パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

死者

dream-1308795_960_720

244 :可愛い奥様:2009/12/17(木) 09:57:25 ID:UqaPx9Mi0
うちの近所では、左回りにグルグルと螺旋を書くように順繰りに死人が出た。
昭和50年代に開墾された住宅街で、同世代ばかりなのだけれども、
31歳の長男を亡くした家もあれば、16歳の娘さんを亡くした家もあり、世代的な問題ではなさそうだった。
祟りを危惧して引っ越した家もあったが、そこのうちの主人も引っ越し先でまだ54歳なのに急な脳梗塞で亡くなった。
続きを読む

夜釣

642: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 20:49:20.25 ID:Mg8n2xxX0
一昨年のお盆
盆休み利用して某海岸に釣り行った
14日の夕方に着いてそのまま夜釣りに突入
AM2:00まわった頃だと思うんだがウトウトしてて
そこでガヤガヤ話し声で急に目が覚めたら
目の前をたくさんの人が宙を浮きながら平行移動してた
続きを読む

暗い海

479 :本当にあった怖い名無し:2008/03/02(日) 04:46:17 ID:idtW7/NS0
193 名前: お盆 投稿日: 02/12/21 12:20

8月は死者が家に帰るお盆と言う行事があります
今回はそれにまつわるお話です。

私の友人の父親が近海漁業を仕事にしている人がいます。
彼が若い頃、出航は禁止されていたのにも関わらず
お盆の時期に船を出したそうです。
続きを読む

洞窟

723:本当にあった怖い名無し:2008/08/05(火) 19:48:16 ID:Wr0euA4uO
あんま怖くないかも、すまん 

約3年前、高校2年の時に修学旅行で沖縄に行った。 
行く前に母から沖縄では洞窟(ガマでしたっけ)にだけは
行くなって口が酸っぱくなるほど言われた。 
(戦時中に皆そこに逃げて、亡くなった人も沢山いたから霊の溜まり場なってるらしい。私はそういうものを引き寄せやすい体質らしいから絶対にガマには行くなと言われた) 
だからクラスでガマに行くときには参加せずにバスの中で待ってた。 
続きを読む

お地蔵さん

350:本当にあった怖い名無し:2006/05/05(金) 15:02:38 ID:V+dWHg3d0
鎌倉中期(だと思った)に存在した名将やすだよしさだ(漢字知らん) 
の切腹した場所である腹切り地蔵は文字通り上半身より上が無い地蔵が 
安置してあります。その地蔵もいわく付きで当初はやすだなにがしの 
霊を静めるため普通の地蔵を安置していたのですが 
次の日には上半身が削り取られていたと言う伝説が残っています。 
其処は見通しも良く決して事故など起こりそうに無い場所 
なのですが未だに交通事故が絶えません。 
夜は絶対に近づいてはいけない場所と地元では有名です。 
その場所(腹切り地蔵)のすぐ近くに住んでいる友達が僕にはいるのだけれど 
夜の10時くらいに遊びに行ったんですよ。 
もちろん泊まるつもりだったんですが急用が出来て深夜2時くらいに 
お暇しなきゃならなくなったんです。もちろん友達には引き止められましたが。 
続きを読む

火事、炎

06/01/19
俺は安アパートの2階に住んでいる。 
夜中、なにやら騒がしくて目を覚ました。 
消防車のサイレンや鐘の音が鳴り響いている。 
レム睡眠の途中で目を覚ましたらしく頭がクラクラする。 
サイレンの音は一つではない。 

火事らしい。それもすぐ近所だ。 
ベッドから這い出して窓を開けると、となりの家屋の少し向こうの夜空が 
オレンジ色に輝いて染まり、吹きあがる黒煙のなかを炎が舞っている。。 
焦げた匂いが風にのってただよってくる。 
避難した方がいいのだろうか。 
隣の部屋の若い会社員も窓から顔をだしたので、俺は声をかけた。 
「ずいぶん近いですね」 
「うん。●●ハイツじゃないかな」 
俺は通学途中の路地にある白いモルタルアパートを思い出した。 
「避難した方がいいですかね」 
「着替えて貴重品まとめておいた方がいいかもね」 
そう言うと会社員は顔をひっこめた。 
俺もスウェットを着替えて、荷物をまとめはじめた。 
続きを読む

祭り
15/07/30
普段は見るの専門なんですが、あまりに怖かったんでちょっと、話させて下さい。

私には小さな頃繰り返し見ていた夢がありました。…といっても3回だけですが…。

で、その夢なんですが、地元の田舎であるお祭りで、誰かを待ちながら橋の上から祭りを眺めているというものでした。

橋のふもとのところからズラリと屋台が建ち並んでおり、光り輝くように鮮やかで色とりどりで、私は早くその誰かと行きたくてウズウズしていました。
続きを読む
×