パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

旅館

旅館
15/08/11
当事四歳の娘を連れて伊豆に家族(主人の両親もありで)旅行に行きました。

うっかり娘が毎日一緒に寝ているパペットを忘れてしまい、ぐずりだした娘を落ち着かせようと部屋を出ました。

主人の両親が起きてしまうと申し訳ないのでそのまま廊下を渡り、薄暗いロビーに行きました。

時間が深夜なのでフロントにも誰もいません。
続きを読む

正座
08/10/14
去年の話。

ちょうど今の季節に、私は親友と二人でとあるバンドの夏ライブツアー全ヵ所制覇にやっきになってた。

二人して半年かけて貯めた金をこのツアーに全てつぎ込み、燃える夏を過ごしてた。

で、実はこの親友がかなり見える人で、私もだいぶお世話になったりしてたんだけど、その日、地方のライブでなんとか見つけた旅館に泊まれることになって安心してた。
続きを読む

旅館
11/09/15
昔、一度だけ見たことがある。いつ、どこでなのかは覚えていないが、体験だけは覚えている。

俺がかなり小さいころだったから、10年は前の話。そのころ、夏休みや大型連休となると必ずと言っていいほど、両親と俺と弟の4人、家族で旅行によく行った。

で、体験の舞台はある旅館だった。

部屋の中でその日を過ごし、やがて寝ようという時刻。俺と弟は親よりも早く布団に入ってた。そのあと寝付けないこともなく就寝。

ふと、俺は夜中に目が覚めた。電気がついていなかったから、親ももう寝たんだな…と思った。それで寝た体制のまま周囲を見ると、異常なのが目に飛び込んできた。
続きを読む

夢
08/02/09
幼稚園の時に祖父母の家に遊びに行くと、いつもお内裏(だいり)様とお雛様のような格好をした人がいた。

その二人はいつも二階の部屋にたたずんでいるんだけど、その部屋で遊んでいても別に怖い感じはしなかったので、お互い干渉せずにいた。

あと玄関の脇には小さい入り口があって、そこから入っていくと真っ白な広い部屋に行けた。先が見えないくらい広かった。

家の改装をしてからその二人は見かけなくなり、広い空間への入り口も塞がれたのかと思ってた。
続きを読む

カオス
14/08/28
これは叔父が若い頃に体験した話で、今年の夏祭りの時に叔父が話してくれました。

叔父は昔、E県の田舎に出張していた事がありました。

仕事が一段落すると、疲れを取ろうと叔父は休暇を取り、出張先で一緒に来ていた同僚のH氏と一緒に旅館に宿泊しました。その旅館での出来事です。

2人は酌を交わしながら深夜まで他愛もない世間話をした。
続きを読む

旅館
09/05/08
かなり昔の話ですが体験談を書きます。

私はバイトで旅館で住み込みで働いていました。仕事が面白く感じる頃にその客はやって来たんです。

人数は4人、皆さんの顔からは悲しい感じが伝わってきました。そしてそのうちの一人は遺影を持っていたんです。(笑顔で撮られてる女性)

正直怖かったです、遺影を見ないようし客を部屋へ…。その部屋からは笑い声どころか会話も聞こえてきませんでした。

次の日、お客様が帰った後に布団をたたみに行きました。そしてそこでゾッとしました。
続きを読む

不気味

2013/08/24
一昨年、会社の友達3人と東北に車で旅行に行った時の話です。会社はソフトハウス[ソフトウェアを開発・販売する企業のこと]で、とあるシステムの完成祝いでした。

閑散期だったので予約はせず行き当たりばったり。最悪は車(エスティマ)の中で寝ましょうね、という小旅行。

かなりの山奥で●●荘という看板が目にとまり、よし今夜はここにしようという事になりました。到着すると、年季の入った、規模の小さな旅館でした。

私「ごめん下さい、予約していませんが泊めていただけますか?」

ご年配の女将「申し訳ありませんが、うちはご予約のお客様だけでございます。」

田中「食事がなくても、泊まれるだけでもいいんですが、どうにか…」

村田「今当日予約ということで…ダメですか?」

女将「そういわれましても...」

私達「お願いします。」

と、ごり押しして、離れの部屋で良ければということで、どうにか泊めてもらえることになりました。
続きを読む

旅館

57:
本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火)03:41:14ID:BwpMeeNd0
甲府方面にある旅館に泊まった時の話。長文になりますので長いの嫌いな方スルーしてください。

俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっとたった時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。

特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所も適当に確保するという感じの旅行だった。初日は山梨方面に向かい、なんとなく清里(きよさと)で降りてホテルに泊まった。

次の日、ホテルを出て富士山方面に電車で向かった。甲府駅で降り、城跡を見たりして夕方近くに再度電車に乗り込み静岡方面へ。

途中で温泉街を見つけたため、その日の宿を探そうと電車を降り、駅に置いてある案内板で旅館を探し電話をした。

近場の旅館やホテルは満室だったため、温泉街から少し離れた宿に電話をして空室を確認し迎えに来てもらった。

迎えの人は30分過ぎても来ず、1時間後に軽のワゴンで到着した。この時点で少し嫌な感じ(霊的な意味ではなく、失敗したかなと)がしたが、迎えに来てもらっている手前、何も言わずに車に乗る。

車はきれいなホテルや旅館を尻目にずっと進み、山奥の方へ。周りには川しかない環境で不安はさらに増していった。
続きを読む

田舎、猫

50:
本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日)02:35:15.69ID:lGUXio2b0
僕がまだ小学生の時、おそらく中学年だったろうと思う。

夏のある日、車での家族旅行の帰り、どうやら道に迷ってしまったようなんだ。見当違いの見知らぬ土地で日も暮れ、どこか奥まった集落に行きついた。
続きを読む