パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

手術

813: 可愛い奥様 投稿日:2012/06/26(火) 08:07:33.56 ID:bKzZ+xV2O
流れを豚切りで私の黒い過去。 
二十歳の時に中絶した。父親はずっと友達関係から彼氏になった人。 
私と付き合う前は、妊婦さんと不倫してて、避妊はしてなかったらしい。 
手術の時に、全身麻酔をかけるんだけどいち、に、さん、し…と段々と意識が薄れていって 
手術が終わって目が覚める瞬間に夢を見た。 
続きを読む

猫

218: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/07(木) 00:42:00.91
嫁を両親に紹介した時、緊張の余り嫁は猫(ババァ)にまで挨拶した。 
それ以来、結婚→同居となったんだが、猫に格下認定されていた。 
食事の時に嫁の椅子に座るは勿論、洗濯物を畳むのにきちんと端を揃えていないと軽く噛まれる。 
嫁がエサを与えても、必ず1度は無視。文句言いながら完食する。 
掃除を適当に済ませたら、高い位置から不満そうに鳴いたり、嫁は猫から嫁イビリをされていた。 
続きを読む

原爆ドーム、広島

220: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/07/17(日) 19:44:53.05 ID:xHxq001E0
NHK「新日本紀行」より 
戦時中に広島で路面電車の運転士をしていた女性の話。 

いつも他の人の電車はやり過ごして 
自分の電車を待って乗る同年代の男の人がいた。 
そして自分もだんだんその人を気になっていった。 
続きを読む

家族

127: ひこにゃん市にて 2014/01/07(火) 13:49:04.93 ID:EyYTObU9O.net
昨日見た不思議な現象書いてみる 

昨日夕方5時過ぎ、駅に向かうべく古い集落を通る道を歩いてた 
陽は落ちて辺りは深い紺色、家々からはオレンジ色の灯りが漏れていた 
くっそ寒くて首すぼめて猫背で下向いて歩いてたんだが、ふと前を見ると50mほど先に、丸くて黄色い光が道の右から左へほわ~んと飛んでいた 
新年早々に恐怖体験かよ∑(゚Д゚;)と身構えたが、不思議と暖かい光に見えるし、寒さなのか悪寒なのかわからん気温だったから、ちょっと歩く早さを落として(小心者)前に進んでみた 
丸い光は2個3個と増え、右から左から現れては反対側にほわほわ飛んで消える、を繰り返していた 

続きます 
続きを読む

侍

189: 本当にあった怖い名無し 2009/11/16(月) 16:40:39 ID:V5gViB5UO
父親が、幼い頃に体験した不思議な出来事です。 

私の父親はアメリカ人です。父親は、成人してから日本に移住しました。 
小さい頃から憧れていた国が日本だったそうです。 
そんな父(当時9歳)のためか、家族で日本へ海外旅行となりました。 
父は、とっても張り切りガイドブックを読み耽り、ワクワクしながら日本に到着。 
日光や鬼怒川、新宿や浅草など関東を巡ったそうです。 
日本=忍者や侍 だった父親は、忍者や侍がいないことにショックで、わざわざアメリカから持ってきた宝物のオモチャの刀を、道端のごみ箱に捨てたらしいです。 

しかし、捨てた直後から激しい後悔にかられ、観光から帰ってきた旅館で夜中に泣いていたそうです。 
皆が寝静まり、静まりかえった部屋にいつの間にか侍が立っていました。 
続きを読む

猫

157: 本当にあった怖い名無し 2010/06/30(水) 23:20:13 ID:9J0U6oVM0
今週の月曜日に長年連れ添った老猫がガンの為に逝ってしまった。 

次の日(昨日)の夜、ナーバスになってベットの上で寝そべりながら、 
涙を流している俺を気遣うように同居猫が寄り添ってくれていた。 

ふと気がつくと俺の横にいる同居猫が固まって一点を凝視している。 
目線の先を追ってみると昨日逝ってしまった猫が寝ていた、 
空の猫ベットを見つめている。 
続きを読む

切ない、悲しい

789: 本当にあった怖い名無し 2010/06/16(水) 01:17:20 ID:8C1hl9J90
まとめサイトの過去ログを最近見ていて、今回はじめて自分で書き込み。 
宝くじの当選番号が最近発表されていたので思い出した些細な偶然話なんだけど… 


数年前の冬、突然伯母が亡くなった。年末の寒い日だった。 

恥ずかしながら当時の私はお金が全くなく、また地元から遠く離れた土地に住んでいた。 
当時働いていた会社は給料日が25日ではなく月はじめ。 
年末は正月を挟むため銀行が休みで一週間以上お金が手に入らない。 
そして財布の中に格安チケットショップの往復新幹線代ギリギリのお金が残っていた。 
このお金を使ったら正月は無一文。 
でも仲のよかった伯母にどうしても会いたくて地元に戻った。 
続きを読む

犬の足跡

09/04/11
もう死んでしまったけど私の家にはピキという犬がいた。 
私が両親に無理を言って飼ってもらったもんだから、ピキの面倒は私が見ていた 
そのピキが10歳になった時かな、その日学校帰りピキに近寄ったらいきなり「散歩してぇ」と言ってきた。 
その場でしゃべったのではなく、こう脳に響く感じ。 
続きを読む

ネコと女の子
13/10/16
私が飼っていた猫は、とても長生きしてくれた。私が9歳から飼い始めて、23年と1ヶ月と3日生きた。

三毛猫のオスとシャム猫のメスの子で、5匹いた他の兄弟達はみんなシャム柄だったのに、うちのだけなぜか焦げ茶色のキジ猫。

瞳は綺麗なエメラルドグリーンで、体型とキッツイ性格はシャムそのもののメスでした。とにかく美人さんだと、褒められるコでした。

成人し、結婚し、引っ越し、出産し、人生の節目節目にずっとそばにいてくれた。一人娘だった私の姉妹の様な娘の様な、そんな存在。

そんな愛猫が老衰で、ほとんど患わずに急激に衰弱し2~3日で逝ってしまった。
続きを読む

親子
13/05/29
うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで一人俺を育ててくれてた。

親父が何してた人だったかは知らないけど会った記憶もない、気が付いたら古い小さな集合住宅の一室で母ちゃんと二人暮らしてた。

俺は重度の小児喘息の持ち主で、毎晩寝入りばなと夜明けの体温と空気の温度差が激しくなる頃に発作が出て、吸入器を加えさせられ、おさまるまで母ちゃんが背中をさすってくれていた覚えがある。

時々泡を吹いて息が出来なくなって、でも母ちゃんがそんな俺を抱えて救急病院までタクシーで行ったこともあった。
続きを読む