パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

骸骨

16/02/13
取り敢えず、子供の頃の話。今は都会へ引っ越してきてるんだが、子供の頃は村?(っていうか集落かもしれない)に住んでたときの話。 

俺んちの裏には山が在った。なんの変哲もないただの山なんだが、詳細はそうでもなかった。  
その山は村で、呪われていると噂されてたんだ。だから両親や祖父母からは「絶対に行くな」と念を押されたし、俺も流石に行かなかったんだ。  
なんでも、山に入るとそれを期に良くないことが起きるらしい。それか、山の中で遭難(神隠し?)。  
村では有名な心霊スポットであり、だれも行かない心霊スポットでもあった。でもそんな中、一定の人間だけは山へ行くことがあった。  
それはいわゆる旅行客。恐らく、この村内だけの噂だったんだと思う、山が呪われているってのは。  
村にはなんのお土産屋もないし、正直言ってなぜにこの村に旅行客が来るのかそれがなんとも疑問だった。そして山へ行くことも疑問だった。  
しかしだ、旅行客は山へ入ってなにも起きなかったかのごとく降りてくる。いや、実際なにも起きなかったのだろう。  
旅行客が言うには山の奥に、廃れた神社があったそうだ。ほかの旅行客も口々にそう言ってたから本当なんだろうなあと俺も思った。  
続きを読む

洞窟

09/08/10
これは私が小学生の頃体験した話です。 
私の母の実家は山の麓にあるのですが 
夏休みにその実家へ帰省しました。 
自然が大好きだった私は喜んで妹と山で遊んでいました。 
あまり遠くへ行ってはいけないと母に言われながらも 
道無き道を散策していました。 
すると洞窟があり、近づいてみると 
なんと洞窟の前に小動物の死骸らしきものがいくつも散らばっていました。 
続きを読む

怖い話-社の中からオッサンが顔を覗かせた

104:
本当にあった怖い名無し:2008/09/23(火)16:50:22ID:lTG3rCYD0
山で生活中の俺が話しますよ。

家の周りの山の中には、ほこらや社殿(しゃでん)が結構ある。
たいていは道沿いにあるが、たまに人目の付かないヤブの奥にあったりする。

俺も全部は把握していないので、今でも散歩中に新しいものを見つけたり。
半年ぐらい前にも、小さな社(やしろ)を見つけた。

その社は、山の斜面にクネクネ続く舗装された車道沿いにあって、車で走っていると見つける事は難しい。
周りも竹ヤブに囲まれていて、俺が見つけたのは本当に偶然だった。
賽銭箱があったので拝殿だとは思うが、それにしては少し小さい。

俺が2メートルくらいまで近付くと、社の中からオッサンが顔を覗かせた。
丁度、社の戸が少し開いていて、そこから顔だけ出している形だった。
続きを読む

【猿】東日本大震災の時に実際に体験したすごい話-仁王像

522名前:
本当にあった怖い名無しメェル:sage:sage:sage投稿日:2011/06/01(水)03:59:01.21ID:oKS+UyF/0
親戚の手伝いも一段落したのでカキコ
ぶっちゃけスレチな気がするけど該当しそうなとこが無かったorz

自分は造形っつーかミニチュアフィギュアを作るのが趣味で、休み前に気分が乗ると徹夜で没頭したりする人間なんだ

忘れもしない3月5日

この日は乗りに乗ってて日が昇るのも気が付かないくらいに没頭してた
ちょっと造形が一段落して、乾燥がてら一服するかなーと横見たら、作りかけとかジャンクパーツ入れてある箱に見覚えあるような無いようなモデルが入ってた
続きを読む

廃墟
18/01/26
今から約20年前に聞いた話。

当時俺は22歳、その時先輩(Kさん、50代)から聞いた話がめちゃくちゃ怖かった。

Kさんはかなりクセのある人間だったが、人柄がよく、仕事もできるので人望はあった。

俺がオカルト好きだと知ってこの話をしてくれた。

Kさんが当時、山奥にある変電所に2人で作業にいった時のこと。(今はもう使われていない)そこで奇怪なことがあったらしい。
続きを読む

夜の山道
12/03/24
群馬県のとあるダムに行った時の話。

パチスロで負けたので、肝試し感覚で友達と2人で車で行ったのだが、何もおこらなかった。

で、友人が運転する帰りの車の中で「何もなかったねー」みたいな会話をしながら緩やかな山道を下ってたら、突然フロントガラスに何かが降ってきて、おもいきりそれをはねた。

あまりに突然の出来事だったので何が起こったのかわからなかったが、急停止してそれを確認しようと二人で車を降りた瞬間、頭上から小さな音でカラララ…ピシャというガラスサッシを閉めるような音。
続きを読む

猿

話していいよと言われたので友人(女)の話をさせてもらいます。

友人:お菓子を報酬としてたまに除霊している人。霊媒師にはなりたくないらしい。

友人は結構力が強いのだが、あまり自分から活動はしたくないらしく、除霊をするとしても妹さんの知り合いとか、ご両親の知り合いとか、まあ自分に近い人の除霊をメインにしている。

今回はその中のおそらく土着神[どちゃくしん](友人は土地神様と言ってた)の話。依頼は妹さんの部活の友達の、お母さんの知り合いという、とても遠いところからきた。

正直そんな縁遠い人の依頼なんてめんどくさかったらしいが、妹さんの部活の友達というのが、結構スポーツの方面がすごくて、世界各国を飛び回っている子だったらしい。

その友達は行った国で色々連れて帰ってきてしまう子で、定期的に友人がみてあげていた。その筋からのお願いということで受けたようだ。
続きを読む

牛

321:
本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2012/06/04(月)21:07:25.51ID:DlVUXV650
俺の地元に牛の森と呼ばれる森がある。

森から牛の鳴き声が聞こえるからそう呼ばれている。聞こえると言われている、とかそういうレベルじゃない。本当に聞こえる。俺自身も何度か聞いたことがある。

牛の森の奥には秘密の牧場があるとか、黄金の牛がいるとか、そんな都市伝説めいた話も存在する。

そんなだから好奇心旺盛な子供が、牛の森に入って迷子になるということがかなりあった。
続きを読む

猿、顔

214:
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/09(月)17:00:14.49ID:6oe4PJCs0.net[1/4]
昭和55年の夏の出来事。

当事、田舎育ちの小学生の私はカブトムシやクワガタを採る事に夢中でした。

山や森林、農耕地にいたるまでポイントを知り尽くしていた私は朝に夕に自転車で回り乱獲していました。

その量たるや、子供一人が採る数ではなく、我ながら多少罰当たりではないかと感じていたと思います。

飼いきれないのでパックに形の良い雄5匹づつ詰めて青果市場に持って行くとおじさんが1pにつき1000円で買ってくれました。

おかげで私は小学生の分際で、親に内緒で10万くらい溜め込んでいました。

小さい個体やツノの短い豆カブトなどは友達や近所のチビっ子達にあげていました。
続きを読む