パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

流産

pregnant-1245703_1920

370: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/05/27(水) 00:18:10 ID:bFX6weohO
不思議な話なら、なんでもいいのかな。

息子を妊娠していた冬のこと
予定日が3月だったので、もう結構大きなお腹でお風呂に入っていたある日。
膝のあたりに痣が出来てたのを見つけたんだけど
どこかにぶつけたかな?くらいに思って毎日過ごしてた。

初め青かった痣が治りかけ黄色みを帯びてきた時、私は思わず息を飲んだ。
続きを読む

鏡

914:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 13:22
私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。
実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。

弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので、一緒に遊ぶという感じではありませんでした。
父も母も祖父も、弟が生まれてから、以前ほど私をかまってくれなくなって、少し寂しかったのだと思います。
とにかくその頃の私は、一人遊びで日々を送っていました。
続きを読む

駅のホーム

400: 名無しさん@おーぷん 2016/07/27(水)10:29:44 ID:Jym
朝からお腹の調子が悪く、会社の最寄り駅に着いたときがピークだったけれど
駅のトイレを利用するのは気が引けて、会社まで我慢しようとお腹を押さえながら歩いていた。
ふと視界の端に、前から女性が来るのが見えたから壁際に寄ったんだけど、
なんというか通路のど真ん中を歩いてくるというか、少しずーつこちらに近づきながら歩いてる感じ。
疑問に思いながら壁すれすれで歩いてると、すれ違いざまに拳でお腹を殴られた。
続きを読む

部屋

27 :part1:2005/10/29(土) 14:15:05 ID:OXpG3vFI0
わたしが実家を出て2年。1人で一軒家に住んでいた母親が
再婚を機に遠くへ引っ越す事になったので、実家を人様に貸すことになりました。
運良くすぐに、家を新築する間だけというご夫婦が借りてくれる事に決まり
半年ほどその夫婦が住んでいましたが、先月めでたく家が完成したとの事で
出ていかれたので、一番住まいが近いわたしが家の様子を見に行きました。
続きを読む

介護

128: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/04/24(木) 15:20:38 O
流れ切ってすいません。過去のことを投下。 
かなりサイコホラーかも。 


数年前。暴力トメに流産させられて精神的にキていた私。 
事故により数か月寝たきりとなったトメの介護を引き受け(ウト故人・夫単身赴任)、毎日献身的な「介護」をしたつもりだった。 
……いつの間にか「育児」になっていた。
続きを読む

水

653 :本当にあった怖い名無し:2009/06/09(火) 15:29:35 ID:/rPgvgWV0
実体験を二つほど。 

半年くらい前。朝起きたら部屋の中央にあるコタツ机を中心に水浸しになってた。 
水浸しといっても散乱していた書類等が水を吸収していたので、そこまで広がってはいなかったが。 
しかし、書類の束は上から下までびしょぬれ。 
続きを読む

恐怖

372 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:01/12/31 17:57
昔ふと思い出して、ずっと気になってる話。
俺が保育園の頃に、保母さんが妊娠したのね。
で、別の保母さんが
「××さんは赤ちゃんがお腹にいるから、お腹を蹴ったりぶったりしないでね」って話をして。
続きを読む

電車

356: 343 2010/10/27(水) 09:51:27 ID:vLnT2Fm8
「妊婦です席を譲って下さい」カードを持っていた人がいた 
寝ている姉の顔の前でそれを出して振ったけど、寝ている姉には見えていない 
顔にグイッと押し付けたら、姉は目を閉じたまま手で払ってそのまま寝ていた(寝てる時って判断力が鈍りますよね) 
続きを読む

駅のホーム

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/07/12 17:58
誰にも話せなかった、少しだけ悲しい話。 
今年のお正月、大雪で実家へ帰れなかったので、少し日を開けて帰ったの。 
いつもは私鉄で帰るんだけど、その日はなぜか「JRで帰ろう。」と思ったのね。 
で、JRで実家のある街へ帰りました。 
改札を出るか出ないかのところで、うしろから 
「すみません、すみません。」と声をかけられました。 
振り向くと、見知らぬ男の人。 
続きを読む

池

809: 809 2010/06/16(水) 19:53:58 ID:lSphi32u0
ちょっと暗い話で申し訳ないです。 
それに無駄に長くなってしまったので苦手な方はスルーしてください 

7年前のちょうどこの時期、私は高校3年生で、死のうと思い学校をサボって実家からは少し離れたみずうみに向かいました。 
こちらではいわゆる自殺の名所と言われている湖です。 

そこは観光地でしたが平日だったのとまだ朝だったということもあり、全く人気はなかったと思います。 
荷物を湖畔の木のそばに置き、靴下を脱ぎ、制服一枚で入水しようと覚悟を決めたたずんでいると、背中に変な感覚が走りました。 
何かと思い振り向くと、制服を着た高校生くらいの女の子が私に向かって水鉄砲を浴びせていました。 
続きを読む
×