パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

田舎

溺れる
12/04/18
小さい頃、夏におばあちゃんの家に遊び行ったんだけど、子供は自分だけで退屈だった。

凄い山奥に家があるのでカブトムシとかクワガタ取り放題で、しばらくはホクホクしてたんだが、だんだん飽きて近くの小川に行ったら、かすみの着物を来た子供に遭遇した。

"めずらしい格好しているな~、でも田舎だし当たり前か"

と思いながら川遊びしてたら、その着物の子がこっちを見ている。自分は何を言ったか覚えてないんだけど、その子と川で一緒に遊ぶことになった。
続きを読む

井戸
13/05/29
幽霊話とはちょっと違うし、そんな怖くないかもしれんけど…

一時引きこもりだった俺を心配して、叔父が仕事を紹介してくれた。

父方の田舎の土建関係の仕事で、叔父の家に住んでも良いし、寮に入ってもいいから体一つでこいといわれて貯金も底をついていた俺はいそいそと行った。

肉体労働で大変だったけど、仕事は結構楽しかった。

ある日、叔父から「角の井戸を埋めることになったんで、その仕事もお前んとこがやるだろうな」といった。
続きを読む

田舎
13/06/24
20年くらい前に俺が経験した話。

小学校に上がりたてだった俺はさっそく出来た友達と毎日のように遊んでた。

その友達の家は学校から見て山の間反対側にあって、小学生の足じゃ1時間ぐらいかかるようなところにあった。

で、その友達の家の周りには田んぼしかなかったんだけど、友達の家の向かい側に一件だけ家があった。

いかにも昭和初期に出来たようなボロクサイ家で、住んでいるのも腰が曲がった小汚いじーさん一人だった。
続きを読む

海
12/05/29
自分は子どもの頃から大学に入るまでずっと浜で育ったんだけど、海辺ならではの不思議な話がいろいろあった。

自分の家はその界隈で一件だけ漁師ではなく、親父は市役所の勤め人。

砂浜があって国道がありその後ろはすぐ山になっていて、その山の斜面にぽつんぽつんと家が建っていて、浜に漁のための小屋があるようなところ。

自分が小学校の頃までは8月の最初の週、7日の日までは漁師は漁に出ちゃいけないことになっていて、特に7日の晩から朝までは子どもは家の外へも出ちゃいけないことになってた。
続きを読む

廃屋
09/05/23
もう十年くらい前のことです。

あずき相場で失敗して破産同然になった男性が、自宅で奥さんと中学生の息子を絞め殺して自分も首を吊った一家心中事件がありました。(私の住んでいる田舎では大事件でした)

葬儀が終わった後で競売にかけられたのですが買い手がつきませんでした(まだ新築の新しい家だったのに)。

程なくして「あそこの家は出るらしい」という噂が流れました。

庭は荒れ放題。窓から見える部屋にはテーブルざぶとん等が置きっぱなしで、私もそこを通りましたが気味悪かった。
続きを読む

森
15/10/22
俺の家は山の中にあって、隣家すら遠くて周りに全然人がいない。

だから兄ちゃんと姉ちゃんが変な時間でも堂々と家の周りの山道とか、田んぼのあぜ道をランニングしまくる。

ある日、夕方のランニングから帰った兄が開口一番姉に「散歩行くならやめとけ」って言った。

「暗くてよく見えなかったけど山道に不審者がいた、多分ゴミの不法投棄、なんかあったら危ないから行くな」

って。兄ちゃんは今までこんな気遣いとかしないタイプの無神経マンだったのに珍しいな?と俺は思った。
続きを読む

暴力2
15/06/12
俺の田舎の話。実家の裏山はマツタケ山だった。

所有者はうちのじいさんだが集落全体で管理し、利益を分配する。

マツタケ山には泥棒がつきものだが、裏山にもそんな奴らがたびたび忍び込んでいた形跡があった。けっこういい収入になるので、見回りなんかもマメに行われていた。

大人の仕事場、と言われて子供は立ち入り禁止の裏山だったが、集落のガキにとっては手頃な洞穴があったりしていい遊び場だった。

ある日、遊んでいる最中猛烈に大がしたくなり、人気のないことを確認して松の木の根元で大を敢行することに。
続きを読む

森
11/07/23
大学卒業して地元に帰ったら消防団に入れられた。

俺は妙な所で引きが強いみたいで、行方不明者捜索とかに出ると死体の第一発見者になった事がすでに2度(一人は水死体、一人は首吊り)火災現場でも煙に巻かれて亡くなった子どもとおばあちゃんを発見したり…

学生時代にも後輩がアパートのベランダで首吊ってるのを第一発見したなぁ。首吊りの遺体を人生で2度も見る事なんてあるんだろうか…

まぁそんな俺が消防団で体験した話。ほんのりというか謎な話。

その日は朝早くから行方不明者のおばあさんAさん(70歳くらい)の捜索が行われた。いなくなったのは前日の早朝。
続きを読む

占い師
12/10/11
小学校高学年までうちは貧乏な田舎の家だと思ってたら、実は庄屋の家系で俺が産まれたのをさかいに没落したらしい。

当時たまに偉そうに訪ねてくる爺さん(祖父の弟=大叔父)のところは逆にそれくらいから一気に裕福になって、自分が本家のように振舞っていたんだと。

そこに大叔父の孫でAってのがいた。これがまた嫌な奴で、金持ちを鼻にかけてさんざん俺と弟妹を見下してた。

このAと俺の名前はよく似てる、実は俺の出生時に大叔父が強引にその名前にしたんだとか。
続きを読む

お地蔵様
12/12/20
小学校4年生の時の話。

当時俺の町では小学校の合併があり俺のいた小学校が建て増しされて別だった学校のやつらが移ってきたことがあった。

それで新しい友だちが数人できて、家に遊びにいったりしたけど、そいつらの地区は同じ町内でも行ったことがない場所だったんで、最初のうちはけっこう新鮮な体験だった。

5月だったと思うが日曜日の午後にその地区で遊んで家に帰る途中でどしゃ降りの雨になった。6時まで家に帰らないと怒られてたからたぶん5時過ぎくらい。
続きを読む