パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

流産

ed67c75c

370 :本当にあった怖い名無し[sage] :2009/05/27(水) 00:18:10 ID:bFX6weohO
不思議な話なら、なんでもいいのかな。

息子を妊娠していた冬のこと
予定日が3月だったので、もう結構大きなお腹でお風呂に入っていたある日。
膝のあたりに痣が出来てたのを見つけたんだけど
どこかにぶつけたかな?くらいに思って毎日過ごしてた。

初め青かった痣が治りかけ黄色みを帯びてきた時、私は思わず息を飲んだ。

続きを読む

7abc4e15

893 :本当にあった怖い名無し:2012/01/03(火) 15:08:03.72 ID:20zp1Ngf0
友人(仮名:ケンタ)が話してくれた、「最初の記憶」が印象深かったので載せてみる。
自分は空から地上を眺めている。
眼下では男の子が二人遊んでいて、そのうちの片方の子に自分がぐんぐん吸い込まれていく。
すると男の子の今までの記憶が走馬灯のように頭の中に入ってきて、その時自分は「ケンタ」になった、と感じたそうだ。

続きを読む

8f4b136e

240 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 17:09:02.11 ID:GQq9n+PN0
ファミレスでバイトしていたら夕方くらいに若い夫婦が子供連れて3人で来たんだよね。

それで3人分のお冷や持って行ったら子供がいない。

トイレでも行ったのかな?と思って置いたら、男からえっ。2人ですけど?と言われて
俺も、えっ?てなって先ほどお子さんおられましたよね?と聞いたら、いないけど!!って言われて俺は平謝り。

そんなことがあったからその夫婦の顔は覚えていたんだ。
1週間ほどたってまたその夫婦が来たんだけどやっぱり子供連れている。
で、3人分お冷や持って行くと席には2人。

続きを読む

penfan_KP_1622_TP_V

376 :名無しさん@おーぷん :2014/08/02(土)17:34:20 ID:M37HxlaCv
先日流産した
いわゆる初期流産だったけど、癒着したりして
手術と入院もしてから自宅療養中
幸い貧血以外はほとんど治癒し、主人も家事を引き受けてくれ
両方の実家など身内には妊娠報告してない時期だったので
ゆっくりと自宅で静養していた

続きを読む

63219027-s

113: 美人妻1:2011/07/18(月) 21:53:32.44 ID:2wvyRhHq0
知り合いの男性がデキ婚した。挙式から半年後に妻は出産する
予定だったが、運悪く流産した。しかしその一年後に妊娠。
順調に思えたが、今度は八ヶ月後に流産、というか死産。

この時は女性もかなり体に負担がかかったそうだ。
それで妊娠恐怖症になったらしく、30歳まで避妊を続けたらしい。
夫がどうしても子供が欲しいので、不妊治療を受けることを提案。
その女性は病院で検査するも、不妊の原因が分からず、思い余った
夫がある霊媒師に相談した。

続きを読む

psst2night458A2325ato_TP_V

426: 本当にあった怖い名無し 2017/04/23(日) 22:07:38.50 ID:oowyqIXP0
本気でゾッとした話。

よく行くバーに行ったら初めて見る女の子2人組がなんかワイワイ騒いでた。
気にすることなくカウンターで飲んでたら、その2人組の1人が突然近づいてきて「ねぇ、赤ちゃんどうしたの?」って言ってきた。

続きを読む

pregnant-422982_960_720

538: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 13:27:14.95 ID:6SJvz4yU0
怖いっつーかマジかよと絶句した話をひとつ
うちのおふくろは霊感があるタイプらしく、看護師なんだがよく夜勤で変なものに出くわしたり、運転中に変なものを憑れてきたりするらしい
もち、自分は見えない方なんだが稀に(……ここ何か変だな?)とか思ってると「今何か居たね」とか言ってくる。俺何も口にしてないっつの
これだけなら変な人で済むのだが、田舎のじいちゃんが風呂場で脳溢血で死んだ日に
「何かいやな予感がする」っつって妹連れて行ってその日のうちに発見したこととかもあるから、たぶん勘の良さはガチなんじゃないかな?と思ってる
で、こないだ初めて知ったんだが、兄妹は誰も知らなかったんだが俺らにはひとつ上の兄貴がいたみたいだ
ただ、生まれる前に流産したようで子供には黙ってたそうな

続きを読む

fetus-1837464_960_720

149: 兄 1/3 2006/12/09(土) 13:37:01 ID:frhLrjZ50
俺には兄がいたはずだった。
だが兄は流産で生まれてはこなかった。
小学四年生、衝動の多かった夏休み。
俺の足の傷がやけに酷かった。

俺は日本とフィリピンのハーフだ。
父が日本人、母がフィリピン人。
だが、見かけは純粋な日本人で、
ハーフだと言っても誰も信じなかった。
俺には姉がいて、日々喧嘩が耐えなかった。
そんな俺はいつも別の存在を求めていた。
ある日、母は俺に言った。
俺には兄がいたことを。
だが、兄はこの世に生を授かることも無く
流産で死んでしまった。
だが、それにはあまりにも謎の部分が
多すぎた。

続きを読む

neru1172011623_TP_V

27 :part1:2005/10/29(土) 14:15:05 ID:OXpG3vFI0
わたしが実家を出て2年。
1人で一軒家に住んでいた母親が再婚を機に遠くへ引っ越す事になったので、実家を人様に貸すことになりました。
運良くすぐに、家を新築する間だけというご夫婦が借りてくれる事に決まりました。
半年ほどその夫婦が住んでいましたが、先月めでたく家が完成したとの事で出ていかれたので、
一番住まいが近いわたしが家の様子を見に行きました。
続きを読む

pregnant-1245703_1920 (1)

266 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/26(日) 20:47:36.03 ID:VoqOfa0z0.net
むしろ実話でないと信じたい。

妊娠した妻が定期健診のため、とある産婦人科に通って数ヶ月のことだった。
ホスピタリティを重視してのことか、マタニティ専用の部屋というか、共有ルームみたいなものを設置していた。
総合病院だったため、設備に余裕があったからだと思う。
妻はそこで妊娠を控えた女性と共に、いろんな話を共有するのが日課になっていた。
いわゆるママ友みたいなものなんだろう。
俺も食事のときに、そこで話されたことをいろいろ聞かされていた。

ある日、妙な話をし始めた。
今思い出しても奇妙な話だ。
どこのコミュニティにも仕切り屋というかリーダーのような人物がいるものだが、
俺の妻のママ友たちの中にも例に漏れずそういう女性がいた。
自分磨きや女性らしさの追求を述べるこの女性は、外見だけでなく内面も洗練するべきとの考えから、
デカルトではなくユング的発想、つまりはオカルトのようなことに凝りだしたそうだ。
簡単な占いからはじまり、霊的な癒し、果ては黒魔術チックな呪術と話しだす彼女に対し、
妻は一線を画すよう心がけていたらしい。
オカルトについては私も少し興味をもっていたことから、興味本位で黒魔術について問いただしたことがあったが、
猫の死骸や害虫の収集などの話がなされたことから、打ち切りをお願いしたことを覚えている。
続きを読む
×