パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

海外

バス

320: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/08/17(日) 22:52:17 ID:KzHPx96L0
全然オカルトじゃないんですが

5年位前にアメリカに留学していました。
昼過ぎに大学に行くためにバス停に行ったんだけど、
アジア系のおばあさんが私より前にバス停に立っていました。
10分ぐらいしてバスが来たんですが、
おばあさんがバスに乗ろうとしないんです。
続きを読む

謎

181: 偶然の一致 その2 投稿日:2008/02/19(火) 12:35:13 ID:bD7+iJG50
怖い話ではないのだけど実際に起きた事件の中から
死んで分かる、意外な偶然を集めてみました。

『死んだ意外な偶然』

★イギリスのハンプシャー州の農場で、エドワード・ラッセルさんが、
トラクターのすぐそばに、真っ裸で倒れているのが発見された。
発見されたときは、意識不明の重体。
すぐに病院に運ばれたが、1975年2月に死亡した。
続きを読む

河原

306 :本当にあった怖い名無し:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:lB1RJ5E70

んじゃあ、国が違えば常識も違ってくるという話をひとつ 


いきつけのインド料理店で、友達と幽霊やら妖怪の話をしていたら、店長さん(日本人・インド在住経験有)が凄い食い付いてきて 

さらに厨房の調理スタッフのAさん(インド人)まで話に加わってきた 

ヒンドゥー教って輪廻転生するんだから、インドに幽霊とかいるんすか?って聞いてみたら 

「イッパイイルヨー。ヒルマモソノヘンフラフラシテルヨー」 

みたいな答えが返ってきた 


以下、店長さんの経験談とAさんの話を通訳してもらった内容をまとめると 


・インドでもきちんと弔ってもらえなかった人は幽霊になる 

・大半の人が見えていて、日中でも普通に出てくる。半透明なのですぐわかる 

・むしろ当たり前すぎて誰も怖がらない。歩行者や車も気にせず通り抜ける 

・幽霊は力の強さによって明確に4段階のランク分けがなされている 

・日中や人ごみの中に出てくるような奴は、ランク1や2の無害な奴だけ 

・夜間や人の踏み込まない山の中、特に水辺などには、大量にそして特に力の強い奴が集まってくるから注意が必要 

・危険な奴ほど姿がはっきりしていて、生きてる人間と見分けがつかない 

・ただし足元を確認することができれば、下半身が前後逆になっているのですぐわかる。etc…




307: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2013/07/04(木) 16:27:34.78 ID:lB1RJ5E70
これはそのAさんが子供の頃に体験したという話
店長による通訳越しなので、細部は聞き間違えている部分もあるかもしれないけど、そこはご容赦を

Aさんが10歳くらいの頃、夕暮れ時に友達4~5人と河原で遊んでいたときのこと
いい加減遊び疲れてきて、そろそろ帰ろうかって話になりかけてたとき
河の上流から歩いてくる人がいるのに気付いたそうだ
子供の目から見ても上質な服を着てて、優しそうに微笑んでいる品の良さそうなおじさんだったらしい
続きを読む

ホテル

636: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/30(月) 13:41
10数年前の「人事院月報」という国のお堅い雑誌の、読者欄みたいのに何故
かあった。ちょっとこわかったので今でも覚えてます。だいたいこんな話。


夏休み、一家でサイパンを訪れた。
深夜、ホテルで皆寝ていたらいきなり電話がかかってきた。
寝ぼけ眼で取る。すると、男性の声で「○さんですか?」と尋ねてきた。
(ちょっと実際の名前覚えていないので、○でご勘弁下さい)
続きを読む

村

349: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 14:35:40.21 ID:rLaxg6qa0
創作なしの実話です。
今はもう中国を離れ、自分に何の影響もないと思うので記憶を整理して書き込んでみる。

何年か前、中国の工場に単身で長期駐在していた。
同僚達は皆、工場から車で1時間ほど離れた都市部にアパートを借りて
住んでいたのだが、俺一人だけ工場近くの村でアパート住まいを決め込んで
いた。どうしてかというと、ただ単に朝早起きしたくなかったから。
(都市部通勤より1時間は余分に寝られる)
それに会社の寮住まいだと女の子も連れ込めないし。(´・ω・`)

そんな辺鄙な村で一連の奇怪な出来事があったので時系列的に書いていきたい。
続きを読む

教会

512: 1:2011/06/21(火) 17:50:29.44 ID:fNG6C9zA0
叔母が欧州で留学していた時の話。

宗教や国、文化が違えど、やはり神様は大切に奉り
悪魔や妖怪や怨霊といった類は恐れられ、専門家が除霊するというのはどの世界でも同じ事。

叔母の留学先の小さな町にも古いしきたりがあり例に違わず、
教会でミサ(?)・神事(?)のようなものが行われたそうである。
続きを読む

ダイビング

349 F1パイロット(東京都) age 2007/12/29(土) 00:36:39.20 ID:Y9KQSKQx0
パラオにダイビングに行った時の話。
ボートで数十分走り、有名なダイビングスポットに到着。
ガイドさんを先頭に皆で潜行開始。
目の前に大きな亀が出現、ガイドさんは「捕まえる」「皆はここで待て」とサインをだす。
皆、サンゴに掴まり待機。
続きを読む

ヨハネスブルグ

232: 名無しさん@HOME 2012/10/29(月) 21:24:11.05 0
その点、世界一の犯罪都市と言われるヨハネスブルグは違うよ
昔、あそこにいたときは高級住宅街に住んでたんだけど
住宅街は高いフェンスで上が鉄条網が付いてて高圧電流流れてる壁に囲まれてた
住宅街入口は、もちろんマシンガンや手榴弾持ったガードマンがいて手荷物検査は金属探知機使う
続きを読む

ロサンゼルス

95 :本当にあった怖い名無し:2005/11/22(火) 11:19:33 ID:XN0AUxg30
夕べ思い出して鬱になったんで書かせて。 

それは今から20年ほど前、まだネットなんてSFだったころの話。 
今と違って情報収集がままならないので、海外個人旅行でプチ冒険気分が味わえた時代だった。 
(地球の歩き方が刊行開始された頃といえば雰囲気のご想像がつきやすいかと) 
続きを読む

浜辺に死体

223 :本当にあった怖い名無し:2012/10/05(金) 02:46:31.66 ID:12Bm0C9z0
伯父と父は子供の頃、祖父の貿易関係の仕事で香港の港町で2年程暮らした。 
当時中国の文化大革命で殺された犠牲者が大陸の河から流れ下り、よく海岸に漂着する事が 
珍しくなかったそうだ。父も伯父も死体を最初は怖がったが頻繁に流れてくるようになり 
次第に慣れて腐乱した犠牲者を棒で突いたりしてイタズラするようになっていた。 
ところがある時調子にのった伯父が死体の顔を蹴飛ばした時… 

「オ゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーォ……」 
続きを読む
×