パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

田舎

RED1211031_TP_V

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/02/02 10:44
俺は小学校に入るまでは、広島の田舎の方に住んでいた。
その時に知り合い(仲良しではない)だった『サヨちゃん』の話をしよう。

俺の母方の実家は見渡す限り畑ばかりのド田舎で、幼稚園も保育園も無い。
俺は母親と祖母とともに家で遊んでは、父親の帰りを待っている毎日で、退屈しきっていた。
近くの町に出かける時だけが楽しみで、
よくお決まりの公園に行っては、買い物をしている母親を待ちながら遊んでいたものだ。

続きを読む

SnapCrab_NoName_2021-10-15_8-8-5_No-00

891:本当にあった怖い名無し:2014/02/27(木) 12:05:05.57 ID:p9UbHv650
生まれも育ちも秋田のド田舎なんだけど、つい先日都市伝説でくねくねの話を見ました。
そのとき初めてくねくねが秋田発祥だって知って驚いたんです。
まあそれはいいんですけど、問題はそのあとです。
家の周りは田んぼだらけで、畦道がずーっと続いてるんです。
そこを歩いていたときに、「かかかかかかかかかかかかかか」って笑い声?みたいなのが聞こえてきて、
なんだろうとあたりを見回したら、田んぼを3つくらいはさんだ畦道になにか肌色の変に激しく動いているものがいたんです。
声はそれから出てました。

続きを読む

645895A5-63E8-4FCF-9A62-53272655CF07

922 :クワズイモ ◆mwvVwApsXE:04/06/29 22:31 ID:LkrRqeP6
父方の実家での昔の話。

俺がまだ5歳の時のことで、その頃はなんでそういうことが起きたかわからなかったが、
いま考えると、その訳が分かるような気がする話。

父方の郷里は和歌山県。
内陸の方で海は無かったが、周囲は田んぼが多く、春になるとレンゲの花が咲き乱れる、素晴らしい所だった。
父の夏休みを利用して、父も久方ぶりに帰郷したのだと思う。
息子に故郷を見せてあげたかったんだろう。
折しも季節は春で、レンゲ草が田んぼ一面に広がっていた。
写真もあるが、ここでの記憶はいまでもありありと心に再現出来るぐらい、幼心にとって天国のような記憶だった。
ただ一つだけ、当時は納得いかなかったことを除いては。

続きを読む

93FC17DD-9C2F-4D33-8A68-D8BD8AD29596

84: 老婆 2011/06/24(金) 23:15:47.87 ID:IWMO26Zn0
あれは僕が小学5年生のころ。
当時、悪がきで悪戯ばかりだった僕と、
友人のKは、しょっちゅう怒られてばかりでした。

夏休みのある日、こっぴどく叱られたKは、
僕に家出を持ちかけてきました。
そんな楽しそうなこと、
僕に異論があるはずもありません。

続きを読む

YUKIhorro1171584_TP_V

132: 名無しさん@おーぷん 2018/03/09(金)01:49:49 ID:XUJ
ある日の塾帰り
電灯もまばらな田舎道を歩いているとき、自分の背後から足音が聞こえた
普段は人通りの少ない道な上に、時間も時間なのでもしかしたら怪しい人なのではないかと思いながら歩いていると、前方の十字路にカーブミラーがあった
普段はその道をまっすぐいくのだけれど、その時は後ろから聞こえてくる足音が不気味で気になったので、その道を曲がることにした
その瞬間、丁度良い角度でカーブミラーを使って後ろの様子を確認するつもりだった
後ろから聞こえてくる足音は、先程よりも自分に近づいているように聞こえる
緊張で心臓の音は大きくなって、まるで後ろから聞こえてくる足音をせかしているように速かった

続きを読む

shikun21781360_TP_V

424: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)22:45:01 ID:BaR
私には双子の姉がいます。
これは私達が10歳の頃の冬休みに、家族揃って父の実家へ泊まりに行った時の話です。

そこへ行くのは本当に久しぶりで、年の近い親戚や祖父母に会える事がとても楽しみだったのですが、まさかあんな怖い事が起こるだなんて思いもしませんでした。

父の実家は山口県にあり、周りはぽつんぽつんと民家がある位で昼間でもあまり人通りはありません。
それでも子供にとっては普段行かない場所というのは冒険心に満ち溢れており、着いて早々姉と共に遊びに出て行きました。

続きを読む

Yamasha181026038_TP_V

520 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 22:48 ID:Wi1QDobV
従妹が九州の名家ってのに嫁にいって妊娠したら、
さみしかろーって、私とか姉とか他の従妹達が順繰りに呼ばれたことがあった。
夏休みの高い時期なのに、飛行機代とかお小遣いまで出してもらって。
でも、一人づつで変だとは思ったけど。

家は獄門島とか犬神家みたいに古くて大きかった。
九州らしく男尊女卑でゲーって家だったけど、若い人は親切だった。
とにかく行ったら上げ膳据え膳だし、お金バンバンくれるし、料理も酒も旨いし、着物までもらったり。
ねーちゃん玉の輿だなーって、従妹連中みんな驚いてた。

続きを読む

pk21826DJI_00251849_TP_V

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/23 16:16 ID:eN6Zb2Y6
これは私が祖母に聞かされた昔話で、母が田舎にいた頃に、母の祖父(曾祖父?)に聞いたお話です。

母は中国地方にある小さな村で生まれ育ったのですが、
その村の裏の山には主(土地神)がいて、村人は年に数回お供えをしていたそうです。
そのお供えには、村の男が二人で向かうのですが、山へ入る前に、
『○○○○(むにゃむにゃ~と母は言ってました)申すか?申さぬか?』
『申す!』
と、おまじない(?)みたいな掛け合いをしていくらしいです。

続きを読む

YATN20505_7_TP_V

861 :本当にあった怖い名無し:04/11/29 01:47:12 ID:ULDwsM1m
じっちゃま(J)に聞いた話。

昔Jが住んでいた村に、頭のおかしな婆さん(仮名・梅)が居た。
一緒に住んでいた息子夫婦は、新築した家に引っ越したのだが、
梅は「生まれ故郷を離れたく無い」と村に残った。
しかし他の村民の話では、「足手まといなので置いて行かれた」そうだ。

続きを読む

pakuphoto39898PAR57339_TP_V

439 :1/3:2008/03/13(木) 11:01:33 ID:uraCRgvu0
東北地方の田舎であった実話です。

オレの隣に、定年退職した夫婦とその息子二人(二十代)が引っ越してきた。
こちらには特に血縁もあるわけではなく、いわゆるIターンというやつ。
この街にした理由は、夏は涼しく冬はわりに温暖で雪も少ない。
旦那さんの趣味の釣りのスポットも多くあるし、
うつ病気味の息子たちに田舎でのびのび生活させたいというのもあったらしい。

続きを読む
×