山だったし無理はしないタチなので、頻繁に休憩を入れながらのんびり上っていた。後から登る人に抜かれても気にしない♪

大雨は去ったものの、空には暗雲がたちこめて辺りは薄暗い。天気予報は「くもりのち晴れ」だったのだが山の天気は変わりやすい。
続きを読む

のっぺらぼう
12/09/02
以前勤めていた会社で、年配の女性社員の方から聞いた話。その人が若い頃のことなので、今から数十年も前のことなのですが。

休暇で友人と旅行に行ったときに、ある登山グループの一行と出合ったそうです。一行は7人(ちょっと記憶が怪しいです)の若い大学生のグループで、そのうち女の子が1人だけいたそうです。

登山グループと女性社員のグループは電車の席が隣り合わせになったので、しばらく楽しく談笑したり、お菓子をあげたりして過ごし、降りるときには

「じゃあ気をつけて行って来てくださいね」

と、明るく手を振って別れたそうです。
続きを読む

夜
09/05/26
嫁が通ってた小学校であったという話。

そこでは6年生が林間学校と称し、観光地とは程遠いド田舎に行かされる。その日の日程では、昼間は登山、夜はお約束の肝試しが組まれていた。

小学生が教師に連れられ山を登っていると、道のわきにある岩に一人の老人が座っている。体は道の反対を向き、顔だけを道の方に向けて、ニコニコと子供達を見つめている。

その笑顔は翁(おきな)の能面に似ていて、とても優しそうだった。礼儀正しい生徒がその横を通り抜ける際、
続きを読む