パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

戦時中

森林

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/04 15:08
読んでて思い出した・・・ 
中学のとき自分の村の年寄りが、 
戦時中の話を体育館で講演した。 

その人はアジアの国の密林みたいなところで小隊で進んでいて、 
続きを読む

病院

763: 名無し募集中。。。:2008/08/04(月) 21:44:17.07 ID:0
先日父親が知り合いを近所の病院へ車で送った時の話を。 
その病院は市の中心部から少し離れたところにあり、ちょっとばかり丘の上にある戦時中からある大きな病院。

入り口まで着き、知り合いを見送り帰ろうと思った時に、助手席ガラスのすぐ向こう側に
着物を着たおかっぱ姿の子供がこちらを見ている事に気がついたそうな。
その時父親は、病院に来てる人の子供だろうと思い車を出した。
少しばかり走った時、ふと助手席側のガラスを見ると、
同じ位置にまだそのおかっぱ頭の子供がこちら側を見ていたらしい。
続きを読む

怖い

866: 本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 21:20:41.52 ID:ik/9Mn9q0
898 名前:それも名無しだ[sage] 投稿日:2012/03/12(月) 21:18:40.58 ID:4yhtlLB5 
【脳内共同ガールフレンド】史実か都市伝説かは知らん 
大戦中にドイツの捕虜収容所に送られたフランス人兵士達が始めたゲーム 
自分達のグループに加えてもう一人「13歳の少女」がいて部屋の指定席に座っていると仮定するもの 
続きを読む

森林

661: 本当にあった怖い名無し 2010/12/01(水) 13:27:53 ID:4KtWMH1Q0
戦争中の話。 
義勇兵であるAは食糧の輸送で、ジャングルの奥にある味方陣地に向かって行軍していた。 
途中、敵の空襲に遭った。食糧は殆ど喪失し、部隊もAを含む5人を除き、死傷していた。 
隊長は爆弾で片足を失っていた。「A、五体満足で満足で生き残っている者は何人いる?」 
「5人だけであります、隊長。」 
「そうか。では、貴様は動けなくなった者に止めを刺してやるのだ。そして、友軍に残った食糧を届けるのだ」 
続きを読む

不気味

995: 本当にあった怖い名無し 2010/08/08(日) 01:06:13 ID:Z3qAcQ6+0
父が子供の頃に体験した話を聞いたのですが、埋めがてら。。。 

当時6歳くらいだったのに、頭にこびりついて離れない記憶だそうです。 

戦時中の話で、ある日の夜、市街地の大空襲の夜に見た光景が忘れられない、と。 
街の中心部から、山を挟んだ反対側の場所に住んでいた父の一家。 
山越しに、市街を焼く空襲の大火が夜空を真っ赤に染め上げた様子を、 
自宅傍の畑に作っていた防空壕の入り口から見ていたそうです。 
続きを読む

中国

10/07/28
祖父が戦争中に中国で経験したという話 

日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父のいた中隊は中国の山間の道を南下していた。 
ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事になった。 
(多くの兵は野宿だったので屋根があるだけ、上等だったらしい) 
真夜中に馬が騒ぎ出し、灯りをつけてみると天井から身体は猿、顔は老婆の生き物がぶら下がっていた。 
銃を撃ったが、まるで当たらない。 
続きを読む

【怖い話】昭和の少年

918
本当にあった怖い名無し2006/09/19(火)02:25:01ID:RItjDy57O
これは僕の姉が今の旦那と同棲中に体験した話です。

姉は何年か前に京都の市内にある、マンションに旦那さんと住んで居ました。
当時旦那さんは朝早い仕事をしており、毎朝5時には家を出ていました。
続きを読む

野人

17/09/06
死んだじいちゃんが満州に徴兵されてた時に、あまりにも労働がきつく、食事も貧しかったために同じ班の仲間10人程と脱走した。

しかし逃げるにしても周りは寒冷植物が生い茂る原生林の原野だったので途方にくれてしまったらしい。

地図で見ると山を越えると鉄道があるらしく距離にして30キロ程歩く必要があったのだが、食事もほとんど支給されてないような状態だったので、体力がなく15キロ程山の中を歩いたあたりで動けなくなってしまった。

仲間と簡単な小屋を作り寒さをしのいでいたが、このままでは遅かれ早かれ餓死か凍死。

しかし動く気力もなく仲間同士くっついて寒さに耐えていたら、小屋の入り口を塞いでいた針葉樹の葉をどかす者がいた。
続きを読む

怖い
15/05/11
戦時中に、負傷した男が病院に運ばれたらしい。

といっても軽傷で、ほとんど日常生活に支障はない程だったみたいだけど、大事をとって一時入院することになった。

そこで二人部屋に入ることになった。

その部屋には前からずっと入院している男がいて、そいつは事情は知らないが両手両足がなかった。

ベッドに寝たきりの状態で口数も少ない男らしく、しかし数日間一緒の部屋だったから少しずつ打ち解けていった。

それから数日たって、深夜にぼんやりと目が覚めて隣を見ると、動きそうにもなかった男の姿が見えなかった。
続きを読む

ホタル
06/04/27
ウチの親父が友達(AとB)三人で体験した話。(山口県宇部市~小野湖での話)

夏前のまだ梅雨上がりの時期に、友達の家でご飯を食べていてBが親父に

「そういえばホタルの季節ですね、俺見たことないんですよ」

親父とAは

「嘘やろ(笑)小野湖行こうや、いっぱいおるよ」

と話すとAとBも盛り上がりだし、行くことに。
続きを読む