パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

悲惨

火葬

672: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 04/02/09 21:45
厨房の時の担任から聞いたんだが
座棺に収められた父親が火葬にされる間見ていたら、うなだれていた首が上を向いたとか

怖い話とかじゃなくて、普通の会話の中でそんな話が出て聞かされたこっちはびびったが、
ご当人は筋肉が炎の熱で収斂するんだって言ってた
続きを読む

パチンコ

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/11/01 01:17
オカ板でこんなのを見つけました。


241 コテとトリップ New! 03/10/31 20:39 ID:jc5GEyS4
昨晩、電車内で隣に座った母親と娘(中3くらいかな)の会話。

母親:ナンバーズがあと1番違ったら当たってたんだけどねぇ。
    あと3500円しかないよ。明日の競艇負けちゃったら○○ちゃん(娘)にお小遣いあげられないね。
続きを読む

田んぼ

251: 本当にあった怖い名無し:2008/09/21(日) 02:35:36 ID:gzt2z2Ip0
幽霊とかそういうのでてこないんでスレチな気もするけど、田舎に帰ったときの話。

大学卒業後、俺は田舎から大阪に出た。
休みには帰省しようと思いながらも、あまりの忙しさになかなか時間が取れない。
親は「無理しないでいい」と言うので、お言葉に甘えて結局1度も帰省しなかった。

年は経ち、さすがに仕事にも馴れて余裕ができたので、5年ぶりに実家に帰ることにした。
帰る旨を伝えると、なぜかカーチャン頑なに拒否。
おいおい、実の息子にそんなに会いたくないのかよ…
と思いつつ、俺も実家が恋しいわけで、しつこく食い下がる。
続きを読む

病院

63:コピペ:2008/12/21(日) 08:29:10 ID:no8bsVWt0
201 :本当にあった怖い名無し[]:2008/05/14(水) 22:26:38 ID:0CAI4x1kO 
二か月前にまで病院に勤めてました。 
病院って、やっぱり食事の制限とかかなり厳しいんですよね。
特に糖尿病の人とかは家族からの差し入れや売店での買い物も駄目なんですけど、
やっぱり人間だからお腹は減るんですよね。 
でもご飯は味が薄いし少ないしで、とてもじゃないけどお腹は膨れません。 
糖尿病と痴呆で入院してた今井さんてお爺さんも、そんなひとりでした。 
続きを読む

暴力

283: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/08(木) 02:11:37.44 ID:2heeL5cB
そういえばここ数年全然高校の同窓会のお知らせとか来ないなあと思っていたら、 
ずっと幹事やってた同級生(男)が亡くなっていた。 

しかも普通の死に方ではなく、超ブラックな会社の同僚にパシリにされ 
なぶり殺し寸前までフルボッコにされたあげくに 
深夜に生きたまま沼に突き落とされて溺死という悲惨な死に方。 
続きを読む

幽霊

102: 名無しさん@おーぷん 2015/02/06(金)19:22:50 ID:Z6x
うちの母方の叔母はニートの長男を飼っていた。
35年飼育したうち20年は学校も行かず働かず、自分の部屋でゲームしてA●見て
PC買ってもらってからはネットしてネトゲして、なんかいろいろ課金して生きてた。
叔母はそんな長男を口では愚痴るものの、いっさい叱らなかった。
続きを読む

恐怖

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/03/22(月) 00:13:33.86 ID:XD9FtNcW0
[やりきれない] 
今から10年前、日本中が大不況に苦しめられていた頃の話。 
ある会社がリストラを行うことになった。上司から遠まわしに 
早期退職に応募することを促された中年の男性社員は、絶望して 
発作的に3階の窓から飛び降りた。だが彼は死ななかった。 
続きを読む

胎児

143: 本当にあった怖い名無し 2012/06/09(土) 01:40:55.55 ID:d8ROROLti
昔見たドキュメンタリー。 
よく、お涙頂戴系のドラマや小説で 
「女性が癌宣告をされるが、同時に妊娠発覚」 
「この時点で子供を諦めて、治療に専念すれば助かるが、女性は子供を選択」 
ってな話しの現実の後日談みたいなの。 
癌患者の女性が、妊娠を継続する為には、特別な体制が必要。 
しかも、かなりの部分が保険対象外。ぶっちゃけ、通常の治療よりも金がかかる。 
(家族は患者の事を慮って、金の事は口にしないが、大抵は莫大な借金をするハメに) 
無事に子供が生まれても、治療が制限?%B 
続きを読む

人間が怖い

972: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/07/10(日) 04:08:17.41 ID:pzVy7xe20
鑑定団に出てた一般人男性(40歳ぐらい) 
20代の頃からアイドルや芸能人の追っかけ&出待ちしてサイン集めを生きがいにして 
今まで自分の足を使って集めたサイン色紙を全て鑑定依頼した。 
工場勤務、休日は誰々が地方興行に行っているという情報を集めては自らも遠征して 
楽屋出口に何時間も出待ちする。一人暮らしのアパートの室内は芸能人の写真や鉄道時刻表だらけ。 
「生活の全てを賭けて集めていました」と誇らしげに語る。 
ほとんど人生を賭けたと言ってもいい品々の鑑定結果の予想は「数百万は行くと思います。」 
続きを読む

骨
15/06/19
いくつの頃か記憶があいまいだけど、多分、幼稚園児の頃だったと思う。

父が友人に大型トラックを借りて、返しに行って電車で帰るのに、駅まで舗装されてないひと気もない道を父と歩いてた。

父が放置されてボロボロのトラックの横を通るとイキナリ地面に這いつくばるようにしてトラックの下を覗き込んで

「死んでるわ」

と言い、つられて私も覗き込んだら白骨死体があった。もう完全に白骨化していて、着ていたであろう服も風化していた。
続きを読む
×