パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

火事

火事
10/02/18
「首なし地蔵」

小学生の頃、近所の公園で毎日遊んでくれたお兄さんがいた。

その人はみんなから「セミの兄さん」と呼ばれていて、一緒にサッカーをしたり虫取りをしたり、どんな遊びにも付き合ってくれた。

自分はその頃都会から転校してきて間もなく、そのお兄さんのことをほとんど知らなかったのだが、遊べば遊ぶほどに不思議な雰囲気をもつ人だなと思った。
続きを読む

旅館
11/08/31
俺が子供の頃、観光で田舎の旅館に泊まった時の話。その旅館は、山奥にあって、裏手には木々が生い茂っていた。

夜中、家族みんなで寝ていると、旅館の裏手から女の奇声が聞こえてきた。父と母は気付いてないのか、まだ寝ていた。

気になった俺は、窓から外をひょいと覗くと、白い着物(?)を着た女が髪を振り乱して激しく踊っていた。

街灯もなく真っ暗なはずなのに、なぜかその女の周りはうっすらと光っていて、恐怖心と好奇心が入り交じって見つめていた。
続きを読む

火事
13/08/13
もう1年前の話になるけど、ようやく思い出せたから書く。

自分はホラーとかオカルトが好きで、ここやまとめでよく怖い話を読んでいた。

その中で「オカムロさん」の話があって、真夜中に読んでいたこともあって初めてその話を知った俺は何となく嫌な気を感じて寝ることにした。

ところが寝てたら激しいドアのノック音で目が覚めた。時間は2時過ぎで、ちょうど丑の刻だ。

ドンドンドン!!と何度もドアを強く叩かれ、止んだかと思えば今度はチャイムを連打され、それが止んだらまたドアを叩かれる繰り返し。
続きを読む

子供、不気味
09/06/12
実話です。

田舎の怖い話をしようか。私が小学2年生のとき、親の転勤で岩手に行ったのよ。

で、ある日、同じクラスの男の子が火事で死んじゃったわけ。その子の家は4人家族で父、母、妹がいて、父母は寝室で、その子と妹は同じ部屋で発見されたんだけど、その子(A君)は妹をかばうように覆いかぶさってたんだって。

で、クラス全員で追悼みたいな感じで、先生に配られた作文用紙にそれぞれが天国のA君に宛てた手紙を書いたのよ。当然、私もね。
続きを読む

千日デパート火災

397:
タクシ-の運転手から聞いた話。

大阪の千日前付近で客を待っていたら、前に同僚のタクシ-が止まっていた。同僚は、誰も乗り降りしていないのに、タクシ-のドアを開け閉めしていてそのまま走り去っていった。場所柄、もしかして。という気持ちがあったが、

「きっと、間違ってドアの操作をしてしまったんだろう。」

と思い、会社に帰った。そしたら、会社で社員達が騒いでいて

「何事か?」

と皆に問うと、さっきの同僚が青い顔をして座っている。
続きを読む

炎

今から5~6年前俺が22~23辺りの時に体験した話。

自分のブログや2ちゃんの他板に書いた事があったり、これから書く事もあるので、見た事や偶然見る事があっても気づかないフリをしてくれたまえ(笑)

ある日の早朝、祖母から家に電話が来た。

『じいちゃん火事で焼けてまった!』

突然の事でわけがわからなかったんだが、要約すると祖父が寝タバコをして火を消し忘れ布団と一緒に焼けてしまったらしい。電話では祖母の後ろから祖父の

『救急車呼べー』

という声が聞こえる。これは俺が聞いた爺ちゃんの最後の声となってしまった。
続きを読む

火事

俺たまに変なものがみえることがある。黒い霧が数個立っていたり、人の周りをにじむような闇が覆ってたり。

そしてこれはかれこれ20年以上前の高校の時の話。この時ほどはっきりみえたことはなかった。

同級生にIというやつがいたんだ。いまで言うDQNでテストの成績はそれほど悪くなかったが学校にはDQN仲間と遊びに来てるって感じ。

そいつが高校三年の時におかしい行動を取り始めた。毎日校庭の片隅にある焼却炉に行くんだ。そして気がついた時にはIの足元が黒くなっていた。
続きを読む

祭り

489:
本当にあった怖い名無し:2011/02/05(土)17:37:44ID:Ao/dgnQQ0
母方の祖母から聞いた話。

時は戦前。祖母は小学生だった。ある日の真夜中、祖母と曾祖母は何か物音がするので目が覚めたんだそうだ。
続きを読む

人形

921:
長いです:2005/07/18(月)17:19:49ID:iTJ0Xpun0
小学生のときの話です。文章へたくそですが…

私は他人の怪談話は大好きなんですが、とても怖がりでもあります。

例えば、夜1人でいる時は部屋の鏡やテレビ画面なんかを直視することができません。だからさっさと電気を消して布団に潜ってしまうのです。
続きを読む