パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

感謝

防空壕

57: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/27(火) 01:06:12.44 ID:zku/SdbO0.net
いまから30年位前かな?小学1年生位の時の話です。 
当時、家の入り口付近に昔じいちゃん達が作った防空壕があったらしく、戦後使わなくなったので壊してそこに石を何個もつんでありました。 
僕が学校から帰ってきたら、その石がつんである所にボロボロの軍服姿の疲れきった感じの兵隊さんがライフル?を左に置いて下を向いて座っていたのでどうしたのかなと思ったので、お母さんに兵隊さんが座ってるよと呼びにいったのですが戻るともういなくなっていました。 
(そこで亡くなったりした人はいないです) 

後から聞いた話ですが、当時浮浪者か兵隊さんが来た時があったらしく、その時おばあちゃんがおむすびを作ってあげたとかききました。 
続きを読む

火事、炎

606: 本当にあった怖い名無し 2009/12/01(火) 11:18:11 ID:6/wvMgu1O
中3の11月ごろに火事で亡くなっちゃった友達がいるんだけど 
火事のあとその子がその時のクラスメイト一人一人に向けて 
一言ずつお別れのメッセージをつづったノートが見つかったのが不思議だったなぁ。 
みんなに「今までありがとう!」的なことが書かれてて、「自分が死ぬことわかってたのか?」って思っちゃうようなメッセージだったな。 
続きを読む

自殺

519: 本当にあった怖い名無し 2009/11/29(日) 00:18:57 ID:Sm6D5G/e0
数年前に、東京の某グランドホテルで客室係のバイトをしたときの話です。 

ある日の早朝4時くらいに、姿見(全身を映す鏡)を持ってきてくださいとの電話が入りました。 
こんな時間になんでだろうと思いつつ、倉庫から鏡を出し、その部屋に運びました。 
部屋では、その日ホテルで結婚式を挙げるお嫁さんとお母さんがお待ちでした。 
とても感じのいいお二人でした。 

ちょっと衣装のチェックをしたかったからと聞き、合点がいきました。 
お嫁さんはとても幸せそうで、それがひしひしと伝わってきました。 
お嫁さんとお母さんのお二人だけのようでした。 
姿見を部屋の壁際まで運び、少々のチップをいただいて部屋を出ました。 
続きを読む

臨死体験
17/01/25
急性大動脈乖離(かいり)の心タンポナーデで臨死体験っぽいものをした。

12月24日のこと。もう、ダメっぽい、と言われて嫁が泣いているころ、定番どおりおれは上から自分を見下ろしていた。よくある3mぐらいの高さ。

ウソっぽいと思っていたが、自分が体験してみるとホントだった。寝ている自分と平行になっていたな。

見下ろす自分の顔あたりははっきりしていたが、胸から下は綿あめみたいなものでボ~ッとぼやけていた。
続きを読む

トトロ
10/07/29
去年東北の方にキャンプに行った時の話です。

山の奥地にあり、自然たっぷりのキャンプ場で首都圏から遠いせいか混んでいる事がなくていつも利用しています。

日が暮れて晩飯が終わり、早起きだったためテントで少しうとうとしてた所、外から聞こえる3歳になる娘の笑い声で目が覚めたんです。

女房と遊んでいると思ってテントから外を覗いてみてビックリ!娘の横に、キツネが立っていたんです。

立派な体格で、綺麗な毛並みをしていましたが、噛み付かれでもしたら大変だと飛び起きて出て行ったら、キツネはそそくさと逃げていきました。
続きを読む

父
11/08/30
父が亡くなったときの話。

父はある日突然倒れ、二日後亡くなった。脳出血だった。母は私が小さいころ亡くなったため、私は一人になってしまった。

不思議なことが起こったのはその直後だ。

父は寿司屋を営んでいたのだが、父が亡くなったその日、死亡時刻とほぼ同じ夕方、常連さんの家に出前をしてまわる父の姿が目撃されていたという。

父は自ら寿司オケを持って近所の常連三軒をたずねたという。出前はもっぱら若手に任せていたので、店主の父自ら出前をするなんて珍しく、みんな驚いたらしい。
続きを読む

母親
13/11/27
数年前、母親が急な病気で亡くなった。

当時の俺は学校にもろくに行かず、毎日フラフラしていた。母親は毎日、頭痛や睡眠障害などに苦しんでいることを、亡くなってから知って、俺は罪悪感を感じていた。

49日も過ぎた頃、夢を見た。俺aが母親にめちゃくちゃなわがままを言って母親を困らせているのを、第三者の視点で俺bが見ている夢だった。(意識は俺bにあり俺aは他人のような感覚)

俺aが母親の前から去ってから俺bが謝ろうと母親のそばに行くと、それまでうつむいていた母親が鬼の様な形相で
続きを読む

お稲荷さま
14/12/25
私の家は東北の田舎町でして、一家にひとつお稲荷(いなり)様のお社(やしろ)を設置している家がたくさんあります。我が家にも、小さなお社があります。

私自身は今年の夏まで仙台市で一人暮らしをしていたのですが、祖父母の認知症がひどくなり、母の暮らす祖父母家(現在の住まい)に越してきました。

その時、お社がひどく汚れていたことが気になり、きれいに洗って参道をととのえました。

対になっているお供の狐さんのうち一匹が、事もあろうに首と尻尾が割れて紛失しており、素人ながら粘土で作って修復しました。
続きを読む

伏見稲荷大社
14/07/03
ここで話してもいいのかな。去年の話なんだけど。

うちのじいさん(じいさんは婿養子(むこようし)で実家を出てる)の実家の山に伏見(ふしみ)から借りてるお稲荷(いなり)さんの祠(ほこら)があって、でもじいさんの家の人たちはみんな神様とか信じない人たちだから、祠にお供えどころか祠までの道が荒れ放題っていう状況だった。

自分のばあさんが異常に信心深いのと、母さんが信心深くはないけど、霊感みたいなものが強いおかげで、自分はお稲荷さんの存在を知ってたし、じいさんの家の墓参りついでにいつも参ってたんだ。

母が言うに、お稲荷さんは長いことずっと「伏見に帰りたい」って言っていたらしい。
続きを読む

イノシシ
12/03/24
俺が高校生のときの話を投下する。

高校生のとき教室で怖い話で盛り上がり、心霊スポットのさびれた神社にいくことになった。当然メンバーに女子はおらず、男三人で行くことになったけどな。

夕方で、男三人いるということもあり、全然怖くない。

「やっぱり幽霊なんていないんじゃねえか」

「ちっともこわくねぇ」

とか言いながら、歩いていた。

すると、木の陰から何かいるのか、パキパキと枝を折るような音が聞こえてきた。動物だと思った俺たちはそっちに近づいた。
続きを読む