火事、炎

06/01/19
俺は安アパートの2階に住んでいる。 
夜中、なにやら騒がしくて目を覚ました。 
消防車のサイレンや鐘の音が鳴り響いている。 
レム睡眠の途中で目を覚ましたらしく頭がクラクラする。 
サイレンの音は一つではない。 

火事らしい。それもすぐ近所だ。 
ベッドから這い出して窓を開けると、となりの家屋の少し向こうの夜空が 
オレンジ色に輝いて染まり、吹きあがる黒煙のなかを炎が舞っている。。 
焦げた匂いが風にのってただよってくる。 
避難した方がいいのだろうか。 
隣の部屋の若い会社員も窓から顔をだしたので、俺は声をかけた。 
「ずいぶん近いですね」 
「うん。●●ハイツじゃないかな」 
俺は通学途中の路地にある白いモルタルアパートを思い出した。 
「避難した方がいいですかね」 
「着替えて貴重品まとめておいた方がいいかもね」 
そう言うと会社員は顔をひっこめた。 
俺もスウェットを着替えて、荷物をまとめはじめた。 
続きを読む