パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

放火

fire-1842140_960_720

187 :1/2:2012/05/09(水) 06:16:58.51 ID:dhxhqExP0
昔住んでた家の近所であった話。

うちの近所で火事があった。
一人暮らしのおばあさんが住む一軒家が全焼した。
まわりの家はススをかぶっただけで無事だった。
住んでいたおばあさんも、その日の朝早くから旅行に出かけていて無事だったが、
問題となったのは火事の原因。
おばあさんは10数年前に夫を亡くしていて、
消防署は、その旦那さんの入っている仏壇の線香の消し忘れが火の元だと断定した。
おばあさんはボケてはいなかったが高齢だったので、
「家を出る前に、ちゃんと線香とろうそくは消した……と思う」
と曖昧な返事だったせいも、ある。

続きを読む

horror445_TP_V

150: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 00:20:12.26 ID:jImaXkIh0
143です。実話です。

昔個人宅へ配達の仕事をやってた。
その中で週1くらいのペースで荷物を頼む老夫婦がいた。
奥さんしか会ったことはないんだけど家に行くたびに声をかけてくれるとても気さくで優しい人だった。
ある日もまた荷物が届いた。だいたい18時以降には居るから夕方日が落ちる手前くらいに行ってみた。

続きを読む

7AF55A76-879F-4721-AE85-D5924C44A814

300 :本当にあった怖い名無し:2013/05/29(水) 20:35:03.17 ID:FRvHfoFA0
大学生の頃、電柱になる夢を見た。
見える景色は、地元の見覚えのあるが少し違った場所だった。
私はただそこに佇み犬の散歩をする人、腰の曲がったお婆ちゃん、ただの通行人を眺めて一日が終わり、
また次の日も同じように一日が過ぎていくだけ。
現実の睡眠時間は7時間程度だったが、その夢の中では一生とも呼べる程長く退屈な時間だった。
その夢の終わりは、工事で電柱の場所が変わって私は居なくなった、という結末でようやく私は解放された。
続きを読む

bob2082BA024_TP_V

622: 本当にあった怖い名無し 2006/09/16(土) 02:23:41 ID:tTiInnjRO
小3ぐらいのとき地元の山奥に「人の死体があるらしい」っていう噂の廃屋があったなぁ。
とある日に友達数人で探検に行ったんだ。

実際目の当たりにするとスゲー不気味ですぐに逃げ出したくなるような気持ち悪さでさ。中に入ってみると生活感があって凄い怖かった‥‥そしてなにかが腐ったような変な臭いが‥‥
続きを読む

hell-1690451_1920

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/06(日) 01:01:52.02 ID:jQ2L2juxO
誰もkwsk言ってくれないから自分で書くなww

朝方なんか眩しいし煙い気がして目が覚めた。
そのまま寝ようとして家は遮光カーテンなことに気づき、目を開けると
布団が勢いよく燃えてた。
続きを読む

公園

495: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/21(土) 14:01
うちの裏手には公園があるのよ。
公園に面した窓に向かって、PCが置いてあるんで
PCいじってると、公園も見えるわけ。
毎日、暑いから午前中って公園に誰もいないわけ。
珍しく9時過ぎくらいに子供が一人遊びに来てたのよ。
続きを読む

死神

787: 名無しの心子知らず 2011/10/10(月) 16:13:36.14 ID:JfBLanWK
近所に輪をかけた放置子がいて小動物虐待あり(学校の兎の耳を切ったり)の 
自分より小さい女の子のパンツ見たがったりので酷かった 
高学年になってから低学年の子のパンツ脱がして触ったりして 
ものすごく問題になってたけど両親の旅行中ある日川に落ちて死んでた
続きを読む

廃墟

609: 本当にあった怖い名無し:2009/07/25(土) 17:33:34 ID:ZkufKq/K0
1/4 
俺は新聞屋の専業でさ、休みを除いて朝夕毎日決まった区域を配達してるんだ。 
この仕事をしてると、やっぱそれなりに妙な体験をしたことも何度かある。 
それで、これは最近あったというか継続中の話。 

俺の担当区域は結構田舎の方でね、配る家と家の間も結構離れてるようなところなんだ。 
もちろん街灯もあまり無く、建ってる家も古い家が多くて玄関の灯りさえ無いところがほとんど。 
続きを読む

グリコ・森永事件

35: 名無しさん@おーぷん 2016/04/29(金)21:33:18 ID:KIr
グリコ・森永事件

1984年3月の江崎グリコ社長を誘拐して身代金を要求した事件を皮切りに
江崎グリコに対して脅迫や放火を起こす。その後、丸大食品、森永製菓
ハウス食品、不二家、駿河屋など食品企業を次々と脅迫。
現金の引き渡しにおいては次々と指定場所を変えたが、犯人は一度も現金の引き渡し場所に現れなかった。
犯人と思しき人物が何度か目撃されたが逃げられてしまったため、結局正体は分からなかった。
続きを読む

月夜

236: 本当にあった怖い名無し 2012/06/12(火) 15:27:00.99 ID:jC+hKW1U0
細かい所はうろ覚えだけど、アンビリバボーか何かでやってた冤罪事件の話。 

主人公は小さな村の警察官で、正義感の強い人だった。 
ある事件の容疑者として捕まったのはその場に居合わせた若い青年。証拠が不十分であるにも関わらず、やり手の刑事の取り調べで自白があったとの事だった。 

これに「冤罪ではないか?」と異論を唱えたのが主人公だった。 
実際、青年は本当は犯人ではなく、刑事の拷問に近い取り調べで無理矢理自白させられていた。 
主人公は何とか青年の無実を証明しようとするんだけど、そこからがすごく後味が悪かった。 
続きを読む
×