パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

異様

赤ちゃん
12/09/12
今日、電車に乗ってちょっと遠出した。で、買い物したり人に会ったりして、夕方に帰りの電車に乗ったときの話。

座席に座ってると、後ろから

「あーー」「あーーーーー」

って声がする。なんていうか、子供の声とおっさんの声の中間みたいな気持ち悪い声。

気になって振り向くと、2~3歳くらいの子どもをおんぶした若い女の子が座席で携帯いじってる。その子どもがたぶんあーあー言ってるんだけど、まったく気にもとめてない。
続きを読む

視線
15/08/02
先日、何気に喫茶店に入った時の話なんだが。

ガラス扉を開けると、カランコロンと音が鳴る。2~3歩中へ入った時、店内にいた客が全員こちらを振り向いた。

サラリーマン風の男性客、OLらしき二人組、商談中らしきビジネスマン3人、他4名ほど。全員がこれまでの会話を中断して、いっせいに俺の顔を見つめている。
続きを読む

LSD,game,人
16/10/08
おっさんになった今でも、ひとりでエレベーターに乗れなくなったトラウマ投下。

中学生の時、つるんでた藤沢って奴がいた。共に反抗期で、よく夜遅くまで目的もなくぷらぷらと出歩いていた。

ある日藤沢の親が出張で帰らないと聞き、泊りに行くことになった。その日も夜中まで外をウロつき、腹が減ったので帰ることにした。もう24時は過ぎてたと思う。

藤沢の家は高層マンションの10階だった。高層マンションといっても作りは古く、オートロックなんてない汚いマンションだった。
続きを読む

真夏
16/07/20
十年以上前になるけど、夏になると今もふと思い出してしまう、ちょっとぞわっとした話。

当時自分が住んでたのは、山すそのぶどう畑と林に囲まれた、某企業の広大な敷地を縫うように、工場の施設や社宅が点在する田舎町だった。

隣市に続くバイパス沿いまで行かないと大型のスーパーもなく、潰れかけた個人商店が数軒あるだけで、コンビニに行くにも自転車で10分はかかるという過疎地。

その日、たまたま猫のエサを切らしてしまい、真夏の炎天下に自転車なんて漕ぎたくなかったけど、可愛いにゃんこたちのためならば仕方がないと買い物に出掛けた。
続きを読む

夜の住宅街
14/01/02
10年くらい前の話。

深夜1時過ぎ頃だったか、寝ていたら「カーーーン」っていう金属音で目が覚めた。何だろう?と思っていると、また「カーーーン」。

30秒おきくらいに外から音がする。金属の棒を叩いているような感じの音。不思議に思って起き上って窓から外を見た。

寝室は道路に面した2階にあるのだが、しばらく外を見ていても音の出所は分からず。うちは静かな住宅地の中にあって、夜遅いし車も人もまったくいない。

…と思ったら、道路を挟んで3軒向こうの家の前の道路に立っている人影を発見。男性が、街灯の黄色っぽい灯りの下でうつむき加減で立っている。
続きを読む

シャワー室
13/09/10
屋内プールで働いていた頃、営業が終わりシャワー室の点検に行った。

シャワーの個室はカーテンで仕切られ、地面との隙間は15㎝くらい。その隙間から足が見えた。「終了の時刻となりましたので」と言いつつも異変を感じた。

カーテンは薄手でシルエットがわかるのに、体の影がない。足が見えてるだけで、よく見ると異様に青白い足。

混乱していると真後ろから
続きを読む

学校の怪談、ドアスコープ

11/08/27
俺が小学校高学年ごろの話。

夏休みが終わってから同じクラスに登校しなくなった女子がいて、顔を見なくなった。

新しい教科書を渡してほしいということで、集団登校が一緒だった俺に頼まれた。要はちょっと様子を見てこいということだったんだと思う。

もう夏が終わりかけていて、その日はもう太陽が沈んでいたのでちょっと涼しい風が吹いていた。

その女子をA子としよう。A子は以前からわりとひかえめで、それまで一緒に遊んだりしたことがなかった。

あまり目立たない感じではあったがイジメを受けているわけでもなく、友達をつくるぐらいの要領は持っているような、静かなタイプの女子だった。
続きを読む

炎

13/11/02
営業で住宅地を回る事が多いんだが、昼休みは適当な店に入って食事を取る。その日は、大きめな交差点の見える喫茶店でのんびりしていた。

ふっと交差点を見ると、黒い影が交差点を歩いていた。それに対になる人はいない、人影だけなんだけど、形は非常口の人影にそっくり。

何だろ……と見守っていたら、人影はくるっと方向を変えて猛スピードでいなくなった。霊……にしちゃ、変だなぁと思ってしばらくすると、消防車が大量に人影の向かった方に走って行った。

それから四回、人影に遭遇するたびに消防車や救急車が人影と同じ方角へ向かった。
続きを読む

不気味

418:
本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/09/14(月)13:15:32ID:AVblIAaP0
本当の話です。というより、現在進行中なんですが・・・。

私は今まで幽霊どころか不思議なことすら体験したことがない人間なんですが、最近どうもおかしなことが続いているので書き込みします。

事のほったんは、夫が風邪をひいて寝込んだことから始まりました。今年の7月の終わりの土曜日、2人で出かけていたのですが、夜、帰ってくるなり「頭が痛い、寒い」というので、早く寝かせました。

最初熱をはかったときは微熱だったのが、3時間ほどたつと39度以上に上がってしまいました。
続きを読む

奇妙、少女

545:
話し手[]投稿日:2011/05/15(日)04:11:19.30ID:Assd7la10
15年程前の話。

オレはその頃名古屋の大学に通ってて、一人暮らしをしてた。

親には無理言って一人暮らしさせてもらってる手前、そんな仕送りも要求できないので、割のいいバイトを探すことにした。

大学入っていろんなバイトを転々としたんだけど、これといっていい条件のバイトに恵まれず、一人暮らしを諦めようかと思ってたところに友人から「とあるバイト」を紹介された。
続きを読む