パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

死神

不気味

09/07/17
私の話ですが、友達とバイト先の焼肉店へ給料を取りに行く約束をしました。 
と、前日の深夜。いきなり電話がかかってきました。電話を見て、ん?って思ったんですが… 
普通、携帯だと着信相手からの番組が表示されますよね。それか非通知って。 
何も表示されないんです。画面が真っ暗で、ただ電話が鳴ってたんです。 
「はい…」恐る恐る電話に出ました。 
「あっ、今平気?」相手は知らない、若い男の声。「明日5時だよね?」 
私が待ち合わせしていた時間でした。 
続きを読む

死神

05/11/18
見たことある人は知ってるだろうけど少し前にUSOって番組あったよな? 
俺はあれを観てた。あの時中坊だったからあんな番組でも楽しんで観てた。 
で、いつだったか、どういうテーマだったかはよく覚えてないんだけど、Mランド(伏せ字みたいな感じで)という遊園地のお化け屋敷のような場所を取り上げてた 

今も営業してるから何処とは言えないけど、その遊園地がある県の隣の県に住んでいること、少し前に行っていたこともあって見たら何処のことかすぐ分かった 
そしてそのお化け屋敷にも入っていた。 
その番組はそこに何かがいるという結論にして終わった 
続きを読む

死神

09/07/23
自分が物凄く生活が荒れてて周りの人々に迷惑を掛け捲っていた頃の話です。 

昼下がりに寝ていると誰かが毛布をかけてくれた。 
家族の誰かがしてくれたと思って[・・・アリガト・。・。」 
なんて思った次の瞬間!! 

全身が金縛りになって全く動かない状態に!! 
でふと目をやると何とそこに立っていたのは黒尽くめの死神だった。 
かけてくれたと思っていたのはその死神が着ていたマント。 

頭ん中を己の鼓動だけが響いてるような状態で 
「頼む・・・どこかに行ってくれ!!」と必死に念ずると 
その死神は逆にグッとこっちに近づいてきて 
さらに耳元に顔を寄せてこの世のモノとは思えない醜い声で 
続きを読む

危険

15/05/31
1つ下の弟はいい子なんだけどボンクラすぎたので、ちょくちょくいじめられていた。

でも弟をいじめた子たちがことごとくひどい目に遭っている。

幼稚園→同じクラスのヤンチャ坊主に殴られたり蹴られたりしていたらしいが、卒園直前で彼がマンションの4階から落ちて死んだ。

小3→やっぱり乱暴されて泣きながら帰ってくることがしょっちゅうだったのだが、

いじめていた子は遠足の日の朝、私をふくむ大勢の生徒の目の前で、曲がってきたダンプカーに頭を潰されて死んだ。

みるみる広がる赤&その他の色の水たまりは未だにトラウマ('A`)
続きを読む

海

07/12/17
19歳の時、私の兄と兄の友人が海で波にさらわれて行方不明になったんですが…

その時、ニュースで実名で報道され、ニュースを見た私の友人も何人か心配して連絡をくれました。

その中に占いができる友人がいて、私は藁にもすがる思いで

「兄は戻ってくるのかどうか占って欲しい」

と頼んだところ、彼女は

「ごめん。占えない。ホントゴメン」

と言って切られてしまった。
続きを読む

新宿
13/03/05
昨年の夏の話。

その夜は友人との飲み会で、かなり帰りが遅くなった。

終電も逃し、このまま朝まで飲み明かすかーって話だったんだけど、私は次の日用事があったので帰ることにしたんだ。

私の自宅は新宿からそう遠くなく、タクシーに乗ればすぐに着くけど、まあ歩けない距離じゃないし酔い覚ましがてら歩いて帰るかってことで、暗い夜道を一人で歩いた。

賑やかな繁華街を離れ、住宅街に入る。

夜風が気持ちいなあなんて考えながら歩いていると、突然、暗がりから小学校低学年くらいの全身黒ずくめの男の子が現れて

「むかえにきました!」
続きを読む

夜
03/06/11
俺の親父の話を書きます。親父はタクシーの運転手をしています。

夜中2時を過ぎたくらいだったそうです。一人の男性(40代くらい)が病院から乗ってきました。行き先は違う近所の病院でした。

身なりはきちんとした黒の背広姿でおかしな様子もありませんでした。車中、男性はカバンからA4サイズの書類を取り出し一枚一枚をていねいに見ていました。

目的の病院につくと男性は、

「運転手さん悪いが少しの時間だけ待っててもらいたい」
続きを読む

病室
13/04/03
以前勤めていた病院で、黒い影というか、全部が黒の点々でできた人影を見たことがあります。

私が勤めていた病棟はICUがあり、重篤(じゅうとく)の患者さんばかりでした。

特に322号室は、ICUを出ることができたものの、目が離せない患者さんに入って頂く病室で、ナースステーションに最も近い病室でした。

322号室は、不思議なことばかり起こる病室で、入室するときには必ず『入りたくないな』と一瞬頭の中をよぎる病室でした。
続きを読む

病院
11/05/05
高校生の頃、インフルエンザで高熱を出した。意識が朦朧として、救急車で病院へ。

肺炎と分かり三日ほど寝込んだが、なかなか体力が回復せず、そんまま半月ほど入院した。

定時に看護師が点滴を交換したり、配膳したりで訪れたが、時々30代なかばくらいの看護師がたいした用事もないのにふらりとやってきて、こちらの顔をうかがうことがあった。

やっと食事が取れるまで回復して、看護師とも会話できるくらいになった。そこで、時々見回りに来る看護師について聞いてみた。
続きを読む

病室
11/06/16
うちの病院のカテーテル室(重症の心臓病患者の処置をする場所)にはもっさんと呼ばれるものがでる。

もっさんは青い水玉模様のパジャマを着ており、姿はぼさぼさ頭の中年だったり、若い好青年だったり、痩せた女だったり様々。

共通点は部屋の隅でうつむいて立っていること、同じパジャマを着ていること、なにもしゃべらないし動かないこと、気が付くと現れ、気が付くといなくなっている、その場にいる全員に見える。

もっさんが出たとき、処置中の患者は後日必ず亡くなる。
続きを読む