パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

病院

心霊番組

316:百物語まとめサイトより:2007/05/12(土) 04:48:39 ID:8eI8EYg00
第十四話『地方TV局』 
99 : ◆KrithSk2m6 :2006/12/17(日) 00:03:24 ID:0x7Rvhd10 

ある地方局の情報番組で、心霊現象や心霊スポットの謎を検証するコーナーを製作していた時の話だ。 
毎週ローカルアイドルの3人組が心霊スポットを訪れ、その恐怖を身をもってレポートするという内容で、 
地方情報局番組の一コーナーとは思えない高視聴率を記録していた。 
その日も3人のアイドルは心霊スポットである、廃墟となった病院へ撮影に向かった。
続きを読む

病院

964: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/09(日) 20:17:09.26 ID:SnH6yZ8P0
知人が医療系の仕事をしている。 

詳しくは忘れたけど、寝たきりの老人を預かってリハビリをする施設で働いている(老人ホームではない)。 
毎日リハビリをして、老人が家族の元で支障無く生活できるくらいまで回復させることができた。 
続きを読む

手術

125: 本当にあった怖い名無し 2012/05/07(月) 20:21:14.89 ID:f5yYP6fb0
腹腔鏡下外科手術の失敗で自殺してしまった男性の例も後味悪かったな。 
へたくそな医師に腸を傷つけられて排便のコントロールが全く出来なくなってしまい 
夜は何度もトイレに起きて熟睡できないとか、 
いつ粗相をしてしまうか分からないので外出する時は前日から絶食とか。 
毎日トイレと部屋の往復で仕事もできなくなり手術した病院の前で焼身自殺した。 
裁判で一応病院側の過失は認められたんだけど医師のミスについては曖昧なままだった。 
続きを読む

胎児

545: 自治スレでローカルルール他を議論中 2010/10/30(土) 15:54:42 ID:nKPJpSol0
あーバイト疲れた。

今、のど自慢番組観てて思い出した話。たいしたインパクトも無いからどうでもいいかもしれんが 

読者から投稿された笑える体験談を寄せ集めた本に載ってた話 
投稿者の女性はお腹が膨らんで腫れて、妊娠かと思って病院へ行くんだけど、医者からは「悪性の腫瘍」みたいに言われる 
続きを読む

暗い部屋

757:1/3:2006/04/21(金) 04:28:25 ID:jONw0oF30
大作の後で書きにくいですが・・・ 

 よく、死ぬ直前に視界が暗くなるって言いますね。ドラマとかでもたまにそういうシチュエーションがあります。 
 あれ、正直ガチです。体験しました。 
 自分、肝炎なんですね。疲れやすくって「おかしーなー」とか思ってたら、そのうち起き上がることも出来なくなって、救急車で病院に行った時にはもういつ死んでもおかしくない状態。血液検査で総ビリルビンが10を越えてるって言ったら分かる人には分かるかな。 
続きを読む

脳

13/01/03
もういっちょ実話系(ロボトミー) 

昭和33年6月5日、坂本一仁は河口湖畔で生まれた。 
銀行員だった父親は仕事と家庭を放り出して行方がわからなくなっていた。 
母岩瀬幸子(24)は一度は一仁を堕ろそうとしたが、割烹旅館で働きながら一仁を産んだ。 
生後3ヶ月の頃、母は上京し、新宿のクラブに勤めた。 
一仁は甲府の祖母と2人で育った。 
母は学齢になったら一仁と暮らすのを夢見ていた。 
母はホステスをやめ、池袋でスナックをやっていた。 
続きを読む

悲しい

05/06/21
漏れが消防の時の実話だが、 
母親が地域の文化向上のボランティアをしていて、
仲間の中にウチにも良く遊びにくる、大学出たばかりのお兄ちゃんがいた。 
気さくで優しく、漏れも大好きだったが、ある時バッタリ来なくなった。 
それで、後から聞いた話。
体調が悪いので医者に行ったところ、いきなり睾丸ガンだと言われたという。
急いで入院して、丸ごと切除すれば、命は助かると。 
続きを読む

怖い

15/09/05
10年以上前の話ですが・・・ 

大阪の某公園で、足を骨折して入院した時の出来事です。 

その病院は、夜9時に消灯する所で(初入院の為、他の病院の消灯時間は知りません。)とりあえずベッドに横になってた訳ですが、少し?経ってから足音が聞こえてきました。 

看護師さんが見廻りしてるんだなと思っただけで、気にはしてなかったのですが、ドアの開く音がしてないのに足音が近づいてきました。 
続きを読む

狂気

10/07/13
自宅から2キロ程度離れたところのお医者へ祖母を迎えに行った時の話。 
祖母は最近足腰が弱ってきたので、痛み止めのための注射を掛かり付けのお医者へ行って打ってもらっている。 
私はその日祖母を病院へ送ってから買い物へ行った。 
10時30分に予約してあって帰りは12時くらいになるかもしれないと言っていたから、十分に余裕を持って買い物ができる。 
本屋で雑誌を立ち読みしたり薬局で薬やサプリメントを買って店を出ると11時40分を過ぎていた。 
お昼ご飯にたこ焼きでも買っていけばちょうどいい時間に病院に着けそうだ。 
続きを読む