パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

手紙

BOBY2054C_23_TP_V

775 :本当にあった怖い名無し:2011/06/18(土) 08:30:27.05 ID:YRHnQlpi0
自衛隊での体験談。
ちょっと専門用語が多いので、分りにくいかもしれない。

高校卒業後、すぐに自衛隊に入隊した俺だったんだが、
7月の後期教育のある日、駐屯地にある小さい資料館の掃除ってのがあったんだ。
班長の説明では、この駐屯地は元々海軍航空隊の基地で、旧日本軍の遺物みたいなのが置いてあり、
駐屯地祭で一般開放されるから、それに控えた掃除をやるのが教育隊の恒例行事なんだとか。
軍オタの同期は凄い喜んでたが、俺は興味無いのでどうでもよかった。
むしろ、戦闘訓練や射撃訓練、行軍訓練やるよりラクでいいやー程度に思ってた。

続きを読む

lost-places-1928727_1920

401 :本当にあった怖い名無し:2006/02/22(水) 13:53:51 ID:hGrRDnNZ0
仲居君と鶴瓶が司会のテレビで紹介されていた、ドイツの実話。


『娘の命をかけたSOS』

ある日突然娘が失踪。
家族や友人の元に、
『お金持ちでやさしい人と一緒に暮らしている。とても幸せよ、心配しないで。』という内容の手紙が届く。
しかし彼女は高収入のキャリアウーマン。
最愛の恋人にプロポーズされたばかりだ。
手紙のような理由で失踪する事は考えられないし、そんな非常識な行動をする性格ではない。
続きを読む

pirate-ship-3424849_1920

473: 本当にあった怖い名無し 2005/07/04(月) 22:31:18 ID:CNjoKhBE0
昔、ムーという雑誌で船の怪奇な遭難事件についての特集があって、
有名なマリー・セレスト号の話や、呪われた戦艦シャルンホルスト号の話とか、
何回も難破した末に親子が再会したマーメイド号の話とかが載っていたのですが、
こういう話は覚えていませんか?
続きを読む

PPW_huruiyuubinnuke_TP_V

208: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/06/30(土) 07:38
いつも楽しく読ませてもらってますので私の実体験を一つ。
ある日私の家(アパート・一人暮らし)の郵便受け(1階)に
「Y」という名前が汚く鉛筆で書かれていた。私の苗字はYではない。
不思議に思ったがいちいち私の部屋の3階から消しゴムもってきて
消すのも面倒なのでそのままにしておいた。
それから一年ほど経って、ある日家の郵便受けに宛名なしの封筒が投函されていた。
文面は
「あなたの行動に対し警察が動いています。そのことをよく理解してください」
なんじゃこりゃ?と思いながらもちょっと気味悪くなったがそのままにしておいた。
それから二ヶ月ほどたって学校から帰ってくつろいでいるとドアをノックする音。
友人が遊びにきたのかと思いドアを開けるとちょっとかっこいい男の人。
続きを読む

ゴミ捨て場

238: 名無し 2001/07/01(日) 23:58
母は物が捨てられない人。加えて
使えそうな物を人からもらっちゃう人。

この間、家の近所のマンションの不燃ゴミの中にケースに入った花嫁人形があって、拾ってきちゃった!
綺麗な顔した人形なのに、何故か髪の毛がボサボサで顔が汚れている・・・。
お人形が可愛そうだからとか逝っている、最悪。
続きを読む

マンション

160: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 23:08:16.88 ID:4JJwRAnW0
先日関西の友人から聞いた話を投下します。ちょっと長いんですが。
なんとも後味の悪い話で、ここで吐き出しておきたいと思います。

友人の彼は最近やむなく引越しをしたんですが、それは前住んでいたマンションの住人トラブルが原因だったそうです。それが実に嫌な話で。

半年ぐらい前に、わりと大きめの賃貸マンションに越してきたんですね、その彼は。
そこの異変に気付いたのは、クレカの決済がきっかけだったそうです。
ある日買い物でカード決済しようとしたら有効期限が切れてました。
そういえば、引越ししてからカード会社に新しい住所を連絡してたので、もう更新されたカードが届いててもいい頃なのにな、書留を受け取りそびれたのかな、と思ったそうです。
続きを読む

団地

916: 本当にあった怖い名無し 2019/08/19(月) 23:19:51.44 ID:zsY1uh+90
地元の友人から聞いた話

友人の実家はあまり裕福ではなく、子供の頃はボロい公営団地に住んでいた。
その友人宅には子供の頃何度も遊びに行ってたけど、まあ家賃相応の汚さ。
3階建ての建物は満遍なく蜘蛛の巣が張ってあるし日の光は全然入らないし階段の電灯はいつ行ってもチカチカしてるし、
帰りが遅くなった時なんかは3階にある友人の部屋から一人で帰るのが結構怖かった。
続きを読む

死後の世界

64: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 21:37:24.43 ID:tt4dDDfr0
結構前の出来事なんだけど、不思議だな~と思ったから投下します。
私、ジジっ子。お風呂に入るのも、寝るのも、朝早く起きて爺と畑や田んぼの見回りにくっついていくのも日課だった。
でも、まだ幼いころは夜中に母恋しくなって、爺の建物から母屋に送ってもらうこともしばしばだった。
続きを読む

アメリカ

133: 本当にあった怖い名無し 2007/02/14(水) 08:29:50 ID:V6OqLp2C0
うちの父がまだ若かった頃の話だけど、ある老夫婦をアメリカの田舎の空港まで 
連れて行った事があるそうだ 

その老夫婦は父の知り合いで、年取ってから授かった一人息子さんを決して 
余裕のある暮らしじゃない中で、いい大学まで出してやって、その後息子さんは 
卒業旅行に行ったままアメリカに住み着いてしまって、それでも時折手紙が来て 
続きを読む

不気味

724: 本当にあった怖い名無し 2009/09/10(木) 23:12:48 ID:kJzFrzF40
ユウキ(自分) ケイタ(男) アズ(女) 
3人とも幼稚園からの幼馴染で、親同士の付き合いがあったのでかなり中がよかった。 

そして僕達3人は小学校卒業前にとタイムカプセルを埋めた。 
「20歳になって成人式おわったら掘り起こそう」 
そう決めて、3つ箱を用意し、それぞれ自分に当てた手紙と大事なものをいれて遊び場だった広場の木の下に埋めた。 
続きを読む
×