パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

田舎

田舎
15/07/29
法事で実家に帰った時、叔父と二人で飲んでいたら、この家にも昔は変な習慣があったんだよ、って酔っ払いながら教えてくれた。

それと関係あるのかわかりませんが、うちの家系は祖母が言うには領主様から一定の地域の※生殺与奪の権利(せいさつよだつのけんり)が与えられてる家だったみたいです。

※生殺与奪の権利(せいさつよだつのけんり)とは、他人に対して「生かす」か「殺す」かを選択できる権利のこと。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/生殺与奪の権利
続きを読む

海、岩
11/05/26
じゃあ。ガチ実話投下。俺が小学校低学年の頃の話、つってももう30年以上前になるけどな。

東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。

海辺の生き物を探して無意味にいじくってみたり、釣り人にエサを売りつけて小遣いもらったりと、まあ、無邪気に遊ぶ毎日だったよ。

しかし、かくれんぼだけは海の近くでやってはいけないと周りの大人からきつく言われていた。
続きを読む

中国
09/08/18
俺はある機械メーカの技術者なんだけど、うちの機械は世界各国の工場でも使われている。

で、すえ付けや調整、指導なんかで1ヵ月ほどそこに出張というのが年に1、2回あった。

これは最近、近所の大国へ行ったときの話なんだ。

機械を買ってくれた工場は、発展している沿岸部からそう遠くない所にあった。でもすんごい田舎で、大きな工場の周りにはほとんど何もないような所だった。
続きを読む

田舎の家
10/04/09
ずっと入院していた義母が他界したので義弟夫婦と夫の四人で義実家の整理に行った。

隣の家まで歩いて10分というど田舎。電気も水道も止めてもらっていたので、色々手続きが面倒だった。

私と義妹で家の片付け、夫と義弟がご近所さんへのあいさつ回り。

昔庄屋だった義実家は、戦前は何人も奉公人が住み込んでいただけあり部屋数も多く、とにかく広い。
続きを読む

夜の山道
10/04/24
ちょいと一つ挟みますよ。

俺は小学1年の夏に引っ越して、ど田舎の小学校に転入した。

引っ越す前までは気ままに過ごしてこれたんだけど、引っ越してからはよそ者ということもふくめて周囲から浮いてしまい、アウェーな生活を送っていた。

そんなこんなで同じ年の冬。地域のマラソン大会の選手を選ぶためのマラソン練習が始まった。
続きを読む

家の中
15/11/10
僕が小学生の頃、毎年お盆やその他の行事の時に田舎にある父方のおばあちゃんの家に家族でよく帰省していたんです。

親戚一同いつも同じ時期に帰省していて、お盆という事もあり僕と僕の家族の他に親戚が全員来ており、いとこが4人来ていました。

いつも家に着いてからみんなでDSをやったりいろんな遊びをしていたんですが、ふとかくれんぼをする事になりました。

おばあちゃんの家は元々宿をやっていたなごりでかなり広く、おじいちゃんとおばあちゃんの二人だけではありあまるぐらいの広さなので、かくれんぼをするにはもってこいでした。
続きを読む

時空
17/09/29
この話、なぜかわからないけど意識しないとすぐ忘れそうになるので記録するという意味でも投下させてください。

独特な内容なので地元の人には特定されると思う。でも別に構わない。

パラノーマルちゃんねるが好きでよく時空系の話をみてるんですが、そういえば自分にもそんな体験があったなと思い出した。

子供の頃自分の家から見える景色が何度か変わったことがある。でもそれを認識していたのは自分だけだった。

階段の途中にある窓から見える景色。小学生の頃は畑が見えていて外から明かりが入ってきてて、階段がとても明るかった。
続きを読む

柿の木
13/02/26
親友が祖母から聞いたという話。

友祖母は若い頃長野の方の田舎で病気がちな母親と住んでいた。その家の庭には大きくて立派な柿の木があったらしい。

で、ある秋の夕暮れに、縁側でお茶を飲んでぼーっとしていた時、ふと柿の木に目が行った。

別になんてこともなく熟れ始めた柿の実がいくつかなっているだけだったのだが、妙な事にその枝を見ていたら急になんだかその木で首を吊って死んでみたくなったのだと言う。
続きを読む

町内放送
08/12/06
おれの住んでいる地区では徘徊老人や迷子が出ると役所が街頭拡声器で放送を流す。

「〇〇歳の男性が、××時から行方がわかりません。背格好は…」

とかそんな感じ。見つかると、

「先ほど放送した男性は、無事発見されました」

というような放送が流れる。

冬になると毎年風物詩のようにこの放送が流れるんだ。
続きを読む

人魚
13/11/09
昔、漁村では、漁村の出身者同士が結婚するのが一般的でした。生活習慣や価値観が山村とは異なるためです。

村のAさんは、内陸の村に造船の交渉のためおもむいた際、村の娘さんと良い仲になり、お嫁さんとして迎えることになりました。

Aさんは男前で体が立派でたくましかったので、ねらっている娘たちも地元の村にも少なからずいて、残念がられました。

結婚して、こどもが生まれました。長男、長女と生まれて、次男が誕生。みな、元気に育ちました。昔は乳児死亡率が高かったので、めでたいことでした。
続きを読む