パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

手術

bob208020199_TP_V

287 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 15:23:59 ID:IKjO6S9X0
私がまだ看護短大に通ってた頃の話を投下。

看護学生って、看護助手として夜勤のアルバイトをする場合があるのね。
私は家庭の事情から、親から仕送りをしてもらえる状況ではなくて、
学費は奨学金でどうにかなったものの、生活費を稼がなくちゃならなくて、
夜勤のバイトの募集があった時、真っ先に応募したんだ。
実習で行ってる病院だったこともあって、夜勤といっても実習の延長みたいな感じで、
深夜勤務の看護士さんと一緒にマターリ仕事してた。

続きを読む

RED2020906045_TP_V

559 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 10:14:29 ID:mhBhUz3R0
ちょっと前に新聞(毎日か朝日)で、
重篤な怪我・病気をしている子供……の兄弟姉妹の精神的ケアをする機関の記事があった。
(どうしても健康な子は、病気の兄弟に比べて色々我慢することが多くなるので)
そのシリーズ中で『兄弟間移殖のドナーとなった子供』の話もあって、
兄弟間ってことで家族の空気読んだらどうしたって同意せざるを得ないとか、
ちょっと昔だとそもそも手術に関する話もよく聞かされない・理解できないうちに施術されたとか、
『本当は怖いし嫌だったけど言えなかった』なんてコメントも載ってて後味悪かったな。
『そんなはずはないのに、両親は兄・姉のために自分を作ったのかと考えてしまって辛い』とかさ……

続きを読む

1b4424f0

276: 茸 2007/03/16(金) 01:25:35 ID:ZSPX2Afv0
流れぶったぎって悪いが話投稿するよ。
あれは一年ぐらい前の事だと思う。俺が青梅にある有名な心霊スポットに友達何人かといったんだ。
そのときもカメラのシャッターがおりなかったり、音声認識のカーナビが無音状態の車内で突然起動したり
変な事は色々あったんだ。
でもほんとうにおかしかったのはそれからだった。
その三日後ぐらいだったと思う。
その夜、寝ていた時に突然内臓のどこか・・・というか下腹部が猛烈に痛み出したんだ。本当に痛くて血を吐いたり、痛みでベッドの上をのた打ち回った。
救急車を呼んで病院でレントゲンやら色々検査したら、小腸に10センチくらいの錆びた釘が入ってるって言われたんだ。手術で取り除いたが医者に「なんでこんな物が入ってるの?」って聞かれたが答えられるわけも無い。
飯に紛れ込んだとしたって明らかに気づくし飲み込めるはずない。
突然夜痛み出したのもおかしいし、おれにはあの夜にいきなり釘を腸にぶち込まれた気がしてならない。
なんだか得体の知れない恐怖に襲われた。

結局あのトンネルが関係あったのかどうかは今でも分からないが、たぶん人生で一番洒落にならないくらい怖かった。

続きを読む

knee-2253047_1920

822 :本当にあった怖い名無し:2011/10/08(土) 23:27:45.06 ID:ixs3+wQ60
俺の弟、小学生の時にひき逃げにあったのだが、その時の運転手の女性。
目撃者の話によると、事故後すぐに車を降りてきた女は、弟の体を何ヵ所か手で触れ、しばらくさすっていたという。
「ごめんね」といい、そのまま車に乗って去っていったという。

その後、救急車で運ばれた先で医師が妙なことを言っていた。
骨折したかのような所見があるが、骨はきちんと製復されている。


続きを読む

292BEBEA-6AB1-4790-89F2-4AD7A200E5A1

21/01/13
怖い話じゃなくて、不思議な話。

心臓は左に寄ってるんじゃなくてほぼ真ん中にあって、左側が膨らんでる形だから左肺にめり込んでるように見える、ってのはもう当たり前のことだと思う。

その反対っつーか、右が膨らんでるように傾いてる、ってのが、うちの父親だった。あまり生活には支障はなかったと思う。すんげー運動神経よかったし。
続きを読む

BOB2028040_TP_V

78: 風吹けば名無し 2019/01/15(火) 03:47:11.78 ID:ie8XHDOc0
O県西部にある、とある病院。

約10年前、当時の院長が、ある会社から借金をして病棟を増築した。
その会社の社長は、地元のよしみで返済はいつでもいいからと、言葉巧みに融資をしたが、その会社は実は某暴力団の隠れ蓑だった。
続きを読む

怖い家

811: 本当にあった怖い名無し 2012/08/17(金) 18:41:13.58 ID:7SbYCgdw0
爺ちゃんは当時すごい田舎の山村に住んでて
村にはあまり評判のよくない医者が一軒しかなかった
それで爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になって
しかたなくその医者に手術してもらったんだけど
膿の処置が悪かったとかで腹膜炎を起こしてしまったんだ
これは市の病院に運んで腸を出して洗うしかないということになったが
真冬で豪雪地帯なのでバスは動かないし鉄道は最初からない
続きを読む

死神

146:本当にあった怖い名無し:2013/03/05(火) 21:59:33.91 ID:UEDKmXu60
病院勤務だったうちの母はサラリーマン風の眼鏡をかけた人を見ていたそうだ。 
書類みたいなのを手にしながらウロウロし、
その人が近づいたベッドの人はその日に亡くなるらしい。 
続きを読む

絶望

857 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2005/10/26(水) 16:52:02
それで、久しぶりに思い出した。 
うちの親戚で本当にあった話らしい(自分の生まれる前)が、 
5歳の孫が盲腸で入院し、手術。結果は良好だったが、 
もちろんオナラが出るまでは絶食。 
ところが元気な孫は「おなかすいた、バナナ食べたい」と言いだした。 
続きを読む
×