パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

手紙

2765783_s

409 :774号室の住人さん:2006/11/24(金) 11:47:21 ID:g2R2BZim
帰ったらアパートの廊下にホームレスが段ボールハウス作って寝てた。
即刻通報したら警察が来てどこかに移動したみたいだけど、
私が通報した事がバレてたみたいで、翌日からドアに傷がついてたりカラスの羽根が大量に置いてあったりした。
迷ったあげく、皿に大きいオニギリ2個と手紙をつけてドアの外に置いておいたら、無くなってて、
翌日からピタリと嫌がらせが止まったよ。
一時は殺されるんじゃないかとドキドキした。

続きを読む

N853_usuguraiapa-tonorouka_TP_V

213 :本当にあった怖い名無し:2005/09/25(日) 14:21:02 ID:duztOMF30
去年、東北のレ○パレスに引っ越したときのことです。

最初に部屋にはいったときに、郵便物が数通、ポストの下にありました。
それは前の住人あてのもので、名前は斉○○子さんとなってました。
内容はダイレクトメールが殆どでしたが、中に白い封筒があり、差出人は新興宗教のような名前の団体でした。
ダイレクトメールの内容から若い女性のようなので、手紙を読むのも悪いと思い、
あとで返却しようと、とりあえず保管することにしました。

続きを読む

SATOIMGL0423_TP_V

210 :おかきさん:2005/08/31(水) 13:12:19 ID:/v4LkmRqO
何だか頭のなかがこんがらがってますが、書き込ませて下さい。

8月に入ってから、恋人と連絡がとれなくなったんです。
最初は、ただ単に振られたのかなと思ってました。
でもあの人がいなくなってから、変なことばかり起こります。

私は霊感とか全く無いし、鈍感です。

続きを読む

kidnapping-474027_960_720

194 :1/2:2014/02/01(土) 02:03:39.59 ID:iWlEqdA5O
生き別れの家族等を探して再会の場を提供する番組。

よくあるパターンは親と生き別れた子が親に会いたいというものだが、今回の依頼者はそれとは逆で、
産んで間もなく子を捨てたが二十数年経った今会いたくなった、というもの。

再会の前にまずスタジオトークがあるのだが、その時点で結構叩かれる。
母親(依頼者)の口からは「血を分けた家族だから」とか「親子だから」とかそんな安い言葉しかでない。
だったらなんで捨てたんだと。

いざ再会の場面になるが、子供(娘)は現れず。スタジオもそりゃそうだの空気。

続きを読む

tokunoshimaIMGL4350_TP_V

421: 本当にあった怖い名無し 2006/10/02(月) 01:20:25 ID:MvkORhHa0
書く前に、あらかじめ言っておく。怖い話というのは、大なり小なり、フィクションの部分が存在する。
それを踏まえて、この話を書く。

ある小さな南の島で、ボランティア活動を行っている日本人青年がいた。
彼がその地になじみ始めた頃、事件が起きる。
ある日、彼が何者かに両足首と両手首を切断され、発見される。幸い命に別状はなかった。
彼は、駆けつけたボランティア団体の役員にこうつぶやいた。
「おれは何も悪くない悪くない悪くない悪くない悪くない悪くない・・・●▲X”#$」
最後の言葉は、日本語ではなく、どこかの言葉らしい。役員がなだめ落ち着かせると、
彼はなぜこのようなことになったか、ゆっくりと語りだした。続く

続きを読む

940DSC_53450741_TP_V

664 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 03:02:11 ID:lPOBz49J0
オレは九州の山奥で、砂防ダムをつくってる。
泣きたくなるような職場なんだが、おふくろは半分寝たきりだし、兄貴はちょっと頭がアレで、
二人とも会社の寮にオレと住んでる。
辞めるに辞められない状況なんだわ。

一日十一時間働いて、休みは週一回。月給十万八千円。
寮費が四万五千円抜かれて、昼飯が九千円天引き。
あと、管理費とかいう良くわからんのが、二万円取られている。
手元に残るのは三万ちょっと。
気晴らしといったら、月に二度くらい街に出て、漫画喫茶に寄るくらい。
交通費の方が高いけど、どうしようもない。

続きを読む

BOBY2054C_23_TP_V

775 :本当にあった怖い名無し:2011/06/18(土) 08:30:27.05 ID:YRHnQlpi0
自衛隊での体験談。
ちょっと専門用語が多いので、分りにくいかもしれない。

高校卒業後、すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、
7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除ってのがあったんだ。
班長の説明では、この駐屯地は元々海軍航空隊の基地で、旧日本軍の遺物みたいなのが置いてあり、
駐屯地祭で一般開放されるから、それに控えた掃除をやるのが教育隊の恒例行事なんだとか。
軍オタの同期は凄い喜んでたが、俺は興味無いのでどうでもよかった。
むしろ、戦闘訓練や射撃訓練、行軍訓練やるよりラクでいいやー程度に思ってた。

続きを読む

lost-places-1928727_1920

401 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 13:53:51 ID:hGrRDnNZ0
仲居君と鶴瓶が司会のテレビで紹介されていた、ドイツの実話。


『娘の命をかけたSOS』

ある日突然娘が失踪。
家族や友人の元に、
『お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。とても幸せよ、心配しないで。』という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポーズされたばかりだ。
手紙のような理由で失踪する事は考えられないし、そんな非常識な行動をする性格ではない。
続きを読む

pirate-ship-3424849_1920

473: 本当にあった怖い名無し 2005/07/04(月) 22:31:18 ID:CNjoKhBE0
昔、ムーという雑誌で船の怪奇な遭難事件についての特集があって、
有名なマリー・セレスト号の話や、呪われた戦艦シャルンホルスト号の話とか、
何回も難破した末に親子が再会したマーメイド号の話とかが載っていたのですが、
こういう話は覚えていませんか?
続きを読む

PPW_huruiyuubinnuke_TP_V

208: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/30(土) 07:38
いつも楽しく読ませてもらってますので私の実体験を一つ。
ある日私の家(アパート・一人暮らし)の郵便受け(1階)に
「Y」という名前が汚く鉛筆で書かれていた。私の苗字はYではない。
不思議に思ったがいちいち私の部屋の3階から消しゴムもってきて
消すのも面倒なのでそのままにしておいた。
それから一年ほど経って、ある日家の郵便受けに宛名なしの封筒が投函されていた。
文面は
「あなたの行動に対し警察が動いています。そのことをよく理解してください」
なんじゃこりゃ?と思いながらもちょっと気味悪くなったがそのままにしておいた。
それから二ヶ月ほどたって学校から帰ってくつろいでいるとドアをノックする音。
友人が遊びにきたのかと思いドアを開けるとちょっとかっこいい男の人。
続きを読む
×