パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

戦争

森

185: ななしのいるせいかつ 2007/10/08(月) 11:07:52
私が東南アジアのとある国に、仕事で行っていた時の事、付近の村の現地住民から、 
「夜中になると、森の中から変な声が聞こえてくるんだ。それが、日本語みたいな気がする」という話を聞いた。
何て声が聞こえるのか聞いたら、「オカアサン」「イタイ」「トツゲキ」「バンザイ」と聞こえ、男の人の泣き叫ぶ声も響き渡り、怖くてトイレにも行けないという。 
実際に確認しに行ってみたら「オカアサーン」って聞こえ驚いた。 
続きを読む

洞窟

723:本当にあった怖い名無し:2008/08/05(火) 19:48:16 ID:Wr0euA4uO
あんま怖くないかも、すまん 

約3年前、高校2年の時に修学旅行で沖縄に行った。 
行く前に母から沖縄では洞窟(ガマでしたっけ)にだけは
行くなって口が酸っぱくなるほど言われた。 
(戦時中に皆そこに逃げて、亡くなった人も沢山いたから霊の溜まり場なってるらしい。私はそういうものを引き寄せやすい体質らしいから絶対にガマには行くなと言われた) 
だからクラスでガマに行くときには参加せずにバスの中で待ってた。 
続きを読む

火炎

870 :本当にあった怖い名無し:2005/08/28(日) 01:47:33 ID:Bal4+gEd0
ちょっと前にやってたドキュメント番組から 

戦争の悲しさと恐ろしさを現代の若者が学ぶと言った番組。 
少年時代を戦時中に過ごした老人の所に大学生3人が話を聞きに行ったところ 

当時老人はまだ10歳くらい、空襲で家を焼かれ、 
老人とその母と兄弟達は河原に命からがら逃げ延びていた。 
続きを読む

狂気

360 :本当にあった怖い名無し:04/09/26 00:52:16 ID:1hvXpdkz
その昔イギリス人の友達に聞いたロシア人の捕虜のいたぶり方が最高に後味悪い。 

まず2人の関係のある捕虜、例えば父と娘、母と息子、恋人親友同士などを用意。 
そして真中をカーテンで仕切った部屋の両パートへ一人づつ配置。この時点で相手が誰だか見えてない。 
部屋に閉じ込めたらカーテンを挟んで互いに撃ち合わす!生き延びたら釈放と言う嘘の約束とともに。 
続きを読む

戦争

45: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/21 19:05
内は古くから二段ベッド使ってて、弟と二人で寝てる。俺は上。 

ある日、今日は寝ないでみようと本を読んでいる時、弟が突然、 
「ペンタゴン!!!!!!正義!!!!!!ペンタゴン!!!!!!正義!!!!!」 
と叫びだした。親は熟睡していて気づかないし、弟の顔みるとかなり真剣だったので凄く怖かった。 
続きを読む

イタリア

12: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/04/21 14:16
【イタリアでのきまずい話】1/4 
うちの姉貴がイタリア旅行していた時のこと。 
ある日系米人の女の子と知り合いになった。 
彼女(仮にアン)はカタコトのイタリア語しか話せないで不自由しているというのと 
日本の文化に興味があったというので 
よかったら同行させてくれということになった。 
そこで二人でイタリア各地をまわったらしい。 
アンはオペラが大好きで、よく蝶々夫人の話をしては 
「美しいけれども悲しい話!もし私がその場にいたら慰めてあげるのに!」 
(蝶々夫人は最後まで信じていた夫に裏切られて自害する) 
と目に涙をうかべるような、純情な女の子だったそうだ。 
また「私の曽祖父たちは戦時中、国によって強制収容所にいれられたの。 
でもそれは終わった話。私たちはアメリカを愛している。」などと 
語り継がれた日系人の歴史を話してくれたりしたそうだ。 
続きを読む

戦争

882: 本当にあった怖い名無し 2013/02/15(金) 15:22:39.13 ID:Z9srbO5h0
日本の昭和時代を追った本に載っていた体験談。 
WW2の都市空襲の話。場所は忘れた。東京だったかな。 

空襲後、焼け野原となった町を人が行き交う。 
皆疲れ切った様子だ。そんな中、私は向こうから歩いてきた女性に声をかけられた。 
「すみません、背中の子供の様子を見てもらえますか?さっきから静かで心配で…」 
背中を見た。子供が可愛い顔で眠っている。 
大丈夫ですよ、と答えようとしたとき、私はあることに気づいてしまった。 
続きを読む

戦争

69: 本当にあった怖い名無し:2011/04/12(火) 01:42:24.68 ID:LpM4eGm9O
じいちゃんが戦争時代体験した話を語ってくれた。今回の震災で思い出したらしい。 

都会だったため、毎日のように空襲があった。 
じいちゃんちはお稲荷さんがあるけど普通の家で商家ではない。
毎日神棚にお参りしてから仕事にいってたらしい 

そんなとき、大空襲があった。 
それこそ教科書にのるほどの。 
じいちゃんはそのとき、路面電車の運転手をしてて、
近くの車庫に入れてから、一目散に家に逃げ帰った。 
続きを読む

焼け野原

58: 本当にあった怖い名無し:2011/09/27(火) 16:17:35.68 ID:MfvzxrdbO
たった今起きたこと。携帯からなので改行変だったらごめんなさい。 

よく来るパスタ屋の窓側の席で遅いランチをしてた。 
窓から入る風と日差しが気持ちよくて、 
外をぼーっと眺めながら食後のコーヒーを飲んでた。 

飲み放題なのでコーヒーのおかわりを取りに店内奥に行って、 
戻ってきたら窓の外が焼け野原になっていた。 
店の前は片道2車線の大きな道路で交通量も激しい坂道なんだけど 
青空以外は全部セピア色みたいで音もしない、焼け野原だった。 
続きを読む

海

33:本当にあった怖い名無し:2012/01/07(土) 14:45:34.98 ID:5oDxi8UB0
祖父から聞いた話。 

戦争末期の頃。農家の長男だった祖父も徴兵されて、輸送船で戦地に送られていた。 
N丸と言って、7000人収容していたそうだ。 

さて、祖父は船底で、多くの戦友とともに寝ていた。 
すると夢で、祖父の父親(つまり自分の曽祖父)にこっぴどく叱られる夢を見て 
目が覚めてしまった。ちょうどそのとき、甲板の見張りをしていた船員が 
交代すべく、船底に降りてきたところだった。 
続きを読む