パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

気味が悪い

電車内
14/05/20
10年ちょい前の話。

俺は神奈川県のO線のH駅からM駅まで毎日電車で通勤していた。

いつもだったらまず座る事なんて出来ないけど、その日たまたま椅子が開いていたので座ったら、しばらくして金縛りにあった。

座りながら金縛りなんて聞いたことないな、と思いながらもすぐに戻るだろうとその時は冷静に考えてたんだけど、降りなければいけないM駅が近づき、そして過ぎても一向に金縛りが解けない。

まずい!会社遅刻する!と頭はかなり焦ってるのに体は全く動かず声すら出すことが出来なかった。
続きを読む

不気味
09/02/04
少し前のこと、夜中自分の携帯に何度も知らない番号から着信があった。

知らない番号だしほっといたんだけど、1時間に18件というあまりにもしつこい着信にイライラしてきて怒鳴るつもりで電話に出た。

「もしもしっ!!」

「………ップー、プー(切れた)」

そしたら、出れば切れるの繰り返し…。30分くらいの攻防戦の末、だんだん疲れてきたんで少し冷静になろうと風呂に入った。
続きを読む

パトカー
08/04/02
学生の頃、真夜中友達と二人で原チャリでツーリングしてた。

かんせいな住宅街で、静かに走ってたんだけど一時停止を見落としネズミ取りに捕まった。

最悪な事にその日、自分は免許証を自宅に忘れてて、パトカーの中でかなり時間かかって身元紹介とかしてた。

多分、30分くらいたった頃だと思う、自分の座ってる席の窓をコンコン、と叩く音がした。

最初は空耳かと思ったけど、また、音が。お巡りさんも不審に思ったのか、外に出て、辺りを調べてた。でも、誰もいなかった。
続きを読む

女性
10/05/03
これはわたしの話です。

わたしがずっと幼かったころ、ふたりの母を見たことがあります。ひとりは寝床で眠っている母、もうひとりは闇の中青い顔をして台所に座る母。

深夜にトイレに起きたわたしは、何度も行ったり来たりして確認しました。それはニ~三日つづきました。誰にもはなさなかったのですが。
続きを読む

日本人形
13/10/22
もう何年か前の事になるんですが自身の体験談になります。

その時は仕事の都合で友人の家に一泊お邪魔する事になっていて夕方友人と会う事になっていました。たしか17時ちょっと過ぎた頃だったと思います。

合流しすぐに友人宅には向かわず街に寄って早めの夕食をとってから街を軽く散策しながら、お互いの近況について話しつつ友人宅へ。

たしか19時前くらいだったと思います。日も暮れて暗くなった頃に友人宅へ到着。乗り物は使わずに街からそのまま徒歩で。

友人宅は昔ながらの古風な家で立派な作りでした。お邪魔するのは今回初めてで、門を開けて敷地内へ通されました。友人は祖父母と3人で暮らしており、少し広すぎると話してました。
続きを読む

フェンス
09/05/23
今から2年くらい前に夜間高校に通ってたときの話。

担任の田中先生(仮)と仲が良くて、放課後に2人で雑談しながら教室のそうじをするのが日課だった。他の生徒は、授業終了後すぐに帰ってしまうのがほとんど。

一旦社会に出てから入学したから、先生との歳の差が2つくらいしかなくて向こうも話しやすかったのか、仕事のグチとか旦那のグチとか聞かされてたw

で、その日も2人で教室そうじしてたら、窓際にいた田中先生がグラウンド見ながら
続きを読む

お地蔵様
12/12/20
小学校4年生の時の話。

当時俺の町では小学校の合併があり俺のいた小学校が建て増しされて別だった学校のやつらが移ってきたことがあった。

それで新しい友だちが数人できて、家に遊びにいったりしたけど、そいつらの地区は同じ町内でも行ったことがない場所だったんで、最初のうちはけっこう新鮮な体験だった。

5月だったと思うが日曜日の午後にその地区で遊んで家に帰る途中でどしゃ降りの雨になった。6時まで家に帰らないと怒られてたからたぶん5時過ぎくらい。
続きを読む

サイレントヒル
13/02/04
3年生のときの同級生でよく嘘をつくやつがいたんだよ。

そいつとは家が近かったんで、低学年の頃は何度かいっしょに外で遊んだ記憶もある。

小学生は意地をはったり見栄をはったりして他愛もない嘘をつくことがあるけど、そいつのはいかにも突飛で、しかも確かめればすぐバレるようなものばかりだった。

例えば虫取りが流行ってたときには、15センチもあって角が三つに分かれたカブト虫を山で捕まえたとか言う。
続きを読む

真夏
16/07/20
十年以上前になるけど、夏になると今もふと思い出してしまう、ちょっとぞわっとした話。

当時自分が住んでたのは、山すそのぶどう畑と林に囲まれた、某企業の広大な敷地を縫うように、工場の施設や社宅が点在する田舎町だった。

隣市に続くバイパス沿いまで行かないと大型のスーパーもなく、潰れかけた個人商店が数軒あるだけで、コンビニに行くにも自転車で10分はかかるという過疎地。

その日、たまたま猫のエサを切らしてしまい、真夏の炎天下に自転車なんて漕ぎたくなかったけど、可愛いにゃんこたちのためならば仕方がないと買い物に出掛けた。
続きを読む

宇宙人
13/06/17
怖いというよりか気味が悪いなと思った話。友人のSが小学生の頃の、少しおかしな体験。

詳しい時期は、当人が体験したことを片っ端から忘れていくせいでわからないのだが、授業の合間に怖い話をしてくれる家庭科の先生がいたらしい。

内容についてはオーソドックスな都市伝説ものなのだが、先生のキャラというか容姿というか、そうした要素が加わってそこそこ怖かったという。

休憩時間のこと。
続きを読む