パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

犯罪

暗い部屋
12/02/19
去年の夏の話。

いわゆる熱帯夜で寝苦しくて、夜中過ぎてもなんとなく寝てるんだか起きてるんだかわからない感じだったんだ。

時計は見てないけど、感覚として夜中の3時すぎくらいな気がした。

ふと部屋のドアが開いたような気がして、すっと意識が戻った。

半分以上寝てる状態で、身体も動かせないし目も開けられないんだけど、なんとなくドアのところに壮年(31歳から44歳くらい)の男の気配がして、部屋の中をじっと見てる感じがした。
続きを読む

不気味
08/10/02
オカルトではないのですが自分的に怖かった話をひとつ。

当時付き合っていた彼氏の車が車上荒らしにあい、ダッシュボードに入ってた免許証、財布やらを盗まれた。すぐに警察に被害届を出したが、捜査らしいものもなく常習犯でしょうであっさり終了。

車上荒らしから半年程たってからなぜか警察を名乗る人物から私に連絡がきた。高速道路のパーキングエリアのゴミ箱から大量の財布が発見され、その中に彼氏の財布も含まれていたそうだ。

免許証から被害者本人に電話連絡したが、なかなかつながらなかったそうで困っているという。
続きを読む

狂気を感じる
16/12/23
大学で知り合った中村(仮名)という友人から聞いた話。今から1年ちょっと前に中村から不気味な相談をされた。

以下、その内容。

ある日、中村の携帯に電話がかかってきた。

「あ!中村くん!おれおれ!小学生のとき同じクラスだった田中(仮名)だよ!久しぶりー」

かなり人数の多い小学校だったため、最初誰かわからなかった。適当に相づちをうってたんだけど、昔のエピソードを聞いているうちに顔を思い出したらしい。
続きを読む

魚眼レンズ
13/04/06
霊とかじゃないんだけどいいかな。
つか現在進行形で怖いんだが。

最近在宅で仕事しはじめたんだけど、昼間の訪問とか勧誘って結構あるんだね。

荷物が宅配で来たりするんでインターホンをPCにつないで仕事しながら応対できるようにしてる。面倒な時は居留守w

そしたら何人かに一人インターホンに映んないところに立つんだよ。新聞とかなんかの勧誘や、居留守使ってる時にもなんだけど、位置関係から言ってドアを開けた時に影になる所に立ってる。
続きを読む

LSD目
13/04/12
実体験も交えての話。

今から13、4年も前、関西にいた頃、港湾のコンテナ荷降ろしのバイトに行っていた時期がある。

荷降ろしは文字通り、コンテナに収められた荷を降ろすこと。

コンテナ自体の積み下ろしや、降ろされた荷を倉庫に収める過程はクレーンや、フォークリフトなど機械で行われる。

でもこの荷降ろしだけはどうしても人の手で行われなければならないという、ずいぶんなアナログな仕事である。
続きを読む

公衆電話
16/11/19
見知らぬ男の人から公衆電話を使って自宅に電話があった。

「あなたの落し物を預かっています」

と言われたけど、落し物をした記憶がないのでイタズラかと思った。そもそも公衆電話ってのが怪しいし電話を切ろうとしたら

「これを拾ったのが俺だとバレたら俺が犯罪に巻き込まれそうなんです」

と言われた。ますます意味がわからない。でも続く男の言葉に戦慄した。
続きを読む

暗い部屋
10/02/11
俺が小学生だった時の話。

俺の両親は共働きだったため、小学生だった俺は学校が終わると近所に住んでる叔母の家に行き、母親が仕事から帰ってくるまで叔母宅で面倒を見てもらっていた。

叔母の家には高校生と中学生の姉妹がいて、どちらもかなりの美人で有名だった。特に中学生の妹に俺はよく遊んでもらって可愛いがってもらっていた。

ある日、いつものように学校帰りに叔母宅に行ってチャイムを押したら留守らしく誰もいなかった。
続きを読む

夜の山道
16/11/05
昨日埼玉の友達の家に遊びに行ってたんだけど、その帰りにクッソ怖いことがあった。

その友達の家は山の方にあって、駅から1kmほど離れた所にあるんだ。

いつもは、駅と家の間を友達に車で送り迎えしてもらってたんだけど、今はダイエット中で、昨日は「歩いて帰るわ」と、一人で暗くなった道を帰ることにしたんだ。

でもちょっと歩いてすぐに後悔した。

もう夜の8時は回ってたんだけど、その時間になると歩いてる人なんか一人もいないし、車も滅多に通らない。途中2~300mぐらいの区間は山を切り開いたような感じになってて、そこは本当に真っ暗になる。
続きを読む

アウトロー
15/10/11
特定をさけながら何度か書いた話です。わかりにくいかもしれませんが…

近々この家には住めなくなる。公式に言ってしまえばかなりまずい。不特定多数にしか知らせることができない。

いつでも読むのを止めてくれていい。手先が冷え切って緊張で震えるが、なんとか特定されにくく上手く書きたい。

これは某5人組バンドのメンバー脱退の話だ。2月14日に当時のギターのT(男性)から

「ギターをやめて裏方に回りたい」

「ギターは向いてなかった。練習がつらい」

と突然言われた。
続きを読む

おっさん
03/02/09
今から5年くらい前かなぁ、学生アルバイトで俺はテレビゲーム屋の店員をしてたんだ。

その時店内には、店長ともう1人のバイトの人間がいた。その日は休日だったが客の入りは良くなかった。しばらく店内の雑用をこなしていたら、ツナギを来た中年のおっさんが入ってきた。

「いらっしゃいませ」

店長がそう言いきる間もなく、その男はカウンターレジにやってきた。

男「あ、あの…」

店長「はい、何か?」

男「メロン買いませんか?」

俺たち『はぁ!?』
続きを読む