パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

洒落怖

地下

8 : 地下のまる穴1: 2011/12/16(金) 10:06:43.33 ID:s+XHJkPg0
ホラーテラーの名作でも貼っていくかな
http://horror-terror.com/c-real/entry_6152.html

これは17年前の高校3年の冬の出来事です。
あまりに多くの記憶が失われている中で、
この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきた
メモを読みながら書いたので、
細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、
できるだけ誇張はせずに書いていきます。

私の住んでいた故郷は、すごく田舎でした。思い出す限り、
たんぼや山に囲まれた地域で、遊ぶ場所といえば、
原つきバイクを1時間ほど飛ばして市街に出てカラオケくらいしかなかったように思います。
続きを読む

マネキン

625:本当にあった怖い名無し:2006/03/26(日) 19:51:49 ID:r3LOQZSh0
大学時代に聞いた話 
実際にそいつが体験した 

そいつ(Tとする)の家は美容院。 
1階が店舗で、2階が居住用。 
Tの部屋は2階の一番奥で、その当時部屋に電話がなかった。 
電話を使うときは、いつも1階の美容院の電話を使っていた。 
外から店の入り口を入るとすぐに待合スペース。 
その先に会計カウンターがあり、電話はその会計カウンターにあった。 
カウンターにはいすもあり、Tはいつもそこに座り電話をしていた。 
続きを読む

流木、漂着物、仏像、怖い話

956:
本当にあった怖い名無しsageNew!投稿日:2013/01/29(火)22:27:07.08ID:jNk3F+l20
中学校2年のときの話。俺は家は漁師じゃなかったが海辺に住んでいた。

というか前の浜から背後の山までせまくて細長い土地の町だったんで、ほとんどの人がが海辺に住んでると言えるんだけど。

それで今でいうビーチ・コーミングを趣味としてた。当時はそんな言葉はなかったけど、簡単にいえば漂着物の収集のこと。
続きを読む

お化け屋敷2
04/01/18
私の母が体験した30年くらい前の話。

当時、神奈川県にけっこう大きなキャバレーがありました。

母は新聞の募集欄を見て、アルバイトの面接に行きました。内容は、ホステスさん達の幼い子供さん達を、勤務時間中に面倒をみてあげるというもの。意外にもすんなりと採用されました。

翌日、お店のボーイさんに案内され、山のずーっと上の方にある一軒家にたどり着きました。

建物は古いなりに修繕されてはいたけれど、玄関から一歩足を踏み入れた途端、もうぞぞぞ~っと総毛だち、足が震え、中に入るのもやっとだったそうです。
続きを読む

気味が悪い
14/05/19
4歳か5歳か、小学校に上がる前の、夏の終わりの話。

私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。喉が渇いて目が覚めて、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う。

部屋にあったはずのおばあちゃんのベッドがなぜか仏間にあるし、ただの壁だった縁側の突き当たりに謎の扉があるし。

広い家の中で私を一人ぼっちにして、おばあちゃんはどこかへ出かけたようだった。

セミの声もしないし、おじいちゃんが大事にしていた小鳥も小魚もいなくて、昼寝前にいとこと遊んでいた客間には、見慣れないティーセットが何組も飾られた、ガラス張りの食器棚が出現していた。
続きを読む

怖い人形
13/11/24
もういろいろ済んだから、書かせてくれ。

父親には妹がいたらしい。俺にとっては叔母にあたるが、叔母は生まれて数ヶ月で突然死んだ。原因不明。待望の娘が死んでしまい、婆さんは大層落ち込んでいた。

見かねた爺さんが婆さんにフランス人形を買い与えると、婆さんはそのフランス人形に叔母と同じ名前の「千寿江(ちずえ)」と名付けて可愛がった。

毎日なで、そばに置き、綺麗にしてやり、共に寝たそうだ。
続きを読む

仮装、祭り

567名前:
クワズイモ◆mwvVwApsXE投稿日:04/06/27 10:06ID:fPmCdN8a
#夜書くと目の前に現場があるんでマジで恐ろしいので今書く。

オレの部屋の前にある家はかなり金持ちで、毎週ワイキキやサンフランシスコに出かけるような富豪っぷりだった。

オレが二十歳になって2週間目の夜。月が奇麗な夜だったのを覚えている。

夜中にネットしてて、昔のPCだったから速度がめちゃくちゃ遅くて、イライラしてたので窓の外を見た。
続きを読む

漁師町、港、海、夕日

506:
本当にあった怖い名無し 2012/06/07(木)09:58:14.36ID:6R/OCGUJ0
怖い話というか、なんというか・・・とりあえず、書いてみる。

俺は、とある調査関係の仕事をやっている。4年ほど前に引き受けた調査で、労災関連の話があった。ある会社で、事故があった。

ローラー車というのかな、地ならしする大きなローラーが前についた車に、女性従業員がひき頃されたって事件だった。
続きを読む

a0001_003719

私がまだ4〜5歳の頃の話です。 
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。 
まだ小さかったので母と女湯に入っていました。 
或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の 
中でプールよろしく遊んでいました。 
今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア 
が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません) 
私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。 
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。 
ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。 
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。 
何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。 
ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました 
おわースゴい。夢中になって覗いていました。 
ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか 
突然、私は目を離し身を引いたのです。 
そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように 
乱舞していました。・・・・・・ 
私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした。